DVDFab Blu-rayコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab Blu-rayコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab Blu-rayコピー」の試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)を超えると、試用版の「DVDFab Blu-rayコピー」から自動的に切り替わる。

有料版と比較すると使用できるコピーモードや圧縮(トランスコード)が使用できず、有料版では認識できる北米版Blu-rayや最新のプロテクトには非対応。

「最新のプロテクト」とはBlu-rayの保護技術AACS ProtectionのMKB(Media Key Block)のバージョンで未サポートが存在するため、数年前に公開された映画のBlu-rayであっても、ディスクがプレスされた日付によっては、使用されているMKBのバージョンが新しいため認識しない可能性が高い。

そのため同じタイトルのBlu-rayでも、使用されているMKBのバージョンによって、認識できるものとできないものがある。

Caution
このアプリケーションはBlu-rayに使用されているプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないBlu-ray限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.3.3

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(32bit & 64bit)
CPU:Intel Core 2 Quad以上(PC/AT互換 2GHz以上)
RAM:2GB以上
HDD:100GB以上の空き容量

※Blu-rayドライブ

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ



DVDFab11 Blu-rayリッピング無料版のインストール

DVDFab DVDコピー無料版はDVDFab HD Decrypterの一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab HD Decrypterのインストールと使い方

DVDFab HD Decrypterは、これまでリッピング統合ソフトDVDFabの試用期間終了後、機能制限された「DV … “DVDFab HD Decrypterのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab HD Decrypterンのインストールと使い方」を参照

使用方法

基本操作は有料版の「Blu-rayコピー」と同じため、試用期間中は「DVDFab11 Blu-rayコピーのインストールと使い方」を参照。

DVDFabを起動したら上部メニューから「コピー」を選択して、Blu-rayディスクをドライブにセットする。

ディスク解析後に「このディスクを読み込みたい場合、有料版を注文する必要があります」というメッセージが出た場合、対象ディスクの保護技術(MKBのバージョン)はサポートされていないため使用不可。

保護の解除に成功するとディスクのタイトルが表示され、「Blu-rayコピー 無料版」と表示され、初期設定では「フルディスク」で出力できる状態になる。

「メインムービー」を選択する場合は、上部の「フルディスク」と表示されている部分をクリックし、「コピーモード」のメニューを展開する。

フルディスク

「Blu-rayコピー」の最も一般的な処理で、Blu-rayディスクの内容を全てコピーして、ISOイメージファイルやBlu-rayフォルダとして出力する。

「DVDFab Blu-rayコピー 無料版」では圧縮(トランスコード)機能が制限されているため、使用できるのは「BD50」のみ。
「詳細設定(スパナアイコン)」から他のサイズを選択しても、コピー開始時に処理がキャンセルされる。

タイトルに表示されている「再生アイコン」をクリックすると、本来はプレビュー画面が開いて確認できる。
ただ、有料版では問題なく再生できたものが、無料版のテスト環境では再生ができず、DVDFabが強制終了する現象を確認にしているので、使用しない方が良いかも。

多重音声や字幕がある場合は、「オーディオ」と「字幕」を設定。
ファイルに格納する字幕や音声は、ドロップダウンリストから選択可能。

ファイルに格納する音声や字幕にチェックを入れる。
チェックボックスの前にある「▶」はデフォルトになるため、音声と字幕の組み合わせを考慮して指定する。
変更する場合は、デフォルトに指定する音声や字幕の先頭部分をクリック。

日本語字幕や音声が無い場合は、「他のタイトルを選択」をクリックして一覧表示されるタイトルから、再生時間や音声・字幕などを目安に別のタイトルを任意に選択。

ファイルの出力は、「保存先」の右横にある「DVDフォルダ」または「ISOイメージファイル」アイコンで出力形式を選択し、保存先を指定する。

ImgBurnをインストールして設定した環境であれば、ISOファイルへの出力やブランクメディアへの書き込みが可能。

※ブランクメディアへの書き込みはドライブが、使用するメディアへの書き込みをサポートしている事が前提。

準備ができたら誤操作を回避するため、「タスクリスト」の「現在のタスク」で実行する内容を確認してから、「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

メインムービー

Blu-rayディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

基本的な操作は「フルディスク」と同じ。

複数のコンテンツを選択することはできないが、「他のタイトルを選択」からタイトルを変更することで本編以外の出力も可能。

タイトルを指定したら出力はフルディスクと同じ。

動画ファイルへの変換

ISOイメージファイルやBlu-rayフォルダでコピーすると、HandBrakeやXMedia Recodeなどのエンコーダーで動画ファイルへの変換も可能。

HandBrakeのインストールと使い方

HandBrakeは手軽にMP4またはMKVファイルに変換できるエンコーダーで、保護のかかっていないDVDやBlu-ra … “HandBrakeのインストールと使い方” の続きを読む

XMedia Recode のインストールと使い方

XMedia Recodeは多形式のフォーマットに対応したドイツ製のエンコーダーソフトで、シンプルで使いやすく日本語にも … “XMedia Recode のインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Blu-rayコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab Blu-rayコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DV … “DVDFab Blu-rayコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab DVDコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab … “DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、ISOイメージファイルへの出力、Blu-rayフォルダへの出力のほか、Blu-ray-R DL(BD50)に収録されたデータをBlu-ray-R(BD25)に圧縮(トランスコード)することもできる。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、Blu-rayの保護技術であるAACSやBD+ protectionの解除をサポートしており、設定が簡素化されているため、ビギナーでも簡単にBlu-rayから動画ファイルを作成できるのが大きな特徴。

「DVDFab Blu-rayリッピング」は無料でインストールができ、試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)内はフル機能が利用可能。
また、試用期間・試用制限のいずれかを超えてしまうと、無料で利用できるDVDFab HD Decrypterへと自動的に移行する。
有料版・無料版ともにリッピング可能枚数は、1週間で70枚の制限があるため、1ヶ月280枚が上限になる。

