ヌメ革のエイジングと手入れ

原皮をタンニン鞣しで仕上げ、ほとんど加工していない、ナチュラルレザーとも呼ばれるヌメ革。そのデリケートさを含め、エイジングを楽しめる素材として人気だったりする。

nume001

新品のヌメ革は色白の別嬪さんで非常に繊細。

皮膚には皮脂膜という皮脂と水分で構成された自然の防護膜があり、この膜が外界からの刺激から皮膚を守っているのだが、新品のヌメ革には皮脂膜がない感じ。
製品によっては皮脂膜の代わりにパラフィン加工(蝋引き)をしていたりするが、加工されているからと言って万全な防水・防汚効果が得られるものではない。





使用前の日光浴

nume002

ヌメ革の鞣し剤として使用されるタンニンは、紫外線によって色が濃くなる性質があるので、製品に日光浴をさせることでベージュから茶褐色へと変色し、同時に革そのものに含まれている油分が表面ににじみ出てくる。

日光浴はヌメ革本来の防水・防汚効果を引き出すだけでなく、きれいなエイジングを行うためにも必須。
手間暇はかかるが、それもヌメ革の楽しみの一つだったりする。

日光浴の期間は日照時間や日差しにもよるが、およそ1ヶ月程度が目安。
当然ながら日光浴は均一にしないと水着の後と同じで、影になっていた部分だけが白く残ることになるのため、付属のパーツも含め焼き残しがないよう、日光が当たる面を変えながら全体的に万遍なく焼かないと残念な感じになってしまう。

care003

日光浴で良い色に焼けたら、濡れタオルで軽く水分を含ませる感じで手早く全体を拭き、完全に乾くまで半日ほど陰干し。

乾燥したら最後の仕上げにデリケートクリームを全体的に薄く伸ばして馴染ませ、後は表面を磨く感じで乾拭き。

水拭きもデリケートクリームを馴染ませる際も、ヌメ革が水もクリームも吸収し、シミができたようになるが、一箇所に大量の水やクリームを付けない限り、乾燥すれば自然に消えるので気にしなくてOK。

これでヌメ革に自然な光沢が出るだけでなく、皮脂膜と同じように製品自体に水や汚れに対する抵抗力が向上する。

ヌメ革の個性

nume003ヌメ革は日光浴をすることで、皮にある血管の跡(上図)や生前の傷、関節部のシワなどが目立つようになり、また、タンニンの発色も均一ではないため多少の濃淡(色ムラ)がでる。

日焼けする前のヌメ革と日焼け後のヌメ側を比較すると、良く言えば日焼けすることで革の個性が現れるわけだが、悪く言えば使用前なのに色ムラなどがあり、日焼け前の均一感はなくなる。
だからと言って日光浴をせずに使用しても、ヌメ革は確実に変色するので、茶褐色へと変色した部分と日焼けしていない部分が生じ、見た目に美しくなかったりする。

まだら模様や色ムラなどが気になる人は、ヌメ革製品は避けたほうが無難かも。
nume004ヌメ革はエイジングを楽しめる製品だが、経年変化と劣化は紙一重。
ヌメ革に限らず革製品は、メンテナンスをしないと確実に劣化していく。
ヌメ革の場合、小さな傷などは変色する過程で目立たなくなっていくが、雨など水滴の跡がシミになると消すことはほぼ不可能。
革の油分に注意して定期的にデリケートクリームなどでオイル入れをしていないと、防水・防汚効果が低下して、わずかな水滴でもシミになったりする。

