Gear VRを使ってみた


2018/01/18

ゲーム用にしていたNexus6のバッテリーがヘタレてきて、充電状態でないと電源が落ちるようになったので、以前から気になっていたGear VRを使用するため、SIMフリーのGalaxy S8とコントローラーとセットになったGear VRをアメリカのB&Hから輸入した。

Gear VRに対応しているのはGalaxy S6・S7・S8で、当然ながら2月末にリリース予定のS9も対応するはず。



VRとは説明するまでもなく仮想現実(Virtual Reality)のことで、本格的なのはHTCのVIVE、Oculus(オキュラス)のOculus Rift。
いずれもヘッドマウントディスプレイ(HMD)とコントローラーだけで10万円ほどする高級品で、更にVR用のコンテンツを再生するためのハイスペックPCが必要なため、1から全部揃えようとすれば30万円ほど必要になる。

一方、スマホを利用した超お手軽なVRは、ダンボール製のHMDで1000円から入手可能。

以前購入したのはダンボール製よりも少しこましなVRゴーグルで、一応ヘッドフォンもついており、イヤホンジャックにケーブルを差し込むことができる。
ただ、難点なのがスマホの操作ができないため、視点操作ができないアプリはBluetooth接続のコントローラーを別途用意するか、操作のたびにスマホを取り出すことになる。

Google PlayストアでVR対応のアプリをインストールして、アプリを起動すると画面が2つに分かれた状態になり、これをゴーグルにセットすると3Dになる。

購入したVOX PLUS Gear+は所詮1800円程度の代物なので、焦点が微妙にずれた感じがするのだが、それでも初めて使用したときには「へぇー」と思うくらいの感動はあった。

で、Gear VRにするとVOX PLUS Gearよりリアルになるものかと、半信半疑で試したのだが、こちらは「へぇー」ではなく、「うわっ、すごっ!」と感動のレベルが全く違う。
さすがに本格的なHMDを制作しているOculusと共同開発しただけあって、眼前に広がる世界はVOX PLUS Gearの比ではない。
VOX PLUS Gearでは3Dの世界を見ているのに対し、GeaVRでは体感している感じで、実際にジェットコースターのアプリではお尻がムズムズする。

VR関連の記事には「没入感」という表現がよく使われているが、Gear VRは確かによくできている。

Gear VRのメニュー

大きな勘違いをしていたのだが、Gear VRはGoogle Playストアのアプリを使用するのではなく(使用することも可能)、OculusやSamsungが提供しているコンテンツ利用がメインになる。
そのためOculusのアカウント作成や初期設定が必要で、メニューの操作も慣れるまでは戸惑うことが多い。

Gear VRをUSBでGalaxyと接続すると、OculusのGera VR専用アプリが自動起動する。

初回起動時はチュートリアルでコントローラーの操作方法などを学習するのだが、この飛び出す絵本のようなチュートリアルはよくできている。

「Oculus」のトップ画面には「Oculusを発見」「最近」「ピックアップ」などが表示されるが、これらはメニューというよりポータル画面といった感じ。

ポータル画面の下側、もしくはコントローラーで「ホーム」ボタンを長押して、「ナビゲーション」を選択すると表示されるのがメインメニュー。

「ライブラリ」はインストールしたアプリが表示される。

「ストア」はOculusストアにアクセスし、ゲームやギャラリーなど様々な無料・有料コンテンツをダウンロードできる。

Gear VRを使用している状態であれば、アプリの世界観を直接見ることができるのだが、ほぼ「ジャケ買い」というか「ジャケDL」になるので、Gear VR内で操作してアプリを探すのは非常に面倒。

手っ取り早くアプリを探すなら、Galaxyにインストールされている「Oculus」を起動して「ストア」からダウンロードしたほうが良いかも。

「インターネット」ではブラウザを「Oculus」「Samsung」から選択する。
ただ、「Samsung VR」はYouTubeのVR動画に非対応なので、YouTubeのVR動画を楽しむなら「Oculus」を選択。

コンテンツはいろいろとあるので楽しむことができるものの、日本語化されているものはわずかで、説明もナレーションもほぼ英語。
操作はなんとなく分かるので特に支障はないが、Google Playストアで提供されているアプリのように自動翻訳はされていない。

Google Playストアのアプリを利用する

Gear VRを普通のVRゴーグルとして、Google PlayストアのVRアプリを利用する場合、Gear VRとGalaxyを接続しないという方法と、有料アプリを使用する方法がある。

物理的に接続しないという単純で簡単な方法なのだが、Galaxyが固定されていないため非常に不安定で、少しの衝撃で落下してしまう。
この方法は手で抑えるか、固定する工夫が必要。

有料アプリは自動起動するOculusの起動を停止する。
わずか230円ほどなので、Galaxyが落下して破損することを考えれば安価な投資かと。

アプリ購入後に起動すると別途プラグインのインストールを促されるので「INSTALL PLUGIN」をタップ。

「PC Plugin2」をインストール。

「ACTIVE IT」をタップ。

「開始」をタップ。

「確認」をタップ。

「OK」をタップ。

使い方がでるので「Don’t show again」にチェックを入れて「OK」をタップ。
以降、「Note」や「Cardboard Mode」「Gear VR Mode」の説明ウインドウが表示されるので「Don’t show again」にチェックを入れて「OK」。

モードの切替は「Play Cardboard apps on Gear VR」を起動して、使用したいアイコンをタップするだけ。

Google PlayストアのVRアプリも、Gear VRで表示させるとリアリティが向上するので結構オススメ。





レポート

Oculus Goを使ってみた。

Oculus Goはスマホを使用しないスタンドアローンのHMDなのだが、セッティングにはAndroid 6.0( Mar … “Oculus Goを使ってみた。” の続きを読む

リッピングソフトの比較検証

DVDやBlu-rayの保護解除は違法行為になるが、保護解除に対応したリッピングソフトは、DVDFabからリリースされて … “リッピングソフトの比較検証” の続きを読む

識別されていないネットワーク・デフォルトゲートウェイがない場合の対処法

PCケースを換装した際にネットワーク設定でトラブルが発生した。 症状はポピュラーな「識別されていないネットワーク」で、タ … “識別されていないネットワーク・デフォルトゲートウェイがない場合の対処法” の続きを読む

Apple IDがロックされたというフィッシングメール

2019/01/20 以前にAppleを騙ったフィッシングメールという記事をアップしたのだが、その後もApple系のフィ … “Apple IDがロックされたというフィッシングメール” の続きを読む

Defencebyteというローグウェア

2019/01/15 ときどき海外からアプリのレビュー依頼が来る。 基本的に「来るもの拒まず」の精神で依頼されたアプリを … “Defencebyteというローグウェア” の続きを読む