製品版の価格は1年間有効なライセンスは約7,500円だが、常に割引が実施されているので実質的に5,500円前後で購入可能。

姉妹品の「DVDFab11 Blu-ray リッピング」はBlu-rayディスクのコンテンツを動画ファイルとして出力する機能だが、HandBrakeなどサードパーティー製のフリーソフトを使用すると「DVDFabコピー」で出力したISOファイルなどから動画ファイルを作成することもできる。

Caution
このアプリケーションはBlu-rayに使用されているプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないBlu-ray限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.6

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(32bit & 64bit)
CPU:Intel Core 2 Quad以上(PC/AT互換 2GHz以上)
RAM:2GB以上
HDD:100GB以上の空き容量

※Blu-rayドライブ

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ



DVDFab11 Blu-rayコピーのインストール

DVDFab Blu-rayコピーは、DVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

「Blu-rayコピー」は「DVDコピー」と同じメニューを使用し、「Blu-rayフォルダの作成」「ISOイメージファイルの作成」「Blu-rayブランクメディアへコピー」が主な機能で、コピーの種類として「フルディスク」「メインムービー」「分割」「結合」「カスタム」が用意されている。

メインウインドウの左端にある「コピー」が「DVDコピー・Blu-rayコピー」のメニュー。

Blu-rayディスクをドライブに挿入、もしくはISOファイルをマウント(DVDFabへドラッグアンドドロップも可能)するとディスクの解析が開始する。

ディスクを認識すると初期設定では「フルディスク」で出力できる状態になる。

複数のディスクを1つのディスクにまとめる「結合」の利用や、複数のディスクを連続して複製する場合は、ISOファイルやBDフォルダをメインウィンドウにドラッグ・アンド・ドロップするか、上部にある「+追加」をクリックしてISOファイルやBlu-rayフォルダを指定する。

「フルディスク」以外のメニューを選択する場合は、上部の「フルディスク」と表示されている部分をクリックし、「コピーモード」のメニューを展開する。

「DVD変換」「Blu-ray変換」「UHDをブルーレイに変換」は別機能のため、試用版としては利用できるが、試用制限に達すると使えなくなる。

Cinavia

音声にウォーターマーク(電子透かし)を埋め込む保護技術「Cinavia(シナビ)」で保護されているディスクは、「DVDFab Blu-ray Cinavia 除去」がなければ保護の解除ができない。

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む

「DVDFab Blu-ray Cinavia 除去」が有効になっているとCinaviaで保護されたディスクも自動的に分析するようになる。

分析したメディアからCinaviaが検出されたら、Cinaviaのアイコンが表示される。エンコードの処理や設定は通常のディスクと同じ。

フルディスク

「Blu-rayコピー」の最も一般的な処理で、Blu-rayディスクの内容を全てコピーして、ISOイメージファイルやBlu-rayフォルダとして出力する。

「クローン」がディスクの内容を一切変更せずコピーするのに比べ、「フルディスク」はBD50をBD25に圧縮したり、メニューの操作、ボリュームラベルの変更が行える。

Blu-rayディスクで圧縮などの編集を行う場合は、読み込んだタイトルに表示されているスパナアイコンをクリック。

スパナアイコン以外のメニューは、プレビューが「▶」アイコン、メタタグ編集が「M」、タイトルの情報確認が「i」、「X」はタイトルを削除できる。

「ボリュームラベル」はファイル名ではなく、メディアに付けられた名前で、文字化けする可能性があるため、半角英数字のみを使用する。
デフォルトではソースと同じボリュームラベルになっている。

「出力」では圧縮設定が可能で「BD25」に設定すると、25GBを超えたコンテンツはBlu-ray-Rに収まるサイズに圧縮される。

通常、圧縮はビデオビットレートを下げるため画質が犠牲になるが、コンテンツに含める音声を絞り込むことで空き容量を増やし、画質の劣化を最小限に留めるのが「優れたビデオ品質を出力するためにターゲットオーディオのみ選択」の項目。

5.1chの音声があれば2chの音声は基本的に不要で、音声よりも画質を重視するなら可逆圧縮のTrue HDなど「HDオーディオ」を外せば更に空き容量が増加する。

メインムービー

ディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

基本的な操作は「フルディスク」と同じ。

「他のタイトルを選択」をクリックすると、現在選択されているコンテンツの確認ができる。

初期状態でディスクに収録されている「本編」が選択されているが、Blu-rayディスクは多言語が収録されている事が多く、デフォルトで指定されているコンテンツに「日本語(JA)」が含まれていないこともあるので、本編コンテンツの再生時間を参考に日本語字幕が含まれているタイトルにチェックを入れる。

「タイトル」部分にカーソルを合わせると「」の再生アイコンを現れるので、クリックしてプレビューで正しく日本語字幕が表示されるか確認。

クローン/ライティング

「フルディスク」がBlu-rayディスクに収録されている全ての内容をコピーし、ボリュームラベルや圧縮設定が可能なのに対し、ソースと全く同じものを生成するのが「クローン」。

操作は「フルディスク」と同じだが、出力はISOファイルかブランクメディアへの直接書き込みのみになる。

分割

「分割」は片面2層(DVD9)のDVDディスクに収録されているデータを、片面1層(DVD5)のDVDディスク2枚に分けて出力する機能で、Blu-rayディスクはサポートされていない。