ヌメ革の手入れ

革の表面がざらついてきたらオイル不足のサイン。
そのまま使い続けると表面がひび割れを起こす可能性もあるので要注意。

ヌメ革製品の手入れといっても通常のスムースレザーと同じで、注意が必要なのは使用するクリームがヌメ革に対応していること。

使用するのは主にブラシとデリケートクリームで、レザーソープは時々使う程度。

はじめに全体をブラッシングして表面をきれいにする。
革の表面に付着しているホコリを払うようにするのがポイント。

エイジングには手垢も一役買っていたりするが、見るからに手垢で赤黒くツヤっているのもちょっと微妙。
鞄も持ち手や財布、名刺ケース、パスケースなど、触る機会が多いものは手垢も付きやすく、使っていると次第に薄黒くなっていくので、気になるようならヌメ革に使用できる界面活性剤を主成分にしたクリーナーなどを使用するのもあり。

クリーナーはムース状のものが多く、ヌメ革が新しいうちはクリーナーを付けたところがシミのようになるが、乾燥すると消えるので気にしなくてOK。
ただ、クロスにとったムースを直接つけると、その部分だけが厚塗りになりシミの原因になりかねないので、クロスにムースをしっかり馴染ませてから拭いていく。

クリーナを使用しない場合も、クロスで乾拭きして表面をきれいにしておく。

care003

クリーナーを使用した場合は、クリーナーが完全に乾いてからデリケートクリームでオイル入れをする。

ポイントは「塗り過ぎない」こと
クリームをクロスに少量つけて、車のワックスと同じで円を描くように薄く伸ばすよう、全体的に均等に塗っていく。
ヌメ革も油分が不足している状態では、スポンジのようにオイルを吸収していくが、同じ箇所で重ね塗りせず、全体に薄く塗ってから、油分が足りないようなら再度、全体的にオイルを入れていく。

最後に布で浸透しなかったクリームを取り除きながら、表面の油膜を均一にするような感じで全体を磨いていく。
磨く際に力を入れたり、強くこすったりするのは厳禁。

磨き終えたらしっかりと形を整えて、乾燥するまで陰干しして終了。

ヌメ革のトラブル

ヌメ革は使い込むことで経年変化を楽しめるが、使用しているといろいろなトラブルが発生する。
もっとも多いのは雨と傷。

nume007

鞄の場合、特に厄介なのが雨。
しっかりメンテナンスをして2年ほど使用していれば、革の表面に形成された油膜がある程度の水滴は弾いてくれるが、それまでは水分が革の内部に浸透して、輪染みなってしまう。
上図は水滴を放置してついた水滴の跡や汚れを取り除くため、サドルソープで全体を洗ってから、メンテナンスをした後の状態。
だいぶ薄くはなっているが、それでも水滴の輪染みは完全に消えてくれない。

雨などの水滴が革についてしまったら、できるだけ早く水滴を拭き取るのは当たり前として、濡れタオルなどで水滴が付いた付近を中心に水拭きする。
水滴が付いてから水拭きするまでの時間は、早いに越したことはないのだが、1時間程度ならシミにならずに処置できる。

経験則では水拭きが必要なのは日焼けしてから1年未満くらいで、1年以上しっかりとメンテしながら使い込んだヌメ革なら、水滴を拭き取るだけで事足りる。
leather-care-knowledge015

普段の使用によって付いてしまう小さな傷なら、経年変化による変色で目立たなくなるが、爪などによる引っ掻き傷は、しっかりと跡が残ってしまう。

染色されている革なら靴クリームなどで補色すれば目立たなくなるのだが、ヌメ革の場合は補色ができないので、傷も味だと思って諦める。

nume008

黒く汚れているように見えるのはカビ。
使用頻度の低い製品に発生しがちで、一度発生すると除去するのは困難なので、湿気の多い場所での保管を避けるのはもちろん、月に一度くらいは陰干しするのが理想的。
また、過度にオイル入れを行っていると発生しやすくなるので要注意。

 

鞄の水漬け

先日、出勤してから鞄の中を見ると、底が水浸しになっていた。
原因はTHERMOSのケータイマグに入れていた水で、飲み口のパッキンがずれていたため、鞄が斜めになったときに漏れていたらしい。
また、そんな時に限って電車で座れたりするので、膝の上でしばらくは横倒しになっていた。
500mlの水が半分になっていたので、鞄が吸収したのはおよそ250ml。

