GTranslate WordPress の設定と使い方

GTrancelate-icon

GTranslate WordPress の特徴

  • 無料で利用できる Wordpresの翻訳プラグイン
  • インストールするだけでウェブサイトを多国語化できる

開発元

  • 開発元: GTranslate Inc
  • 開発元の拠点:アルメニア

プラグインページ

Fences
Start11
PassFab 4Winkey banner
ToDo Buckup
Revo Uninstaller banner1
Repairit banner
Fences
Start11
PassFab 4Winkey banner
ToDo Buckup
Revo Uninstaller banner1
Repairit banner

システム要件

  • バージョン:3.0.6
  • WordPress:バージョン 2.8.1 以降
  • テストされた最新バージョン:WordPress 6.5.2

プラン比較

無料版 有料版
翻訳エンジン Googleの統計的機械翻訳 Googleのニューラル翻訳
サブドメイン/ サブディレクトリ

無料版では表示されたページを翻訳するが、有料版は翻訳したページを GTranslateのサーバにホストして配信されるため、各国の検索結果に表示される可能性が高くなる。

インストールと設定

GTranslate WordPres は WordPressの管理画面にある プラグイン から 新規追加GTranslate を検索し、Translate WordPress with GTranslate をインストールする。

GTrancelate-002

インストールしたプラグインを有効 にして、管理ページの左サイドバーにある 設定 から GTrancerate を選択。

GTrancelate-003

ウィジェット表示 で言語選択ウィジェットのスタイルを選択。

選択したスタイルは 右上の ウィジェットプレビュー で確認できる。

GTranslate-3.0.2-011

ウィジェットのカラーは 色の設定 で編集。

GTranslate-3.0.2-013

ウィジェットの表示位置や動作を設定。

  • Native language names
    言語選択ウィジェットが 各国の文字で表示される。
  • ブラウザの言語へ自動的に切り替える
    有効にするとブラウザで設定されてる優先言語に自動翻訳される。
  • Enable CDN
    有効にすると CDN が有効になり トラフィックの負荷が低減される。
  • メニューに表示
    ヘッダー・フッター などのメニューに ウィジェットを表示。
  • フローティング言語セレクタの表示
    言語選択ウィジェットを追従型にする。
  • Wrapper selector CSS
    言語セレクターをCSS でカスタマイズする際に使用。
  • Open direction
    言語セレクターの開く方向の設定する項目だが 変更しても動作は変わらない。 
  • 旗の大きさ・スタイル
    国旗付きのウィジェット選択した場合は 国旗のスタイルを指定。

ブラウザ言語への切替は接続元の位置や Windowsのシステム言語に関係なく、ブラウザの優先言語に基づいて翻訳される。

GTrancelate-005

国旗と言語 で言語選択ウィジェットに表示する言語を選択。

GTranslate-3.0.2-014

CSS の知識があれば ウィジェット のスタイルをカスタマイズできる。

GTrancelate-007

すべての設定が完了したら「変更を保存」で反映。

ウィジェットコード でスタイルを編集している場合、設定を変更するとコードがリセットされるので 再編集が必要。

購入方法

有料の GTranlateには CustomStartupBusinessEnterprise のプランがあり、多国語をサポートしているのは Startup 以上で、他国語ドメインで SEOを意識する場合は BusinessEnterprise を選択。

15日間は無料で試用できる。

GTrancelate-009

有料プラン購入ページから試用するプランの「TRY NOW」を選択。

GTrancelate-010

アカウントの登録が必要なため、氏名・メールアドレス・翻訳するサイトのドメイン・サイトのオリジナル言語を入力して「CONTINUE」。

GTrancelate-011

決済画面になるので 0 USDPayPalかクレジットカード で決済。

GTrancelate-012

決済が完了すると管理画面にログインするためのユーザー名とパスワードが送信されるので、メールを確認。

GTrancelate-013

User Dashbord のリンクからダッシュボードにログイン。

GTrancelate-014

ダッシュボードは多国語をサポートしているので言語リストから 日本語 を選択。

GTrancelate-017

左サイドバーから セットアップウィザード を選択し、プラットフォームや URLの構造などを設定。

URLの構造には サブドメインサブディレクトリがあり、いずれも翻訳されたページが GTranlate のサーバから配信されるため、サイトに言語選択ウィジェットを配置しなくても翻訳されたページが表示される。
サブディレクトリは翻訳するページが現在のドメインで登録されるため、Googleアナリティクスなどでは他国語ページもサイトの一部として評価され、サブドメインは別サイトとして評価される。

サブドメインの設定

サブドメインを使用する場合は WordPressをインストールしているサーバで、使用するサブドメインを DNSレコードに追加する。

GTrancelate-018

言語別のサブドメインは ダッシュボード の左サイドバー から DNS をチェック で確認できる。

GTrancelate-019

お名前CNAME を確認。

GTrancelate-020

サーバの DNSレコード設定DNSレコード を登録する。

  • ホスト名 : お名前 のドメイン
  • 種別:CNAME
  • 内容:CNAME に表示されているアドレス

GTrancelate-021

翻訳する言語のサブドメインをすべて追加。

GTrancelate-022

CNAMEレコード が正しく追加されると DNS をチェック状態有効に変わり、お名前 のリンクをクリックすると翻訳されたページを確認できる。

サブスクリプションの停止

トライアルに申し込むと選択したプランのサブスクリプションが有効になり、15日の試用期間終了後は自動的に請求が発生する。

GTrancelate-016

トライアルを終了する場合は ダッシュボード の左サイドバーから 請求について を選択し、オーダーアクション から 停止 マークをクリックして サブスクリプションをキャンセルする。

AdSenseで収益化している場合、アクセスや収益が安定してくるのはサブドメインを公開してから 3 ヶ月ほどしてからなので、試用期間内で結果を判断するのは難しい。

関連記事
AICP-icon

Ad Invalid Click Protector の使い方

Googleアドセンスのクリックを繰り返す悪質な行為「アドセンス狩り」の 対策として人気の WordPress用 プラグイン AICP を利用するための動作条件などを紹介

Microsoft Clarity icon

Microsoft Clarity for WordPress の導入と設定

見やすい UIでスクロールの奥行きやデッドクリックなどを確認でき、サイトのユーザーエクスペリエンスの分析に最適な、ウェブサイトのユーザー インタラクションを把握できる無料の行動分析ツール

Ad-Inserter-Pro-icon

Ad Inserter の設定と使い方

Index Ad Inserter の特徴開発元ダウンロードプランの比較システム要件インストール初期設定広告ブロック検知広告ブロックの設定 Ad Inserter の特徴 無料で利用できる WordP…

Ad-Inserter-Pro-icon

Ad Inserter Pro のインストールと設定

Index Ad Inserter Pro の特徴開発元ダウンロードシステム要件購入方法インストール初期設定広告ブロック検出時の広告置換広告ブロック検出時のコンテンツ保護(非表示)クリック詐欺防止広告…