結合

複数のディスクを1つディスクにまとめるのが「結合」。

片面2層のBlu-ray-R DL(BD50)に収まる50GBが上限で、指定した出力メディアを上回るサイズの結合を行うと圧縮されてしまう。

結合できるのはBlu-rayディスクのみで、複数のDVDをBlu-rayとして結合するのは不可能。

「結合」選択時に表示されるタイトル「My Blu-ray」のスパナアイコンをクリックすると、出力メディア(サイズ)の選択やメニューの設定が可能になっている。

保存先の指定とタスク

ファイルの出力は、「保存先」の右横にある「フォルダ」または「ISOイメージファイル」アイコンで出力形式を選択し、保存先を指定する。

ドライブを2台以上搭載した状態で、直接ブランクメディアへ書き込みを行う場合は、「保存先」の▼をクリックしてブランクメディアが挿入されたドライブを選択。
※ブランクメディアへの書き込みはドライブが、使用するメディアへの書き込みをサポートしている事が前提。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

コピー処理を実行する前は、必ず「タスクリスト」を確認し、不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く。

処理時間は環境によって異なってくるが、Blu-rayディスクはデータ量が多いため、コピーするだけでも数十分から1時間程度、ISOファイルにする場合は更に20~30分ほどの時間を要する。

DVDFab Mini

DVDFab Miniは「コピー」と「リッピング」に特化したアプリで、付加機能が削除されているので、操作がシンプルで使いやすい。

起動時に説明が表示されるので「再表示しない」にチェックを入れて「OK」。

Blu-rayコピーで使用できるのは「Copy」のみ。
「MP4」は「Blu-rayリッピング」を購入する必要がある。

選択できるのは「フルディスク」「メインムービー」のコピーモードと、「BD25」「BD50」の出力サイズのみ。

後は出力する保存先に書き込み可能なBlu-rayドライブを選択すれば直接書き込み、フォルダアイコンからハードディスクを選択すれば「Blu-rayフォルダ」、ISOをクリックして保存場所を指定すれば「ISOファイル」で保存される。

購入手順

購入ページから「DVDFab Blu-ray Copy」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

詳細な購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む




DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVDフォルダへの出力のほか、DVD-DL(DVD9)に収録されたデータをDVD-R(DVD5)に圧縮(トランスコード)することもできる。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、DVDのアクセスコントロールやコピープロテクトの解除をサポートしており、設定が簡素化されているため、ビギナーでも簡単にDVDを複製できるのが大きな特徴。

「DVDFab DVDコピー」は無料でインストールができ、試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)内はフル機能が利用可能。
また、試用期間・試用制限のいずれかを超えてしまうと、無料で利用できるDVDFab HD Decrypterへと自動的に移行する。

有料版・無料版ともにリッピング可能枚数は、1週間で70枚の制限があるため、1ヶ月280枚が上限になる。

製品版の価格は1年間有効なライセンスで約6,300円だが、常に割引が実施されているので、実質的に4,000円以下で購入可能。

姉妹品の「DVDFab11 DVD リッピング」はDVDディスクのコンテンツを動画ファイルとして出力する機能だが、HandBrakeなどサードパーティー製のフリーソフトを使用すると、「DVDFabコピー」で出力したISOファイルなどから動画ファイルを作成することもできる。

Caution
このアプリケーションはDVDに使用されているアクセスコントロールやプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないDVD限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.8

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(32bit & 64bit)
CPU:Pentium II 500 MHz(PC/AT互換 1GHz以上)
RAM:512MB(2GB以上)
HDD:20GB以上の空き容量

※DVDドライブ

※公式記載のシステム要件は上記のとおりだが、OSのシステム要件を下回っているので、使用するOSの推奨最小要件(カッコ内のスペック)を満たしている必要がある。

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

※DVDFab10の既存ユーザーは「DVDFab11がリリース」を参照。



DVDFab11 DVDコピーのインストール

DVDFab DVDコピーはDVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

DVDFab DVDコピーの基本機能は、「DVDフォルダの作成」「ISOイメージファイルの作成」「DVDブランクメディアへの書き込み」で、コピーの種類として「フルディスク」「メインムービー」「分割」「結合」「カスタム」が用意されている。

メインウインドウの左端にある「コピー」が「DVDコピー」のメニュー。

DVDディスクをドライブに挿入、もしくはISOファイルをマウント(DVDFabへドラッグアンドドロップも可能)するとディスクの解析が開始する。

DVDディスクを認識すると、初期設定では「フルディスク」で出力できる状態になる。

複数のディスクを1つのディスクにまとめる「結合」の利用や、複数のディスクを連続して複製する場合は、ISOファイルやDVDフォルダをメインウィンドウにドラッグ・アンド・ドロップするか、上部にある「+追加」をクリックしてISOファイルやDVDフォルダを指定する。

「フルディスク」以外のメニューを選択する場合は、上部の「フルディスク」と表示されている部分をクリックし、「コピーモード」のメニューを展開する。

「DVD変換」「Blu-ray変換」「UHDをブルーレイに変換」は別機能のため、試用版としては利用できるが、試用制限に達すると使えなくなる。

フルディスク

DVDコピーの最も一般的な処理で、DVDディスクの内容を全てコピーして、ISOイメージファイルやDVDフォルダとして出力する。

「クローン」がDVDディスクの内容を一切変更せずコピーするのに比べ、「フルディスク」はDVD9をDVD5に圧縮したり、メニューの操作、ボリュームラベルの変更が行える。

圧縮などの編集を行う場合は、読み込んだタイトルに表示されているスパナアイコンをクリック。

スパナアイコン以外のメニューは、プレビューが「▶」アイコン、タイトルの情報確認が「i」アイコン、「X」アイコンはタイトルを削除できる。

「ボリュームラベル」はファイル名ではなく、メディアに付けられた名前で、文字化けする可能性があるため、半角英数字のみを使用する。
デフォルトではソースと同じボリュームラベルになっている。

「出力」では圧縮設定が可能で、「DVD5」にすることで4.7GBのDVD-Rに収まるサイズに圧縮される。
ちなみに「DVD9」は片面2層のDVD-DL(8.54GB)のことで、「DVD5」は片面1層のDVD-R(4.7GB)のこと。

