Amazon Drive のインストールと使い方

スポンサーリンク
AmazonDrive-icon

任意フォルダの自動バックアップや同期設定が可能な無料オンラインストレージ

Amazon は「 Amazon Cloud Drive 」というオンラインストレージサービスを展開していたが、米国 Amazon で 2015年3月にサービスが開始した 容量無制限プラン「 Unlimited ストレージ 」の導入を機に「 Amazon Drive 」へと名称が変更されている。

国内では1年遅れの 2016年7月 に容量無制限プラン「 Unlimited ストレージ 」が導入されたものの、米国 Amazon が容量無制限プランを年額59.99ドルで提供しているのに対し、日本 Amazon は 年額 13,800円 と料金が2倍で、しかもサービス開始と同時に、それまで Amazon 会員に登録するだけで獲得できていた5GBの無料ストレージサービスが廃止されたが、2017年6月に米国 Amazon が容量無制限プランの終了を発表し、国内の Amazon も2017年11月21日に容量無制限プランの終了がアナウンスされ、廃止されていた5GBの無料ストレージサービスが復活。

現在の Amazon Drive は Google DriveOneDriveDropbox、で実装済みのバージョン管理機能はないものの、Google Drive Backup & Sync と同様、任意フォルダのバックアップや同期が可能になっており、他のオンラインストレージサービスと比較しても遜色ない。
また、 Amazon のオリジナルデバイス「 Fire 」を所有していると、Fire用のストレージとして5GB 追加されるので、 Amazon Driveは合計10GBまで使用可能になる。

システム要件

デスクトップアプリ Amazon Photos バージョン6.2.3 現在

OS:Windows7 以降

※ .Net Framwork 4.8ランタイム 必要

ソフトの入手先

Amazon Drive デスクトップアプリ ( Amazon Photos )ダウンロードページlink



Amazon Drive のインストール

Amazon Drive のデスクトップアプリとして使用するのは「 Amazon Photos 」で、インストール時に設定する項目はない。

Microsoft .Net Framwork 4.8 が未インストール環境下では、 Amazon Photos のセットアップ時に.Net Framworkのインストールを促されるので、リンク先から入手してインストールを行う。

Amazon Drive -002

ダウンロードページから「 アプリのダウンロード 」をクリック。

amazon-drive-003

ダウンロードした Amazon Photos というインストーラーを起動して「 インストール 」をクリック。

amazon-drive-004

Amazon アカウントでログインする。

amazon-drive-005

再度パスワードを入力し、ロボットではないことを確認するため表示された文字を入力。

amazon-drive-006

Amazon Drive の簡単な説明を見る場合は「 クイックツアー 」をクリック。

ウエルカム画面は右上の閉じるボタンで終了させる。

amazon-drive-007

リリースノートの画面も閉じる。

amazon-drive-008

設定画面になったらセットアップ完了。

Amazon Drive の使い方

Amazon Drive は OneDrive や GoogleDrive のように専用の「 同期フォルダ 」がなく、設定により任意に指定したフォルダを「 クラウドストレージにアップロード 」もしくは「 クラウドストレージと同期 」することができる。

Amazon Drive は容量の上限を超えていなくても、ログインしない期間が180日を超えるとストレージ上のデータが削除されてしまうので注意が必要。

Amazon Drive はクラウドストレージへの「 バックアップ 」がデフォルトで、バックアップには「 一回限り 」と「 継続 」があり、バックアップとは別に「 同期 」機能もある。

デスクトップアプリの名称が「 Amazon Photos 」になっているが、「 Amazon Photos 」は「 Amazon Drive 」に保存された画像ファイルと動画ファイル専用のアルバム機能になる。

Amazon Drive は無料で取得できる Amazon アカウントで 5GB のクラウドストレージを利用できるが、最大の魅力は「 プライム会員 」の特典linkとして提供されている無制限のフォトストレージで、解像度の制限なく画像ファイルのみ無制限に保存可能になっている。
Google Drive にも同様のサービスが提供されているが、Google Driveは「 高解像度 」で保存する必要があり、 1600万ピクセル以上の画像は解像度が1600万ピクセルに縮小されてしまうため、フル解像度のまま大量の画像を保存したい場合、 Amazon プライム会員であれば、 Amazon Driveを利用しない手はない。