水滴のように表面から水分が入るのではなく、内側から吸収して表面に出てきている。

取り敢えず、内側の水分をできるだけ取り除いたのだが、職場なのでそれ以上の処置もできず、帰宅するまで自然乾燥するしかない。

ほぼ乾燥した状態でも波状に水の跡がしっかりと出ていたので、取り敢えず鞄が完全に浸かる程度に浴槽に水を入れ、そこへ鞄を水没させる。
はじめは浮いてくるので時々裏返しながら水を吸うまで見守り、その状態で一晩寝かせてみた。

翌朝、湯船の水が薄茶に濁って、鞄は完全に水を吸収した感じ。
なんとなくシミの跡が分かるが、だいぶ薄くなった気もするので、鞄の水を切って表面を拭き、形を整えてから陰干しすること丸2日。
ちなみに濡れた革をドライヤーなどを使用して乾かすのは厳禁。

乾燥すると水漬けで油分が抜けて革が硬化するので、デリケートクリームでしっかりとオイル入れ。

nume011

水漬けしたことで色が濃くなり、シミの跡は残っているが「なんとか使えるレベル」にはなった。

水漬けに関しては「革の硬化と型崩れ」のリスクがあるので、決して推奨はしないが、シミができて使わなくなるようなら、試してみる価値はあるかと思う。









 革製品のケア用品いろいろ

革製品のケア用品いろいろ

革製品のお手入れグッズは基本的にシューケア用品になる。 シューケア製品の国内メーカーではコロンブスが有名。他にサンエッチという大正年間に創業している老舗の靴クリームメーカーもあったが、2014年に自己破産している。 海外 … 続きを読む

革の基礎知識

皮革ケアの基礎知識

革靴の手入れは「化粧」に例えられることが多い。 「洗顔」→「スキンケア」→「メイク」という流れは、確かに皮革製品の手入れと同じ。 皮革製品はもともと「肌」なので、その手入れ方法がスキンケアと似ているのは当然で、間違った手 … 続きを読む

本革と合皮

最近は「レザー」という名のもとに、様々な「革もどき」が巷に氾濫している。 特に10代~20代前半の世代は、人造皮革を何の躊躇いもなく「レザー」と呼び、Amazonをはじめとするネットショップの商品も「レザー」という表記で … 続きを読む

革製品のお手入れ方法

ヌメ革のエイジングと手入れ

原皮をタンニン鞣しで仕上げ、ほとんど加工していない、ナチュラルレザーとも呼ばれるヌメ革。そのデリケートさを含め、エイジングを楽しめる素材として人気だったりする。 新品のヌメ革は色白の別嬪さんで非常に繊細。 皮膚には皮脂膜 … 続きを読む

革靴の手入れ

革製品の中でも靴の手入れに関してはマニアが多いのか、様々な持論が展開されており、意外と面倒くさい。 好きだからこそ熱くなれるのかもしれないが、基本さえ抑えておけば、どこのメーカーのケア用品を使おうが、手順を変えようが、大 … 続きを読む

レザージャケットのオイル入れ

レザージャケットも本革なので当然ながら手入れが必要。 革ジャンもブラッシングと乾拭きが基本で、オイル入れは革のツヤがなくなったり、表面が乾燥し始めてからでも遅くはない。 ケア用品 ラナパーが他のオールマイティタイプの製品 … 続きを読む







 

革靴の手入れ

革製品の中でも靴の手入れに関してはマニアが多いのか、様々な持論が展開されており、意外と面倒くさい。
好きだからこそ熱くなれるのかもしれないが、基本さえ抑えておけば、どこのメーカーのケア用品を使おうが、手順を変えようが、大した問題ではない。