「ナビゲーション」は、DVDのメニュー操作を変更するもので、「ディスク挿入時にトップメニューへジャンプ」「ディスク挿入時に本編映像へジャンプ」などに変更できる。
変更する場合は「共通設定>DVD>PathPlayer」のリンクをクリック。

PathPlayerとはDVDFabが実装している、実際にプレーヤーで再生する際に必要なファイルのみをコピーする機能。

DVDFab10では初期状態で有効になっていたが、PathPlayerが原因でディスクの読み込みに失敗することがあった為か、DVDFab11では「必要に応じてPathPlayerを有効にする」がデフォルトになっており、使用する場合は「常にPathPlayerを有効にする」に変更する必要がある。

PathPlayerを有効にすると「DVDの再生順序変更」や「不要なPGCを除去」などが選択可能になるので、任意の項目を選択して「確認」をクリック。

設定変更後は再起動が必要になるため「はい」でDVDFab11を再起動する。

ただ、前述のようにPathPlayerを有効にした場合、ディスクの読み込みに失敗するケースがあるため、エラー発生時はPathPlayerを無効化してみると良いかも。

メインムービー

DVDディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

基本的な操作は「フルディスク」と同じ。

「他のタイトルを選択」をクリックすると、現在選択されているコンテンツの確認ができる。

初期状態でDVDディスクに収録されている「本編」が選択されており、複数のコンテンツを選択することはできないが、チェックを変更することで本編以外の出力も可能。

各タイトルの内容を確認するには、「タイトル」部分にカーソルを合わせて表示される「▶」の再生アイコンをクリック。

プレビューが表示される。

フルムービーは音声・字幕なども全てコピーされるが、「メインムービー」は収録する字幕と音声を選択できる。

チェックボックスの前にある「▶」はデフォルトの音声になるため、字幕との組み合わせを考慮して指定する。
変更する場合は、デフォルトに指定する音声・字幕の先頭部分をクリック。

カスタマイズ

「フルディスク」は圧縮設定は可能だが格納する音声や字幕の指定ができず、「メインムービー」は圧縮設定も音声や字幕の指定も可能だが、収録するタイトルは1つに限定されている。
これら「フルディスク」や「メインムービー」の制限を無くし、自由に設定できるモードが「カスタマイズ」。

「カスタマイズ」を使用する場合はコピーモードを「カスタマイズ」に変更。

収録されている全てのタイトルをコピーしつつ、音声や字幕を1つに絞ったり、各タイトル毎に字幕や音声の設定を変更できるため、自分好みのコピーが可能になる。

タイトルや字幕、音声の選択やタスクの実行、圧縮設定などは「フルディスク」や「メインムービー」と同じ。

クローン/ライティング

「フルディスク」がDVDディスクに収録されている全ての内容をコピーし、ボリュームラベルや圧縮設定が可能なのに対し、ソースと全く同じものを生成するのが「クローン」。

操作は「フルディスク」と同じだが、出力はISOファイルかブランクメディアへの直接書き込みのみになる。

分割

「分割」は片面2層(DVD9)のDVDディスクに収録されているデータを、片面1層(DVD5)のDVDディスク2枚に分けて出力する機能。

DVD9は8.54GBで、DVD5は4.7GBなので、理屈では2枚に分割して出力すれば「無圧縮=無劣化」でできそうな感じだが、残念ながらDVD9に収録されている本編は、ほぼ4.7GBを超えているため、分割にしても本編が収録されているディスクは圧縮される。

上図ではフルディスクで5853MBあるディスクを分割し、本編ディスクが74%に圧縮され、ディスク2はわずか81MBのムービーが収録されているだけ。

分割を実行する際は、収録される内容をしっかり確認したほうが良いかも。

結合

複数のディスクを1つディスクにまとめるのが「結合」。

「DVD9(8.54GB)」に収まる8100MBが上限で、それを上回るサイズの結合を行うと圧縮されてしまう。

2枚のDVD5のディスクを1枚のDVD9に収めたり、画質は劣化するが2枚のDVD5ディスクを1枚のDVD5に収めたい場合などに利用できる。

保存先の指定とタスク

ファイルの出力は、「保存先」の右横にある「DVDフォルダ」または「ISOイメージファイル」アイコンで出力形式を選択し、保存先を指定する。

ドライブを2台以上搭載した状態で、直接ブランクメディアへ書き込みを行う場合は、「保存先」の▼をクリックしてブランクメディアが挿入されたドライブを選択。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く。

DVDFab Mini

DVDFab Miniは「コピー」と「リッピング」に特化したアプリで、付加機能が削除されているので、操作がシンプルで使いやすい。

起動時に説明が表示されるので「再表示しない」にチェックを入れて「OK」。

DVDコピーで使用できるのは「Copy」のみ。
「MP4」は「DVDリッピング」を購入する必要がある。

選択できるのは「フルディスク」「メインムービー」のコピーモードと、「DVD9」「DVD5」の出力サイズのみ。

後は出力する保存先にDVDドライブを選択すれば直接書き込み、フォルダアイコンからハードディスクを選択すれば「DVDフォルダ」、ISOをクリックして保存場所を指定すれば「ISOファイル」で保存される。

購入手順

購入ページから「DVDFab DVD Copy」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-rayコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab Blu-rayコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DV … “DVDFab Blu-rayコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab DVDコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab DVDコピー」の試用期間(30日)もしくは試用制限(3枚)を超えると、試用版の「DVDFab DVDコピー」から自動的に切り替わる。

有料版の「DVDFab DVDコピー」は非常に優秀なリッピングソフトなのだが、無料版ではアダルトDVD*・Fake vts protectionで保護されたディスク・直近1年以内にリリースされたディスクの保護は解除できない。
*テスト環境では旧作のアダルトDVDはコピー可能だったが、今後のバージョンで制限される可能性がある。