Amazon プライム は年額 5,000円程度で 通常配送と日時指定が無料になるほか、ビデオ・音楽・本なども一部が無料で視聴できるので、 Amazon で購入する頻度が高く、 Amazon Fire や Amazon Echo などのデバイスを併用するならコスパは高い。

バックアップ

「 継続的なバックアップ 」はローカル PC の指定フォルダ内のファイルが変更された際に クラウドストレージへアップロードするもので、アップロードのタイミングも任意で指定できる。

「 1回限りのバックアップ 」は指定した任意のファイルやフォルダをクラウドストレージへアップロードするもので、アップロード後に対象のフォルダやファイルが変更されても、クラウドストレージ上のデータは更新されない。

amazon-drive-010

Amazon Drive は「 高速セットアップ 」としてWindows の「 ビデオフォルダ 」「 ピクチャフォルダ 」がデフォルトでチェックが入っており、「 バックアップ開始 」をクリックすると「 継続的なバックアップ 」が有効になる。

amazon-drive-011

「 ビデオ 」「 ピクチャ 」フォルダ以外のフォルダを継続的にバックアップする場合は「 フォルダの選択 」をクリック。

amazon-drive-012

バックアップするフォルダを選択すると「 バックアップ設定 」画面が開く。

クラウドストレージ上の保存先は「 Backup 」フォルダ内に「 パソコン名 」のフォルダが作成されるので、複数のPCで同一フォルダ名のフォルダをバックアップ設定しても上書きや統合されることはない。

バックアップのタイミングはデフォルトで変更された時点でアップロードが開始する「 即時 」になっており、ドロップダウンリストから変更することも可能。

amazon-drive-013

アップロード中のフォルダは「 3ドット 」から一時停止やバックアップの停止などの操作が可能。

amazon-drive-014バックアップしたファイルには「 ウェブで表示 」というクラウドストレージ上のファイルへのリンクが表示される。

ただし、サブフォルダへのリンクはなく、 Amazon Photos アプリからサブフォルダを開くこともできない。

amazon-drive-015

初回のみ Amazon プライムの宣伝が表示されるので「 次へ 」で進み、次画面で「 終了 」をクリック。

amazon-drive-019

選択したファイルがブラウザで表示されるが、ややこしい事に左上の「 戻る 」をクリックすると、画像ファイルや動画ファイルは「 Amazon Photos 」が表示され、Excel や PDF ファイルは「 Amazon Drive 」のバックアップフォルダが表示される。

同期

Amazon Photos デスクトップアプリはバックアップとは別に、Dropbox や OneDrive のように専用フォルダを作成して「 同期 」を取ることもできる。

ただし、複数のデバイスで同期する場合、 Amazon Drive が同期されるわけではなく、同期フォルダとして指定したフォルダのみが同期されるため、各デバイスで共有する同期用のフォルダを作成すると使い勝手が良いかも。

amazon-drive-025

同期用のフォルダを作成したらタスクトレイの Amazon Driveから「 バックアップ 」を選択。

amazon-drive-020

「 同期 」を有効化するため右上にある「 設定 」アイコンをクリック。

amazon-drive-021

「 同期 」タブから「 同期の有効化 」をクリック。

amazon-drive-026

ダイアログが出るので「 はい 」。

amazon-drive-034

オンライン上の Amazon Drive に保存されている既存フォルダを同期対象にする場合は「 Amazon Drive folders 」の「 フォルダを選択 」をクリック。

※複数のデバイスで同期する場合は、2台目以降の設定では必ず同期フォルダの指定が必要。

amazon-drive-030

 

