Googleがやらかしたコアアップデートの影響

スポンサーリンク
Reports-icon

5ヶ月間で3度のコアアップデートによりトラフィックが半減

Googleの検索アルゴリズムは毎日のように更新されており、年に数回の激震が走るのだが、サイトのトラフィックが近年 稀に見る悲惨な数値になっている (;´д`)トホホ…

Google made 3,200 changes to search in the past yearlink

GoogleはSEOを気にするよりも、良質なコンテンツ作成が一番の近道だと仰っているが、それまで好調だったコンテンツが、コアアップデートによって一気に奈落の底へ突き落とされたりする。

2019年3月12日にコアアップデートが行われ、その時はトラフィックが20%程度減少。
もともと特定のページにアクセスが集中していたこともあって、ある意味で「想定内」の下落だったのだが、Google様は6月初旬にもコアアップデートを実施。

これはまったくの予想外でトラフィックが更に減少。

google-coreupdate003

なんと3月のコアアップデート実施前と比較すると50%ほど落ち込み、PVが2年以上前の水準になってしまった。

キーワードによっては上位表示だったものが消失してしまったものもある。

Okayadokari188

気分的には こんな感じ。。。

2017年・2018年も同様に一時的に凹んだことはあったものの、2ヶ月ほどで回復基調になったのだが、今年は回復するどころか追い打ちをかけてくる。

google-coreupdate004

そして7月12日に3度目のコアアップデート。
更に消えゆくキーワード達。

マジやばくね。。。

google-coreupdate005

で、普段はしないアクセスを分析してみた。

一時的にアクセスが集中していた特定のページは元より、安定していた上位ページのアクセス数が軒並み下がっている。

面白いことに(まったく面白くはないが)、下落した上位ページへの流入キーワードを調べると、上位キーワードは4月よりも6月が増加しているが、全体で見ると20%ほど6月の流入が減少している。
主要キーワードに関しては、未だに上位にランキングしているものの、バラバラと拾っていた下位キーワードからの流入が根こそぎ消失している感じ。

その反面、セッション継続時間と離脱率の数値が改善しているので、Googleが目指しているものは理解できる。

まあ、それが分かったところでどうにかなる話でもないので、取り敢えずWordPressのSEOプラグイン 「Yoast SEO」の解析結果を参考に修正でもしようかと検討中。





関連記事

Reports-icon

Synology Diskstation DS218 – NASのセットアップ

多機能 NAS Synology Diskstation DS218 J のセットアップ NAS (Network Attached Storage)は 外付けHDD のような感覚で使用できる ネットワーク HDD で、 […]

Reports-icon

UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法

UHD Blu-rayのリッピング時に必須のBDドライブ UHD Blu-ray ディスクをパソコンで視聴するには、UHD BDで採用されている保護技術AACS2.0によって、CPUやMBのオンボードグラフィックが「 I […]

Reports-icon

第9世代 Amazon Fire HD 10 のホームアプリ変更

Launcher Hijack を使用して 第9世代 Amazon Fire HD 10 のホームアプリを変更 面倒な ROOT 化が必要なく、Amazon Fire タブレットのホームアプリを変更切る Launcher […]

Reports-icon

パスワードの管理 – Password Manage

パスワードの管理方法 と 漏洩 リスク 本人認証をする上で最も使用されている方法が ログイン ID と パスワード の入力。 最も原始的な パスワード 解析は、ユーザーIDと パスワード の組み合わせを一つずつ試していく […]

Reports-icon

Essential Phone 3度目のメジャーバージョンアップ

Essential Phone  が Andoroid 10 へ バージョンアップ 2019年9月3日に「Pixel」向けに配信が開始された Andoroid 10。 今回のバージョンアップからコードネームはお菓子の名称 […]





タイトルとURLをコピーしました