また、無料版で利用できる機能は、「DVDコピー」の「フルディスク」と「メインムービー」で、いずれも片面2層のDVDディスク(DVD-9)を片面1層(DVD-5)に圧縮することはできない。

Caution
このアプリケーションはDVDに使用されているアクセスコントロールやプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触するため、個人で作成したものなど、コピーガードのかかっていないDVD限定で使用してください。

著作権法と違法行為

システム要件

バージョン11.0.2.8

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(64ビットのみ)
RAM:4GB以上
HDD:200GB以上の空き容量

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ



DVDFab11 コピー無料版のインストール

DVDFab DVDコピー無料版はDVDFab HD Decrypterの一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab HD Decrypterのインストールと使い方

DVDFab HD Decrypterは、これまでリッピング統合ソフトDVDFabの試用期間終了後、機能制限された「DV … “DVDFab HD Decrypterのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab HD Decrypterンのインストールと使い方」を参照

使用方法

基本操作は有料版の「DVDコピー」と同じため、試用期間中は「DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方」を参照。

リッピング可能枚数も有料版と同様、1週間で70枚が上限。

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFabを起動したら上部メニューから「コピー」を選択して、DVDディスクをドライブにセットする。

DVDディスクをドライブに挿入、もしくはISOファイルをマウント(DVDFabへドラッグアンドドロップも可能)すると解析が開始する。

ディスク解析後に「このディスクを読み込みたい場合、有料版を注文する必要があります」というメッセージが出た場合、対象ディスクの保護技術はサポートされていないため使用不可。

保護の解除に成功するとディスクのタイトルが表示され、「DVDコピー 無料版」と表示され、初期設定では「フルディスク」で出力できる状態になる。

「メインムービー」を選択する場合は、上部の「フルディスク」と表示されている部分をクリックし、「DVDコピー」のメニューを展開する。

フルディスク

「DVDコピー」の最も一般的な処理で、DVDディスクの内容を全てコピーして、ISOイメージファイルやDVDフォルダとして出力する。

 

「DVDFab DVDコピー 無料版」では圧縮機能が制限されているため、ソースと出力ファイルのサイズが同じ(100%)になっていることを確認。

 

圧縮設定になっている場合はタイトル横にあるスパナアイコンをクリック。

出力の項目を「DVD5」から「DVD9」に変更する。

ファイルの出力は、「保存先」の右横にある「DVDフォルダ」または「ISOイメージファイル」アイコンで出力形式を選択し、保存先を指定する。

ImgBurnをインストールして設定した環境であれば、ISOファイルへの出力やブランクメディアへの書き込みが可能。

※ブランクメディアへの書き込みはドライブが、使用するメディアへの書き込みをサポートしている事が前提。

準備ができたら誤操作を回避するため、「タスクリスト」の「現在のタスク」で実行する内容を確認してから、「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

出力でISOイメージファイルを選択すると、DVDフォルダへ出力後に自動でImgBurnが起動し、コンテンツが4GBを超える場合はレイヤーブレークポイントの指定画面が表示される。

レイヤーブレイクポイントとは、片面2層のDVD-DLに書き込みを行う際の一層目と2層目の区切りのこと。
層が切り替わる時に一瞬間 映像と音声が止まるため、台詞の途中や動きの激しいシーンで区切ってしまうと視聴の際に違和感がでるため、ImgBurnはシーンの切り替え部分など、切替時に違和感の少ない部分を4段階評価で表示するので、基本的には最も評価の高い部分を選択する。
また、DVDディスクへ書き込みを行わない場合は、「シームレス」にチェックを入れる。

メインムービー

DVDディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

基本的な操作は「フルディスク」と同じ。

「他のタイトルを選択」をクリックすると、現在選択されているコンテンツの確認ができる。

初期状態でDVDディスクに収録されている「本編」が選択されており、複数のコンテンツを選択することはできないが、チェックを変更することで本編以外の出力も可能。

各タイトルの内容を確認するには、「タイトル」部分にカーソルを合わせて表示される「▶」の再生アイコンをクリック。

プレビューが表示される。

タイトルを指定したら出力はフルディスクと同じ。

データの圧縮

「DVDFab DVDコピー無料版」で出力したデータの圧縮が必要な場合は、DVD ShrinkやAmok DVD Shrinkerが便利。

DVD Shrinkのインストールと使い方

DVD Shrinkは完成度の高さと操作性の良さで、リッピングの定番ソフトとして人気を博したが、日本語版は2004年7月 … “DVD Shrinkのインストールと使い方” の続きを読む

AmoK DVD Shrinkerのインストールと使い方

AmoK DVD Shrinkerは圧縮に優れたリッピングソフトで、DVD Shrinkが苦手なリニアPCM音源を収録し … “AmoK DVD Shrinkerのインストールと使い方” の続きを読む

動画ファイルへの変換

ISOイメージファイルやDVDフォルダでコピーすると、HandBrakeやXMedia Recodeなどのエンコーダーで動画ファイルへの変換も可能。

HandBrakeのインストールと使い方

HandBrakeは手軽にMP4またはMKVファイルに変換できるエンコーダーで、保護のかかっていないDVDやBlu-ra … “HandBrakeのインストールと使い方” の続きを読む

XMedia Recode のインストールと使い方

XMedia Recodeは多形式のフォーマットに対応したドイツ製のエンコーダーソフトで、シンプルで使いやすく日本語にも … “XMedia Recode のインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Blu-rayコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab Blu-rayコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DV … “DVDFab Blu-rayコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab DVDコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DVDFab … “DVDFab DVDコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む





DVDFab11 UHD コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 UHD コピー(DVDFab UHD Copy)」は、4K・HDRをサポートしているUHD Blu-rayの複製、ISOイメージファイルへの出力、Blu-rayフォルダへの出力が可能。