大切なのは凝り固まった理屈ではなく、眼前にある靴のコンディションを見ることだったりする。

ケア用品

馬毛ブラシ

乾拭きに使用する布と同様、最も基本となる手入れ用具。
靴についているホコリや汚れ等を取ると同時に、革の状態も確認できる。

アプライブラシ

アプライ(塗る)ブラシは文字通り、靴クリームを塗るときに使用する。
靴クリームは布で伸ばしても良いのだが、靴全体にまんべんなく、薄く塗り広げるにはアプライブラシが非常に便利。
アプライブラシは靴クリームの色に合わせ、黒、茶、チョコなどに分けての使用を推奨。

ポリッシャーブラシ

ポリッシャー(磨く)ブラシは、アプライブラシで伸ばした靴クリームを、靴に馴染ませるためのブラシ。ブラシだと布のようにクリームを吸収しないので、しっかりと靴にクリームをなじませることが出来るだけでなく、布を使用するよりはるかに効率的。

クリーナー

M・モウブレイのクリーナーで、保革・ツヤ出しの成分を含まない純粋なクリーナー。
有機溶剤、界面活性剤、油脂類、水を主成分としており、クリーナー効果も高い。

靴クリーム

乳化性の靴クリームは、革に栄養を与えるだけでなく、ワックス成分も入っているので革にツヤがでる。また、色付きのものには補色効果もある。

クリームのカラーは使用する靴の色に合わせるのだが、同色がない場合は「近い色よりもわずかに薄い色」を選ぶか、補色を諦めて無色を使用する。






作業手順

革靴の手入れは靴クリームで磨けば良いというものではなく、使用頻度や革の状態に応じたケアが必要で、最も重要なのはクリームによる手入れよりも、靴を乾燥させることだったりする。
どれほど手間隙掛けてクリームで磨いても、靴が湿気っていると、気付いた時にはカビだらけ、ということになりかねない。

また、リキッドタイプの靴墨は、手も汚れず塗るだけでツヤがでるという優れものっぽいが、重ね塗りをしている事が多く、革がヒビ割れる原因にもなるので要注意。
化粧で例えるならメイクした翌日に化粧を落とさず、上からメイクするようなもので、見た目はそれなりに保っていても素肌はボロボロといった感じ。
リキッドタイプの靴墨で重ね塗りをしたら、早い段階でクリーナーを使用して表面に残っている古い靴墨を落とす必要がある。

手入れをするのは牛革のスムースレザーを使用した一般的な革靴。

まず紐靴の場合は当たり前だが紐を外し、シューキーパーをセットする。
作業時のシューキーパーはプラスティック製でもOK。

全体にブラシでホコリや汚れを落としていく。

コバの部分は念入りに。
革底の場合は底の汚れも取り除く。

左右どちらもブラッシングが完了し、革のコンディションが落ちていると感じたら、クリーナーを使用して表面の古い靴墨やワックスを落とす。

モウブレイのステインリムーバーは成分が有機溶剤と水と界面活性剤なので、しっかり振って成分を混ぜ合わせてから使用する。
形状は水に近く、布に取ると吸収してしまうが、少量でも十分なクリーナー効果があるので、気にせずに靴の表面からクリームを落とす感じで、全体に拭いていく。

クリーナーで古い靴墨を落としたら、表面を乾かすついでにコバを同色の靴クリームやハイポリッシュで補色する。

片足ずつクリーナーを使用し、コバに補色していると、いい感じで初めにクリーナーで拭いた靴が乾いているので、アプライブラシを使用して靴全体にクリームを伸ばす。

ここでのポイントは「塗り過ぎない」こと。
アプライブラシの先端に軽くクリームを付け、それを靴全体に伸ばしていく。

ポリッシュブラシで伸ばした靴クリームを、靴に擦り込む感じでブラッシングしていく。

タン(ベロ)の部分もしっかりとブラッシング。
この時点でツヤが出始めるので、ちょっと嬉しかったりする。

最後に布で浸透しなかった靴クリームを取り除きながら、靴全体を磨いていく。

 

