Window 11 非対応 PC のアップグレード方法

Windows11-icon

Window 11 非対応パソコンのアップグレード手順

  1. Rufusを使用してシステムチェックを除去した USB起動ドライブを作成
  2. ImgBurnで USB起動ドライブから ISOファイルを作成
  3. ISOファイルをマウントして Windows10から Windows 11にアップグレード

Windows 11 は 64-bit のみなので 32-bit の Windows 10 からはアップグレード不可。

Windows 10 は 2025年までサポートが継続 され、Microsoft は Windows 11未対応のパソコンは Windows 10 のサポート終了までに買い替えを推奨している。

Windows 11 の最小システム要件

AMD Ryzen 第 1世代 、Intel Core 第 7世代 など、2017年以前にリリースされている CPUは未サポートで、古いパソコンでは TPM 2.0とセキュアブートをサポートしていないことが多い。

  • CPU:2コア 1GHz 以上の 64bit 互換プロセッサ
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB 以上の空き
  • システムファームウェア:セキュアブートをサポートした UEFI
  • TPM:バージョン 2.0
  • グラフィックス :  DirectX 12 以上

Windows11-upgrade-015

Windows 11 はインストール時にシステムチェックを実行するため、システム要件を満たしていないパソコンにはインストールできない仕組みになっている

システム要件を満たしていないデバイスへ Windows 11 をインストールすると、デバイスの誤作動などが発生する可能性があり、Windows Update での更新プログラムも受信が 保証されなくなる。

Rufus を使用してブータブルUSBを作成

Rufus-3.21-004

Rufus-3.21-003

8GB以上の USBメモリをパソコンにセットして Rufusを起動し、「選択」のリストを ダウンロード に切り替えて「ダウンロード」をクリック。

Rufus-3.21-016

バージョン Windows 11 を選択して「続ける」。

Rufus-3.21-015

ダウンロードするビルドを選択して「続ける」。

Rufus-3.21-017

エディションを選択して「続ける」。

Rufus-3.21-019

アーキテクチャは x64 のみなので「ダウンロード」をクリックして 保存先を指定。

Rufus-3.21-020

Rufus-009-1

ダウンロードが完了するとイメージファイルを読み込んだ状態になるので「スタート」。

Rufus-3.21-021

カスタマイズ用のダイアログが表示され、デフォルトで セキュアブートTPM2.0Microsoftアカウント入力 のバイパスが有効になっているので、デフォルト設定で「OK」。

Rufus-3.21-022

USBメモリのフォーマットに関するダイアログが表示されるので「OK」。

Rufus-011-1

プログレスバー が 100% になり、準備完了 と表示されたら「閉じる」で Rufus を閉じて終了。

作成したインストールメディアを使用して、Windows 11 非対応パソコンに Windows 11をクリーンインストール することも可能。

ImgBurnを使用して ISOイメージファイルを作成

BurnAware では エラーが発生して ISOファイルを作成できない。

Windows11-ImgBurn-001

PC を開いて作成したブータブルUSB を認識しているか確認。

Windows11-ImgBurn-002

ImgBurn を起動して ファイルやフォルダからイメージファイルを作成する を選択。

Windows11-ImgBurn-003

Windows11-ImgBurn-004

フォルダアイコンをクリックし、ブータブルUSBを指定して追加したら 電卓アイコンをクリック。

Windows11-Update-22H2-006

ダイアログが表示されたら「はい」。

Windows11-ImgBurn-005

情報 タブにイメージ情報が表示される。

Windows11-ImgBurn-006

出力先 のフォルダアイコンをクリックし、保存先とファイル名を設定後 ビルド で処理を実行。

Windows11-ImgBurn-008

ブータブルディスクに関するダイアログが表示されるので「はい」で続行。

Windows11-ImgBurn-011

ボリュームラベルのダイアログが表示されたら「はい」。

Windows11-ImgBurn-012

「OK」で ISOファイルを作成。

Windows 10 からのアップグレード

Windows11-ImgBurn-013

.iso ファイル と .mds ファイルが作成されるので ISOファイルを開く。

MDS ファイルは削除して問題ない。

How-to-DL-Windows-11-017

setup を起動。

How-to-DL-Windows-11-018

ユーザーアカウント制御のプロンプトが表示されるので「はい」で許可。

How-to-DL-Windows-11-019

セットアップウィザードが開始するので「次へ」。

Install Windows 11 On VirtualBox-010

更新プログラムがダウンロードされ、セットアップウィザードが再起動する。

How-to-DL-Windows-11-020

ライセンス条項を確認して 問題なければ「同意する」。

How-to-DL-Windows-11-021

更新プログラムのダウンロード後、インストールする内容を確認して「インストール」。

How-to-DL-Windows-11-022

Windows 11 のインストールが開始する。

How-to-DL-Windows-11-023

再起動すると更新プログラムのインストールが開始する。

How-to-DL-Windows-11-024

Windows 11 が起動するので サインイン。

upgrade-windows11-037

アプリや個人ファイルを引き継いだ場合は、Windows 10 の環境を引き継いだ状態で Windows 11が起動する。

upgrade-windows11-036

アプリや個人ファイルを引き継がなかった場合は Windows 11をセットアップ。

How-to-DL-Windows-11-026

Windows 10 からのアップグレードなのでライセンスも認証されている。

アップグレード後の不具合

Windows 11 へアップグレードすると、システム要件に関係なく不具合が発生する可能性があり、アプリに不具合が発生した場合は再インストール、グラフィックカードやサウンドカードはドライバの更新でほぼ改善する。

Windows Defender が起動しない時の対処法

Upgrade-to-Windows11-002

スタート のコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から Windows ターミナル(管理者) を開く。

Upgrade-to-Windows11-003

system32> の後に下記のコマンドラインをペーストして Enter キーで実行すると、Windows Defender がリセットされてアクセス可能になる。

Get-AppxPackage Microsoft.SecHealthUI -AllUsers | Reset-AppxPackage

関連記事
Windows11-icon

Windows11 22H2 へのアップグレード方法

Index システム要件を満たしていないパソコンのアップデートRufus を使用してブータブルUSBを作成Windows 11 22H2 のインストールバージョンの確認と Windowsアップデート …

Windows10-icon

Windows10 への無償アップグレード方法

Index Windows 10 の無償アップグレードアップグレードの前にプロダクトキーの保管ダウンロードWindows 10 アップグレード の手順クリーンインストールWindows 10 の汎用プ…