強力な保護解除機能を実装したDVD / Blu-ray/ 4K UHD BDのリッピング統合ソフト「DVDFab11オールインワン」に含まれているアプリで、UHD Friendly ドライブを使用することで、4K UHD BDの保護を回避することができる。

UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法

UHD Blu-ray ディスクをパソコンで視聴するには、UHD BDで採用されている保護技術AACS2.0によって、C … “UHD Friendly ドライブとファームウェア ダウングレード方法” の続きを読む

Caution
このアプリケーションはUHD Blu-rayに使用されているプロテクトの解除機能を有しており、その機能を使用すると著作権法に定める「技術的保護手段の回避」に抵触します。

著作権法と違法行為



システム要件

バージョン11.0.2.3

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10(64ビットのみ)
RAM:4GB以上
HDD:200GB以上の空き容量

※サポートされているUHD Friendly ドライブ。
※HWアクセレーターを使用する場合はIntel Kaby Lake以上のCPU、NVIDIA GeForce GTX 1050以上のビデオカード。

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ

DVDFab11 UHDコピーのインストール

DVDFab11 UHDコピーはDVDFab11の一機能になるため、DVDFab11をインストールして該当機能だけを使用することになる。

DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方

「DVDFab オールインワン」は強力な保護技術解除機能を実装したDVD / Blu-rayのリッピング統合ソフトで、D … “DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方” の続きを読む

※インストールの手順は「DVDFab11 オールインワンのインストールと使い方」を参照

使用方法

動作環境さえクリアしていれば、操作はそのものは「DVDFab DVDコピー」や「DVDFab Blu-rayコピー」と同じ。

「DVDコピー・Blu-rayコピー」と同じで、「UHDコピー」もメインウインドウの左端にある「コピー」を使用する。

「コピーモード」では「フルディスク」と「メインムービー」のみ選択可能で、「DVDコピー」や「Blu-rayコピー」で利用できる「カスタマイズ」「分割」「結合」は使用できない。

DVDFab11を起動した後、UHD BDをドライブに入れると自動的に分析が開始。

サポート対象外のドライブを使用するとエラーメッセージが出る。

UHD Blu-rayを正しく認識すると、読み込んだタイトルの横に「4K UHD」と表示される。

フルディスク

「UHDコピー」の最も一般的な処理で、UHD Blu-rayディスクの内容を全てコピーして、ISOイメージファイルやUHD Blu-rayフォルダとして出力する。

出力するサイズを設定するため「スパナ」アイコンをクリックして詳細設定を開く。

「出力」のリストからターゲットサイズを選択。

リストはUHD BDのディスクサイズになっているが、ブランクメディアに書き込みを行う場合は、BD-R(25GB)、BD-R DL(50GB)、BD-R XL(100GB)になるので、サイズ選びには注意が必要。

ソース(コピー元)よりも大きなサイズを選択すると、圧縮(トランスコード)を行わず、ロスレス(無劣化)出力ができる。

トランスコードはビデオビットレートを下げるため画質が犠牲になるが、コピーモードがフルディスクでも「優れたビデオ品質を出力するためにターゲットオーディオのみ選択」を有効にし、コンテンツに含める音声を絞り込むことで、空き容量を増やして画質の劣化を最小限に留めることができる。

メインムービー

UHD BDディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

「メインムービー」もトランスコードなどの設定はフルムービーと同じだが、コピーするタイトル、字幕、音声の個別選択が可能。

字幕と音声を選択したら再生ボタンをクリックしてプレビュー画面を開く。

プレビューで音声や字幕を確認。

再生されたタイトルが違う場合は「他のタイトルを選択」をクリック。

ディスクに収録されているタイトルが一覧表示されるので、プレビューで確認しながら、コピーするタイトルを選択する。

保存先の指定とタスク

ファイルの出力は、「保存先」の右横にある「フォルダ」または「ISOイメージファイル」アイコンで出力形式を選択し、保存先を指定する。

ドライブを2台以上搭載した状態で、直接ブランクメディアへ書き込みを行う場合は、「保存先」の▼をクリックしてブランクメディアが挿入されたドライブを選択。

「DVDFab MovieServer」はDVDFabが販売しているメディアサーバで、同一ネットワーク上に存在すれば選択が可能になる。

「保存先」を指定したら処理を実行する前に「タスクリスト」を開き、「現在のタスク」で実行する内容を確認してから「開始」をクリック。

「現在のタスク」に追加されているタスクは、チェックボックスにチェックが入っていなくても、「開始」をクリックすると全て実行されるので要注意。

不要なタスクが登録されている場合はチェックボックスをクリックし「削除」しておく。

削除したタスクは「ゴミ箱」をクリックすると下ペインにリストが表示され、タスクの右端にカーソルを合わせて出現する矢印をクリックすると復元できる。

タスクは削除だけでなく、「アーカイブ(保存)」することも可能で、後から同じタスクを実行する場合などには便利かも。

「アーカイブ」したタスクは「アーカイブタスク」で確認でき、タスクの右端にある矢印アイコンをクリックするか、チェックを入れてから下部にある「再読込み」をクリックすると、タスクの再読込みが実行され、該当のタスクが「現在のタスク」へ移動する。

「アーカイブタスク」のアクセス時に説明が表示されるとおり、「アーカイブタスク」にはユーザーがアーカイブしたタスクのほかに、コピー処理実行時にエラーやクラッシュになったタスクも追加されるので、必要に応じて「再読込み」もしくは「削除」しておく。
ちなみに「レポート」はバグ報告の送信ウインドウが開く

処理時間は環境によって異なってくるが、Blu-rayディスクはデータ量が多いため、コピーには相当に時間を要し、2時間のコンテンツを無圧縮で出力しても1時間ほどかかる。

出力したフォルダやISOファイルを再生して問題なければ完了。

購入手順

購入ページから「DVDFab UHD Copy」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

詳細な購入方法とメンバー登録やライセンス認証など購入後の流れ、最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方