これで完成。
この後に更にツヤを出したい場合はハイポリッシュという油性のワックスで磨くのだが、革のコンディションを整える作業はここまで。
ただし、しばらく履かずに収納する場合は、手入れをしてから2~3日は陰干し、木製のシューキーパーを入れることを推奨。

ちなみに写真の靴は5年目に突入したトリッカーズのマートン。
そろそろ革底が限界なのでオールソールでの修理を検討中。









 革製品のケア用品いろいろ

革製品のケア用品いろいろ

革製品のお手入れグッズは基本的にシューケア用品になる。 シューケア製品の国内メーカーではコロンブスが有名。他にサンエッチという大正年間に創業している老舗の靴クリームメーカーもあったが、2014年に自己破産している。 海外 … 続きを読む

革の基礎知識

皮革ケアの基礎知識

革靴の手入れは「化粧」に例えられることが多い。 「洗顔」→「スキンケア」→「メイク」という流れは、確かに皮革製品の手入れと同じ。 皮革製品はもともと「肌」なので、その手入れ方法がスキンケアと似ているのは当然で、間違った手 … 続きを読む

本革と合皮

最近は「レザー」という名のもとに、様々な「革もどき」が巷に氾濫している。 特に10代~20代前半の世代は、人造皮革を何の躊躇いもなく「レザー」と呼び、Amazonをはじめとするネットショップの商品も「レザー」という表記で … 続きを読む

革製品のお手入れ方法

ヌメ革のエイジングと手入れ

原皮をタンニン鞣しで仕上げ、ほとんど加工していない、ナチュラルレザーとも呼ばれるヌメ革。そのデリケートさを含め、エイジングを楽しめる素材として人気だったりする。 新品のヌメ革は色白の別嬪さんで非常に繊細。 皮膚には皮脂膜 … 続きを読む

革靴の手入れ

革製品の中でも靴の手入れに関してはマニアが多いのか、様々な持論が展開されており、意外と面倒くさい。 好きだからこそ熱くなれるのかもしれないが、基本さえ抑えておけば、どこのメーカーのケア用品を使おうが、手順を変えようが、大 … 続きを読む

レザージャケットのオイル入れ

レザージャケットも本革なので当然ながら手入れが必要。 革ジャンもブラッシングと乾拭きが基本で、オイル入れは革のツヤがなくなったり、表面が乾燥し始めてからでも遅くはない。 ケア用品 ラナパーが他のオールマイティタイプの製品 … 続きを読む







 

レザージャケットのオイル入れ

レザージャケットも本革なので当然ながら手入れが必要。
革ジャンもブラッシングと乾拭きが基本で、オイル入れは革のツヤがなくなったり、表面が乾燥し始めてからでも遅くはない。

ケア用品

ラナパーが他のオールマイティタイプの製品と大きく異なるのはワセリンを使用していること。
ワセリンは石油を精製して作られた鉱物油で、ラナパーは見た目も使用感もワセリンに似ている。

保湿剤としてドラッグストアで普通に販売されているワセリンは、鉱物油のため肌に浸透せず、表面に油の膜を形成するので、肌の乾燥を防ぐ目的で使用される。
同様に革に使用した場合も、革に浸透せず表面を覆うため、防水、防汚とツヤ出しの効果を期待できる。

ラナパーの主成分は蜜蝋、ホホバオイル、ラノリン(羊毛脂)、ワセリン。






作業手順

レザージャケットだけではないが、革製品は湿気が天敵なので、しっかりと陰干しするなどして乾燥しておくのが保管時のポイント。
ホコリ防止のためにビニール袋をかぶせるなど論外で、オイル入れした直後にタンスの中へしまうのも厳禁。
湿度の高い日本は革にとって決して居心地の良い場所ではなく、常にカビの脅威に晒されているので、オイル入れで革のコンディションを整えるよりも、保管の方が重要だったりする。

