pCloud Drive for Windows のインストールと使い方

pCloud-icon

pCloud Drive for Windows の特徴

  • ゼロナレッジをサポートしたセキュアで機能的なクラウドストレージ
  • ローカルストレージに保存されているフォルダのバックアップと同期をサポート
  • 仮想ドライブとして追加されるため、ローカルストレージの容量を消費せずにクラウドストレージにアクセスできる
  • 低価格でユニークな料金プランを提供
  • pCloud Cryptoの利用でユーザーデータをエンドツーエンドで暗号化
  • 無料プランで 5GB(友人の招待などで 最大 10GB)まで利用可能

ゼロナレッジ はユーザー(クライアント)側のデバイスで データの暗号化と復号化を行う方法で、暗号化されたデータがサーバに保存されるため、サービスプロバイダもデータを閲覧することができない。

ファイルのバージョン履歴から復元はウェブ版 pCloudで操作する。

開発元

  • 開発元:pCloud AG
  • 開発元の拠点:スイス

ダウンロード

仕様

  • 同時接続可能なデバイス数:無制限
  • アップロードサイズ上限:無制限
  • バックアップ機能:有
  • 同期機能:有
  • オンデマンド同期:可
  • 共有機能:有
  • バージョン管理とリストア機能:30日(オプションで最大 1 年、無料版は 15日)
  • 非アクティブアカウントのデータ削除:無料プランのみ 6ヶ月間

安全性

pCloud は 品質マネジメントシステム(ISO 9001:2015 – QMS)と データマネジメントシステム(ISO 27001:2013 – ISMS)の 認定 を受けている。

システム要件

  • バージョン:4.1.4
  • OS :  Windows 7/ 8.x/ 10/ 11
  • .Net Framework:4.5 以上
Windows 7/ 8/ 8.1 で使用する場合は  .Net Framework 4.5.0 のインストールが必要。

アカウントの取得

pCloud-for-Windows-001

公式サイト でメールアドレスとパスワードを入力して データリージョン を選択後、利用規約・プライバシーポリシーに問題なければ「アカウントの作成」。

データリージョンは米国と欧州で機能的な違いはないが、GDPR でプライバシーが保護されている欧州に比べ、米国はプライバシーの保護に不安がある。

EUを選択するとルクセンブルクのサーバ、米国はテキサス州のサーバにデータが保存され、アカウント管理でデータリージョンは変更できる。

pCloud-for-Windows-002

登録したメールアドレスに確認用のメールが送信されるので、「クリックしてメールアドレスを確認する」をクリックして認証。

メールアドレスを認証しないと無料プランは一定期間後にアカウントが削除される。

インストール

pCloud-for-Windows-003

アカウント作成時はメールアドレス認証後に表示される画面の「ダウンロード」をクリックするか、公式サイト からインストーラーをダウンロード。

pCloud-for-Windows-4.1024

ダウンロードしたインストーラーを起動し、使用許諾書に問題なければ ライセンス条件に同意します にチェックを入れて「インストール」。

インストール先は「Options」から編集できる。

pCloud-for-Windows-005

ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されたら「はい」で許可。

pCloud-for-Windows-4.1025

インストールは自動実行されるので 完了したら「起動 」。

pCloud-for-Windows-4.1026

pCloud Drive が起動したら「サインイン」から pCloudのアカウント情報を入力してサインイン。

pCloud-for-Windows-4.1027

ウエルカム画面が開くので「進む」で最後まで進めて「起動」。

ウエルカム画面は起動時表示されるので、不要であれば pCloud Drive が起動されるたびに紹介文を表示する。 のチェックを外して無効にする。

pCloud-for-Windows-016

ファイルエクスプローラで pCloud Drive が開いたらパソコンを再起動。

デフォルト設定で pCloud Drive のドライブレターは P になっており 変更は不可。

(P)が使用中であれば自動的に使用できるドライブレターが設定される。

バックアップと同期の設定

pCloud-for-Windows-4.1031

システムトレイに常駐している pCloudアイコンのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から 環境設定 を選択。

同期とバックアップの処理は基本的に同じで、ローカル側とクラウド側の変更がリアルタイムで双方向に反映されるため、 バックアップと同期 で同じフォルダは指定できない。

バックアップ

pCloud-for-Windows-4.1028

メニューから バックアップ を選択し、バックアップするフォルダを指定後「バックアップする」で開始。

任意のフォルダは 他のフォルダから選択する から指定。

pCloud-for-Windows-4.1033

バックアップの停止/ 開始 は 環境設定バックアップ 画面で編集でき、「フォルダを追加」からバックアップするフォルダの追加も可能。

同期

pCloud-for-Windows-4.1029

環境設定 同期 で「新たな同期を追加」をクリック。

pCloud-for-Windows-4.1030

設定画面が開くので「端末のフォルダを選択する」で同期するローカルフォルダを指定し、「pCloud フォルダを選択する」で  pCloud Driveに作成したフォルダを指定後「同期を追加」。

pCloud Crypto とローカルフォルダの同期は不可。

pCloud Crypto の設定

pCloud Crypto は サーバに保存するデータを暗号化してアップロードするゼロナレッジのセキュリティオプション(有料)で、ユーザーデバイスで設定したパスワード(Crypto Pass)でフォルダを暗号化してから同期するため、データは完全に保護される。