オンライン上の Amazon Drive が表示されるので、作成した同期用フォルダを選択するか、同期する既存フォルダを任意で選択。

選択したフォルダがすべて同期対象になる。

amazon-drive-029

「 ローカルの同期フォルダー 」の「 フォルダーを選択 」から「 Amazon Drive 」の保存先を指定。

選択した場所に「 Amazon Drive 」フォルダが自動生成されるので、ドライブ直下に「 Amazon Drive 」フォルダを作成したい場合は任意のドライブを指定する。

amazon-drive-031

設定ができたら「 同期開始 」をクリック。

amazon-drive-032

アプリが再起動してデスクトップに「 Amazon Drive 」のショートカットが生成される。

amazondrive-033

同期用としてローカルに作成した「 Amazon Drive 」フォルダにサブフォルダやファイルを保存すると、オンライン上の Amazon Driveにも追加されるが、 Amazon Drive 直下に作成したフォルダやファイルは、他のデバイスと同期されないので要注意。

amazondrive-035

設定した同期を解除する場合は、「 環境設定 」の「 同期 」タブで「 同期の無効化 」をクリック。
ただし、同期を解除してもローカルとオンライン上に保存されているデータは削除されないので、不要であれば削除が必要。

共有

オンライン上の Amazon Drive に保存されたデータは、バックアップされたものを含め、オンライン版の Amazon Driveで共有設定をすることが可能。

amazondrive-037

フォルダやファイルを共有する場合は、オンライン版の Amazon Driveを開き、対象のオブジェクトを選択後に上部の「 共有 」をクリック。

オンライン版の Amazon Driveはデスクトップアプリからだと Amazon Pohotos経由で開くことになるので、以下のURLをブックマークするなどして直接アクセスしたほうが早い。

https://www. Amazon .co.jp/clouddrive/all

amazondrive-038

「 リンク 」が選択されている状態で「 共有リンクを取得 」をクリック。

amazondrive-039

共有リンクが生成されるので「 コピー 」をクリックして、共有相手にリンクを送信すれば完了。

amazondrive-040

生成した共有リンクは左ナビゲートメニューの「 共有済み 」で確認でき、上部の「 共有の停止 」で共有設定を解除できる。

Amazon Photos

Amazon Drive を使用する際、 Amazon Photos の存在が微妙なのだが、 Amazon Photos は Amazon Drive に保存されたデータから画像ファイルのみを抽出したもので、抽出するフォルダなどの指定はできない。

amazondrive-041

デフォルトで画像認識が有効になっているため、人物や動物、植物、水族館、猫、花など自動的に様々なタグ付けが行われるが、 Amazon Driveを写真のバックアップ以外の目的で使用している、 Amazon Photos がカオス化するので、 Amazon Photos をメインで利用する場合は写真のみを保存したほうが良いかも。





関連記事

AmazonDrive-icon

Amazon Drive のインストールと使い方

任意フォルダの自動バックアップや同期設定が可能な無料オンラインストレージ Amazon は「 Amazon Cloud Drive 」というオンラインストレージサービスを展開していたが、米国 Amazon で 2015年 […]

netdrive-icon

NetDrive 3 のインストールと使い方

オンラインストレージを仮想ドライブ化するユーティリティソフト NetDrive は Dropbox や OneDrive 、 Google Drive などのクラウドストレージをマウントし、ネットワークドライブやローカル […]

Google-Drive-icon

Google Drive の設定と使い方

Google が提供する 顧客満足度 No1 の オンラインストレージサービス Google Drive は Google が提供するオンラインストレージサービスで、ストレージ容量は Gmail  、 Google フォ […]

GDrive-Bakup-icon

Google Drive Backup & Sync のインストールと使い方

自動バックアップ機能を実装した Google ドライブ のデスクトップアプリ Google Drive Backup & Sync ( バックアップと同期 )はインストール時に作成される「 Google ドライブ […]

dropbox_icon

Dropbox のインストールと使い方

連携しているサービスが豊富なオンラインストレージ Dropbox は、ローカル側(パソコン側)のフォルダ内データとクラウド(ネットワーク)上の記憶領域(オンラインストレージ)の同期をとるアプリで、パソコンやスマホ、タブレ […]




タイトルとURLをコピーしました