DVDFab11 動画変換(DVDFab Video Converter)は、動画ファイルを任意のファイル形式に変換でき … “DVDFab11 Video Converter(動画変換)のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方

DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去はスタンドアローン(単体)で動作するアプリではなく、DVDFa … “DVDFab Blu-ray(DVD)Cinavia 除去のインストールと使い方” の続きを読む




DVDFab10 DVDコピーのインストールと使い方

※DVDFabはバージョン11がリリースされました

DVDFab10はメジャーバージョンアップして、DVDFab11がリリースされています。
DVDFab10の既存ユーザーは現在のライセンスのままアップグレード可能です。

DVDFab10は最終バージョン10.2.1.7で更新が止まり、今後DVDFab11でサポートされるプロテクトなどは使用できないため、特段の理由がない限り既存ユーザーはDVDFab11へのバージョンアップを推奨します。

DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方

「DVDFab DVDコピー(DVDFab DVD Copy)」は、DVDディスクの複製、ISOイメージファイルやDVD … “DVDFab11 DVDコピーのインストールと使い方” の続きを読む

システム要件

バージョン10.0.7.4

OS:Windows Vista / 7 / 8 / 8.1 /10
CPU:Pentium II 500 MHz
RAM:512MB
HDD:20GB以上の空き容量

DVD-Rへ書き込む場合はDVD-RWに対応した光学ドライブ。

※公式記載のシステム要件は上記のとおりだが、OSのシステム要件を下回っているので、使用するOSの推奨最小要件を満たしている必要がある。

ソフトの入手先

DVDFab 公式ダウンロードページ



DVDFab10 DVDコピーのインストール

DVDFab DVDコピー単体のインストールはできず、DVDFab10をインストールして、DVDコピーの機能のみアクティベートすることになる。
有料ソフトなのでアドウェアや無関係なアプリがインストールされることはないが、DVDFab10はスマホ(Android / iPhone)用のアプリがあり、スマホからPCで処理中のタスクをリアルタイムで確認できる付加機能を実装しているため、インストール時にWindowsファイヤーウォールがアクセス許可を求めてくる。

ダウンロードページの「無料ダウンロード」のボタンをクリックしてインストーラーをダウンロードする。
ダウンロードされるのは32ビット版で、64ビット版は下にある「ここで64ビットバージョンをダウンロード」をクリック。

ダウンロードしたインストーラーを起動し、「カスタム」をクリックすると、インストール先の指定や、デスクトップへのショートカット作成、ユーザーエクスペリエンスへの参加の3項目が選択可能。

ユーザーエクスペリエンスプログラムとは、アプリケーションの使用状況などを匿名でDVDFabのサーバに送信するもので、収集されたデータはソフトウェアの改善などに利用されるもの。
不要であればチェックを外す。

設定ができたら「インストール」をクリック。
インストールの進捗に従っておサルが描かれていく。

インストールが完了するとブラウザが開くので、そのまま閉じてOK。

ちなみにユーザーマニュアルは全て英語。

事前にDVDコピーを購入している場合も「すぐ体験」をクリック。

ファイヤーウォールが警告を出してくる。

ブロックしたままでもDVDコピーは問題なく使用できるので、スマホのアプリで進捗確認をしないのであれば「キャンセル」。

すでにDVDコピーを購入している場合は「認証する」をクリック。

購入時に登録したメールアドレスとパスワードを入力して「認証」。

認証されたら「確認」をクリック。

購入した機能と「HD Decrypter」がアクティブになり、この画面を閉じるとDVDFab10が起動する。

スキンの設定は任意で、全体的にダークカラーが多く、後からも変更可能。

使用方法

DVDコピーは、基本的にDVDディスクを「DVDフォルダの作成」「ISOイメージファイルの作成」「DVDブランクメディアへコピー」の3機能で、コピーの種類として「フルディスク」「メインムービー」「分割」「結合」「カスタム」が用意されている。

一般的に使用するのは「フルディスク」か「メインムービー」になる。
「分割・結合」という機能もあるが、それほど実用的ではないかも。

DVDFab10のメインウィンドウでは上部にメニューアイコンが並んでいるが、「DVDコピー」で使用できるのは「コピー」のみ。

DVDFab10を起動した状態で、DVDドライブにディスクを挿入すると自動的に認識し、解析が開始する。

「結合」を利用する場合は、ISOファイルやDVDフォルダをメインウィンドウ中央部の「+」部分にドラッグ・アンド・ドロップして追加する。

「フルディスク」「メインムービー」「分割」「結合」の選択は上図赤枠部分をクリックして行う。
ただし、「DVD変換」「Blu-ray変換」は別機能なので体験版として使用できるが、初回使用から30日経過すると使用できなくなる。
また、体験版を選択した後は一旦、DVDFab10を終了させないと通常メニューに戻れないので要注意。

メニューを切り替えると読み込んだソースは無効になるため、右端にあるボタンをクリックして有効にする必要がある。

少々お節介な機能がタスクへの追加。
この機能は「開始」をクリックしていなくても、コピーモードを変更しただけでタスクとしてキューに追加され、「開始」ボタンをクリックした時点で追加されたキューが全て実行される。
そのためディスク認識後、「フルディスク」から「メインムービー」にコピーモードを変更し、更に「分割」→「メインムービー」→「フルディスク」と変更すると、全てタスクに追加されてしまう。

現在追加されているタスクはメインウィンドウの右上に数字で表示されるので、「開始」をクリックする前には要確認。

フルディスク

DVDコピーの最も一般的な処理でDVDディスクの内容を全てコピーする。
「クローン」がDVDディスクの内容を一切変更せずコピーするのに比べ、「フルディスク」はDVD9をDVD5に圧縮したり、メニューの操作、ボリュームラベルの変更が行える。