オイル入れの前にホコリなどを落とすためにブラッシング。
ブラシをかけながら傷など革の状態を確認する。

ラナパーには専用のスポンジが付属しているが、無い場合はキッチンスポンジのザラザラした方を切り取り、凸凹したところもカットして直方体にすればOK。

スポンジにラナパーを少量つけて塗り伸ばしていく。
クロスを使用するとラナパーをクロスが吸収して伸ばしにくいので、スポンジの使用を推奨。
ラナパーは柔らかいので薄く伸ばしていくことができ浸透性も高い。

革の状態にもよるが、スポンジにつけたラナパーを革が吸収しなくなったら、そこが上限。
塗り過ぎないように注意しながら全体に塗り伸ばしていく。

care002上図の白枠部分がラナパーを塗布したところ。
分かりにくいが光沢が異なっている。

クロスで塗りすぎたラナパーを拭き取りながら、全体的に乾拭きしていく。

最後に軽くブラッシングして完成。
ツヤが出すぎてPuレザーのようになってしまったが、ラナパーは磨かなくても簡単に艶が出るので非常にお手軽。

Caution
ラナパーの取説には不可解な点がいくつかある。
合成皮革にも使えると謳いながらPUレザー(ポリウレタン)には使えないと注意書きがあったり、ラナパーのウェブサイトには「汚れ落とし」が効果として掲載されているのに、「クリーナーではないので汚れは落ちません」と書かれていたり。。。
実際、ラナパーの成分的にクリーナー効果は全く期待できず、動物性のラノリンは効果的にミンクオイルと同じなので、使い過ぎると革を軟化させる可能性もある。
製品そのものは決して悪いものではないだけに、不信感を与えかねない過剰な訴求が残念。









 革製品のケア用品いろいろ

革製品のケア用品いろいろ

革製品のお手入れグッズは基本的にシューケア用品になる。 シューケア製品の国内メーカーではコロンブスが有名。他にサンエッチという大正年間に創業している老舗の靴クリームメーカーもあったが、2014年に自己破産している。 海外 … 続きを読む

革の基礎知識

皮革ケアの基礎知識

革靴の手入れは「化粧」に例えられることが多い。 「洗顔」→「スキンケア」→「メイク」という流れは、確かに皮革製品の手入れと同じ。 皮革製品はもともと「肌」なので、その手入れ方法がスキンケアと似ているのは当然で、間違った手 … 続きを読む

本革と合皮

最近は「レザー」という名のもとに、様々な「革もどき」が巷に氾濫している。 特に10代~20代前半の世代は、人造皮革を何の躊躇いもなく「レザー」と呼び、Amazonをはじめとするネットショップの商品も「レザー」という表記で … 続きを読む

革製品のお手入れ方法

ヌメ革のエイジングと手入れ

原皮をタンニン鞣しで仕上げ、ほとんど加工していない、ナチュラルレザーとも呼ばれるヌメ革。そのデリケートさを含め、エイジングを楽しめる素材として人気だったりする。 新品のヌメ革は色白の別嬪さんで非常に繊細。 皮膚には皮脂膜 … 続きを読む

革靴の手入れ

革製品の中でも靴の手入れに関してはマニアが多いのか、様々な持論が展開されており、意外と面倒くさい。 好きだからこそ熱くなれるのかもしれないが、基本さえ抑えておけば、どこのメーカーのケア用品を使おうが、手順を変えようが、大 … 続きを読む

レザージャケットのオイル入れ

レザージャケットも本革なので当然ながら手入れが必要。 革ジャンもブラッシングと乾拭きが基本で、オイル入れは革のツヤがなくなったり、表面が乾燥し始めてからでも遅くはない。 ケア用品 ラナパーが他のオールマイティタイプの製品 … 続きを読む