Crypto Passはデータの復号化にも使用され、pCloud 側には保存されていないため、パスワードを失念するとデータを復号できなくなる。

pCloud-for-Windows-4.1034

pCloud Cryptoは 環境設定Crypto 設定Crypto Pass を設定して「Cryptoフォルダの作成 」で暗号化フォルダを作成。

pCloud-for-Windows-4.1035

ダイアログを確認して「了解」でフォルダを作成。

pCloud-for-Windows-031

pCloud Drive内に Crypto Folder が作成されるので、ゼロナレッジで保護が必要なファイルは直接 Crypto Folder に保存する。

Crypto Folder を同期先に指定する事はできず、個人プランでは Crypto Folder 内のデータは共有できない。

pCloud-for-Windows-4.1037

Crypto Folder をロックするとフォルダ内のファイルが非表示になり、ロックを解除するまでファイルの保存もできなくなる。

Crypto Folder のコンテキストメニューからも ロック/ アンロック が可能。

pCloud Drive の使い方

pCloud-for-Windows-033

デバイスとドライブpCloud Drive は オンラインであればローカルドライブと同じように使用できる。

pCloud Drive は「仮想ドライブ」として追加されるため、オンラインであれば ローカルストレージの容量を消費せずにクラウドストレージにアクセスできる。

pCloud-for-Windows-4.1038

pCloud Drive でバックアップや同期されていないフォルダは、コンテキストメニューの オフラインアクセス から同期設定できる。

ファイルの共有

pCloud-for-Windows-4.1039

pCloud-for-Windows-4.1040

ファイルの共有は pCloud Drive 内のファイルを選択し、コンテキストメニューの 共有を管理 から リンクを共有する で、共有リンクがクリップボードにコピーされる。

有料プランでは 通知 をして パスワード リンクの有効期限 を設定できる。

共有リンクにアクセスすると pCloud ユーザーは自身の pCloud にダウンロードでき、pCloudユーザー以外は「Direct download」からファイルをダウンロードできる。

フォルダの共有

pCloud-for-Windows-4.1041

フォルダの共有は pCloud Drive 内のフォルダを選択し、コンテキストメニューの 共有を管理 から リンクを共有するフォルダに招待 を選択。

  • リンクを共有する
    ファイルの共有と同じで クリップボードに共有リンクがコピーされる。
  • フォルダに招待
    pCloud ユーザー間でフォルダを共有。

pCloud-for-Windows-4.1043

フォルダに招待 を選択すると設定画面になるので、さらにコラボレーターを招待する に共有相手のメールアドレスを入力してアクセス権限を選択し、任意でメッセージを入力後「招待状を送信する」でメッセージを送信。

共有相手には 招待状が届き、共有を承諾すると自身の pCloud 内への共有設定画面が開く。

pCloud-for-Windows-4.1044

共有中のファイルやフォルダは 設定共有 で確認と共有設定の編集ができる。

ファイルリクエスト

pCloud-for-Windows-4.1045

ファイルリクエスト は指定した pCloud上のフォルダにファイルのアップロードを依頼する機能で、pCloud Drive内のフォルダを選択し、コンテキストメニューから ファイルを要求する を選択。

pCloud ユーザーでなくても指定フォルダにファイルのアップロードが可能。

pCloud-for-Windows-4.1046

リンクがクリップボードにコピーされるので、メールなどに貼り付けて送信。

リンクにアクセスするとファイルのアップロード画面が開き、アップロードしたファイルは pCloud に保存される。

購入方法

pCloudは 1ヶ月・1年のサブスクリプションと、オンラインストレージには珍しい買い切りのライフタイムプランがある。

バージョン管理はデフォルトで 30日。(無料版は 15日

pCloud 10.0 002

公式サイト の 年間生涯 から購入するプランを選択。

4 年以上継続利用するとライフタイムプランのコストパフォーマンスが非常に高く、年間のサブスクリプションで 他のクラウドストレージよりも低く設定されている。

pCloud-for-Windows-048

サインインしていない場合は pCloud にサインイン。

PDFelement 10.0 003

pCloud Encryption を利用する場合はチェックして追加。

pCloud Encryption はアカウント管理画面からの申込みも可能。

pCloud-for-Windows-051

決済情報を入力して「今すぐ支払う」で決済するとアップグレード完了。

サブスクリプションのキャンセル

pCloud-for-Windows-052

月別年間 の サブスクリプションは自動更新になっており、更新の停止は pCloudのウェブ版 にログインし、アカウント管理画面から手続きする。

pCloud-for-Windows-053

pCloud-for-Windows-054

サブスクリプション で有効になっているプランの「キャンセル」をクリックするとダイアログが表示されるので「はい」で実行。

pCloud-for-Windows-055

アンケートが表示されるので「サブスクリプションをキャンセルする」を選択し、ダイアログが表示されたら「はい」。

Premiumアカウントの解約に関するメールが送信されるので確認。
関連記事
OneDrive-icon

OneDrive デスクトップアプリ の設定と使い方

ファイルオンデマンドでローカルストレージの消費を軽減し、バージョン履歴からの復元やデスクトップのバックアップ、ファイル共有などが可能な Windowsの標準オンラインストレージサービス

OneDrive-icon

OneDrive ウェブアプリ の使い方

アルバム機能を実装し、バージョン管理からのリストアやバックアップ、共有もサポートした Microsoftが開発している Windows標準のオンラインストレージサービス

AmazonDrive-icon-1

Amazon Drive のインストールと使い方

プライム会員の場合は画像ファイルを無制限に保存でき、任意フォルダの自動バックアップや同期設定が可能な Amazonアカウントで利用可能なオンラインストレージサービス

Amazon Photos 2406 icon

ウェブ版 Amazon Photos の使い方

画像の自動認識による 人物・もの・場所のタグ付け・スライドショー・アルバムの作成・画像の共有・フォトレタッチ などができ、プライム会員は無制限に画像を保存が可能なオンラインフォトアルバム