出力設定を確認するには、読み込んだソースのスパナアイコンをクリック。

ちなみに「▶」アイコンをクリックするとプレビュー画面が開き、「M」アイコンはメタ情報の表示、「i」アイコンはソース情報が表示される。

圧縮が必要な場合は「出力」のドロップダウンリストで「DVD5」を選択。

ナビゲーションに関しては、DVDのメニュー操作を変更するもので、「ディスク挿入時にトップメニューへジャンプ」「ディスク挿入時に本編映像へジャンプ」などに変更できる。
変更する場合は「共通設定>DVD>PathPlayer」のリンクをクリック。

PathPlayerはデフォルトで有効になっているので、ナビゲーションの「DVDの再生順序を変更」にチェックを入れ、任意の操作を選択する。

PathPlayerとはDVDFabが実装している、実際にプレーヤーで再生する際に必要なファイルのみをコピーする機能。
DVDディスクの読み込みに失敗する場合は、PathPlayerを無効にすることで認識する可能性がある。

初期状態ではDVDドライブに直接書き込む設定になっており、ドライブが1つしかない場合は、元のDVDディスクが挿入されたドライブが選択されている。
この状態では当然ながら書き込みは行えないので、「保存先」の右横にある「DVDフォルダ」または「ISOイメージファイル」のアイコンをクリックして、保存先を指定する。

ドライブを2台以上搭載した状態で、直接ブランクメディアへ書き込みを行う場合は、「保存先」でブランクメディアが挿入されたドライブを選択。
ブランクメディアが認識されていない場合は、「ISOファイル」アイコンの右横にある「更新」アイコンをクリックする。

準備ができたら「開始」をクリックすると、「タスクキューマネージャー」という画面が開き、進捗状況が確認できる。

使用しているPCのスペックによっても異なるが、DVDFab10のコピー処理は決して早くはないので、気長に待たないといけない。

メインムービー

DVDディスクに収録されているメニューや特典映像、宣伝などを除外し、本編のみをコピーするのが「メインムービー」。

操作は「フルディスク」と同じ。

「他のタイトルを選択」をクリックすると、現在選択されているコンテンツの確認ができる。

複数のコンテンツを選択することはできないが、本編以外の出力も可能。

クローン/ライティング

「フルディスク」がDVDディスクに収録されている全ての内容をコピーし、ボリュームラベルや圧縮設定が可能なのに対し、ソースと全く同じものを生成するのが「クローン」。

単純に「フルディスク」を無圧縮のままデフォルト設定でコピーするのと同じなので、敢えて別モードにする必要もない気もする。

出力はISOファイルかブランクメディアへの直接書き込みのみ。

分割

分割は片面2層(DVD9)のDVDディスクに収録されているデータを、片面1層(DVD5)のDVDディスク2枚に分けて出力するという風変わりな機能。

DVD9は8.54GBで、DVD5は4.7GBなので、理屈では2枚に分割して出力すれば「無圧縮=無劣化」でできそうな感じだが、残念ながらDVD9に収録されている本編は、ほぼ4.7GBを超えているため、分割にしても本編が収録されているディスクは圧縮される。

上図ではフルディスクで5853MBあるディスクを分割し、本編ディスクが74%に圧縮され、ディスク2はわずか81MBのムービーが収録されているだけ。

結合

複数のディスクを1つディスクにまとめるのが「結合」。
ただ、この機能も分割と同様、あくまでDVDのメディア向けの機能のため、出力はDVD9(8100MB)が上限で、それを上回るサイズの結合を行うと圧縮されてしまう。

結合の用途は、2枚のDVD5のディスクを1枚のDVD9に収めるくらい。
分割と同様、こちらも実用性の乏しい機能だったりする。

DVDFab Mini

DVDFab10でのDVDコピーは、使用できない機能、不要な機能が多いので、普通にフルディスクやメインムービーをコピーするなら、同時インストールされているDVDFab Miniのほうが使いやすい。

起動時に説明が表示されるので「再表示しない」にチェックを入れて「OK」。

DVDコピーで使用できるのは「Copy」のみ。
「MP4」は「DVDリッピング」を購入する必要がある。

選択できるのは「フルディスク」「メインムービー」のコピーモードと、「DVD9」「DVD5」の出力サイズのみ。

後は出力する保存先にDVDドライブを選択すれば直接書き込み、フォルダアイコンからハードディスクを選択すれば「DVDフォルダ」、ISOをクリックして保存場所を指定すれば「ISOファイル」で保存される。

購入手順

購入ページから「DVDFab DVDコピー」を選択し、クレジットカードまたはビットコインで支払い後、DVDFabの会員登録を行い、登録したメールアドレスとパスワードで製品をアクティブ化する。

購入方法と最新のセール情報は下記ページを参照。

DVDFabの最新セール情報と購入方法

DVDFabは中国のFengtao Software が開発した著名なリッピングソフトで、リッピングのほかエンコード、オ … “DVDFabの最新セール情報と購入方法” の続きを読む





DVDFab関連アプリ

DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方

DVDFab Passkeyはタスクトレイに常駐し、ドライブに挿入されたDVDやBlu-ray、UHD Blu-rayデ … “DVDFab Passkey for DVD / Blu-rayのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Blu-rayコピー 無料版のインストールと使い方

DVDFab Blu-rayコピー 無料版は、無料で利用できる「DVDFab HD Decrypter」に含まれ、「DV … “DVDFab Blu-rayコピー 無料版のインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方

「DVDFab11 Blu-ray コピー(DVDFab Blu-ray Copy)」は、Blu-rayディスクの複製、 … “DVDFab11 Blu-ray コピーのインストールと使い方” の続きを読む

DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方

DVDFab Virtual Drive(仮想ドライブ)はISOイメージファイルを再生するエミュレーター。 DVDやBD … “DVDFab Virtual Driveのインストールと使い方” の続きを読む