Synergy2.0 Betaのスニークピーク


Synergy2 安定版がリリース

設定が自動化されて飛躍的に進化したSynergy2.0安定版が正式リリース。

Synergy2のインストールと使い方

Synergyがバージョン2.0になって大きく進化した。 ただし現バージョン2.0.9では、クライアント側にカーソルが位 … “Synergy2のインストールと使い方” の続きを読む

1組のキーボードとマウスを、複数台のOSの異なるパソコンで共有できる優れたユーティリティソフト「Synergy」が更なる進化を遂げようとしている。
と、言っても現在はテスト段階で、ベータ版の状態。

先日、Synergyの開発元である「Symless」からSynergy2のスニークピークの案内が届いた。

Synergy2のアーリーアクセスの料金は15ドル。

メールにはいろいろと書かれているが、要はSynergyの設定そのものをもっと簡素化し、特別な知識がなくても、誰もが簡単に使用できるようにしたい、ということらしい。
ただ、ベータ版なのでソフトは不完全で、多くの問題があるため、積極的にサポートする気がなければ購入は控えるよう、注意書きもある。

実際、Synergy2.0をインストールしてテストしてみたが、手元の環境では接続に至らなかった



Synergy2 Betaの購入とインストール

Synergyのダウンロードページには現在もSynergy1.x.xの販売しか行われていないため、Sneak Peekの案内メールに記載されている「Get Early Access」のリンクからのみアクセスが可能。

Sneak Peekの案内メールは既存のSynergyユーザー(ライセンス購入者)に送信されているっぽい。

「Get Early Access」のリンクをクリックすると、氏名とメールアドレスの入力フォームが開き、入力して「Buy Now」をクリックするとクレジットカードかペイパルでの支払い選択ページになるので、いずれかを指定して支払い。

ログインを求められるので、取得しているSynergyのIDとパスワードを入力してログイン。

アカウントページにはSynergy2 Proのライセンスが追加されているので、「Download Synergy」をクリック。

Synergy2のタブが追加されたダウンロードページ開くので、「Windows」の「64-bit」のリンクをクリックしてインストーラーをダウンロードする。

インストーラーを起動するとセットアップウィザードが開始するが、選択項目やチェック項目はなく、しかもWindows10 64bit環境ではインストーラーを起動してからセットアップウィザードが開始するまで、相当の待ち時間があり、インストールの進行も微妙に遅い。
一方、Windows7 64bitではセットアップウィザードの開始も、インストールも問題なく完了。

インストールが完了すると「Sign in with Symless」のボタンのみが表示されるので、取り敢えずクリック。

ブラウザが起動してログインを求められるので、SynergyのIDとパスワードを入力してログイン。

「承認リクエスト」が表示される。
Synergy2はSynergyアカウントの「フルネーム、Eメールアドレス、Synergyエディション」にアクセスでき、「パスワード・取引履歴」にはアクセスできない、という内容なので、「Authorization(承認)」をクリック。

ログインに成功したらブラウザは閉じる。

インストールしたPCが表示されてセットアップは完了。

使用方法

使用できなかったので、使用方法というのもおかしな表現だが、Synergy2が目指しているものは理解できた。

Windows7にもSynergy2をインストールした後の状態。
ただ、残念ながらマウスがモニタ間を移動することはなく、当然ながらキーボードの共有もできなかった。

おそらくグリーンになっているのが「ホスト」で、グレーが「クライアント」。
それぞれマウスでドラッグすると自由に配置を変更できるが、それ以外の設定項目らしきものが見当たらないので、どうすることもできなかった。

Synergyを使い始めたのは7~8年ほど前で、当時のバージョンは1.3.x。
まだフリーソフトだったこともあり、設定はお世辞にも分かりやすいものではなかった。

それが現行の1.8.xでは日本語化されていることもあり、フルコンピューター名が分かれば、それほど設定は難しくない。

Synergy2は現行バージョンよりも、更に設定を自動化し、IPアドレスどころかフルコンピューター名すら省略するつもりらしい。

動作すれば使い込んでみたかったが、動かないので仕方なくアンインストール。
ただ、アンインストールはGeeK Uninstallerのように、アプリケーション側に付属しているアンインストーラーを起動するタイプでは削除できないため、Windowsの「アプリと機能」からアンインストールする。

どうやら現段階ではアンインストーラーを実装していない模様。

Synergy2をインストールすると、Synergy1.8.xは使用できなくなるものの、Synergy2をアンインストール後に1.8.xを再インストールすると、以前の設定が引き継がれるので再設定の必要はない。

テストしたのはSynergy2.0.0 Beta4。
今後のUpdateに期待。

現行Synergy1.8.x安定版は下記を参照。

Synergyのインストールと使い方

Synergyは1組のマウスとキーボードを複数のPCで共有する非常に便利なアプリケーション。 LAN経由で複数のパソコン … “Synergyのインストールと使い方” の続きを読む





レポート

Oculus Goを使ってみた。

Oculus Goはスマホを使用しないスタンドアローンのHMDなのだが、セッティングにはAndroid 6.0( Mar … “Oculus Goを使ってみた。” の続きを読む

リッピングソフトの比較検証

DVDやBlu-rayの保護解除は違法行為になるが、保護解除に対応したリッピングソフトは、DVDFabからリリースされて … “リッピングソフトの比較検証” の続きを読む

識別されていないネットワーク・デフォルトゲートウェイがない場合の対処法

PCケースを換装した際にネットワーク設定でトラブルが発生した。 症状はポピュラーな「識別されていないネットワーク」で、タ … “識別されていないネットワーク・デフォルトゲートウェイがない場合の対処法” の続きを読む

Apple IDがロックされたというフィッシングメール

2019/01/20 以前にAppleを騙ったフィッシングメールという記事をアップしたのだが、その後もApple系のフィ … “Apple IDがロックされたというフィッシングメール” の続きを読む

Defencebyteというローグウェア

2019/01/15 ときどき海外からアプリのレビュー依頼が来る。 基本的に「来るもの拒まず」の精神で依頼されたアプリを … “Defencebyteというローグウェア” の続きを読む