Allway Sync – ファイル同期アプリのインストールと使い方

スポンサーリンク
allwaysync-icon

ローカルフォルダだけでなく オンラインストレージ や NAS などもサポートした 無償のファイル同期アプリ 

Allway Sync は 米国のソフトウェアベンダー Botkind が開発している ファイル / フォルダ 同期アプリで、ローカルフォルダだけでなく OneDrive , Google Drive , Dropbox などのオンラインストレージ や NAS や ローカルネットワーク上にある他の PC 間での同期 / バックアップが行える。

同期設定は「 ジョブ 」として登録が可能で、同期方法も「 双方向 」と「 単方向 」のほか、ファイルを上書きするだけでなく 変更前のファイルをアーカイブすることも可能。

Dropbox の無料版 ではアプリを使用した接続台数が 3台に制限されているが、Allway Sync を使用して Dropbox と連携することで 接続台数の制限に関係なく同期することもできる。

Allway Sync Free には 同期ファイル数に上限が設定されており、30 日間で 40,000 を超えるファイルが処理できない。( Botkind が提供しているクラウドストレージ Allway Cloud とローカルファイルの同期は含まれない )
処理としてカウントされるのは ファイルの 作成 , 更新 , 削除 で、同一ファイルでも 更新を繰り返して上限に達すると 設定数を下回るまで同期されなくなるが、Allway Sync を コピーツールとして使用したり、ファイルのリネームなどを一括して大量に実行するなどのイレギュラーがない限り、月間 40,000 の上限で  個人ユーザーが不足することは稀かも。

システム要件

バージョン 20.0.3 現在

OS:Windows7 / 8 (8.1) / 10 ( 32bit & 64bit )

※ Visual C++ Redistributable 2019

ソフトの入手先

Allway Sync 公式ダウンロードページlink

Visual C++ Redistributable 2019 link



Allway Sync のインストール

無料版でも アドウェア や サードパーティ製アプリのバンドルなどはないが、Microsoft Visual C++ Redistributable 2019 が必要なため、Visual C++ Redistributable 2019 が未インストールの環境では 別途インストールしなければならない。

Allway Sync -003

Allway Sync のダウンロードページにある「 Allway Sync 」の「 Download 」をクリックしてインストーラーをダウンロードする。

「 スタート 」→「 設定 」で「 Windows の設定 」を開き「 アプリと機能 」の一覧に「 Visual C++ Redistributable 2015 – 2019 」がない場合は「 Requires Visual C++ Redistributable 2019 」のリンクをクリックして Microsoft Visual C++  2015-2019 再頒布可能パッケージ をダウンロードしておく。

OS のアーキテクチャは自動で判別されているので 64bit / 32bit それぞれ環境に適合したインストーラーがダウンロードされる。

Allway Sync -004

「 Visual C++ Redistributable 2015 – 2019 」が未インストールの場合は ダウンロードした「 VC_redist.x64 / VC_redist.x86 」を起動して Microsoft Visual C++  2015-2019 再頒布可能パッケージ をインストールする。

Allway Sync -015

Allway Sync をインストールした際に「 VCRUNTIME 140.dll が見つからないため、コードの実行を継続できません。」というエラーダイアログが表示される場合は「 Visual C++ Redistributable 2015 – 2019 」が未インストールなので、 Microsoft Visual C++  2015-2019 再頒布可能パッケージ をインストール後に再度 Allway Sync のインストールを実行する。

Allway Sync -002

「 Microsoft Visual C++  2015-2019 再頒布可能パッケージ 」インストールされた環境で、ダウンロードした Allway Sync のインストールを起動し、ユーザーアカウント制御が表示されたら「 はい 」で許可。

Allway Sync -005

日本語化されたセットアップウィザードが開始するので、使用許諾書を確認して問題なければ「 同意する 」にチェックを入れて「 次へ 」。

Allway Sync -006

インストール先の指定。
特にこだわりがなければデフォルトのまま「 次へ 」。

Allway Sync -008

自動同期を可能にするため バックグラウンドで動作する「 Windows サービス 」のインストール設定。

同期を常に手動で行う場合 以外はチェックを入れてインストールする。

Allway Sync -009

デスクトップへのショートカットアイコンの作成。
不要であればチェックを外して「 次へ 」。

Allway Sync -011

「 完了 」でセットアップ完了。

Allway Sync -012

Allway Sync が起動したら 上部メニューバーの「 Language 」から「 Japanese 」を選択して日本語化する。

Allway Sync の使い方

Allway Sync は一部のダイアログや設定画面が日本語化されていないが、基本的な操作方法は「同期するフォルダを指定」して「同期方法を設定」したものを「ジョブ」として登録するだけで、登録後は設定に従って自動同期が可能なので それほど困ることはない。

ジョブの登録

自動・手動に関係なく Allway Sync は 同期するフォルダを ジョブとして登録する必要がある。

Allway Sync -021

同期するフォルダは左右で指定。

Allway Sync -022

中央矢印の「 変更 」をクリックすると 同期方向の選択ができ、デフォルトは 双方向 になっている。

Allway Sync c-023

バックアップなどの場合は単方向に変更する。

Allway Sync -024

デフォルトで「 新規ジョブ 1 」になっている「 ジョブ名 」は上部メニューバーの「 ジョブ 」から「 ジョブ名の変更 」もしくは コンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「 ジョブ名の変更 」で 編集可能。

Allway Sync -025

ジョブを追加する場合は 上部メニューバーの「 ジョブ 」から「 ジョブの追加 」もしくは コンテキストメニュー(右クリックメニュー)の「 ジョブの追加 」を選択。

同期フォルダの設定

同期するフォルダは「 Windows フォルダ 」「 オンラインストレージ 」「 FTPサーバ 」「 Web DAV フォルダ 」

「 Sync Gateway 」は Botkind が開発している Windows PC と Mac を同期させる Mac用のアプリで、「 Sync Gateway 」を実行している Mac と同期する場合に使用する。

Windows フォルダの同期

PC 内のフォルダ や 外付け HDD などのデバイスのほか、 ローカルネットワーク上に接続された デバイス間で同期は「Windows フォルダ 」で設定を行う。

Allway Sync -016

Allway Sync はデフォルトで「 Windows フォルダ 」になっており 変更する場合はドロップダウンメニューから選択する。

Allway Sync -017

同期するフォルダを指定するため「 参照 」をクリック。

Allway Sync -018

「 参照 」をクリックして ファイルエクスプローラを開く。

Allway Sync

同期するフォルダを指定して「 OK 」。

Allway Sync -020

ローカルフォルダを指定すると「 Bind to drive characteristics 」の設定が表示される。

Bind to drive characteristics は 同期する際に ドライブレター ではなく ドライブの物理特性を基準に同期フォルダを検索するもので、外付け HDD などドライブレターが変わっても 設定した同期先を検出が可能になる。

Bind to drive characteristics が無効の場合は ドライブレターを基準に同期するため、同期するフォルダのドライブが D ドライブ から Eドライブに変更になっても D ドライブ へ新規フォルダを作成して同期を行い、 Dドライブが存在しなかったり書き込みできない場合は 同期できないまま処理が終了してしまうので「 Bind to drive characteristics 」はチェックを入れて有効にしておくことを推奨。

Compression and encryption は「 圧縮 と 暗号化 」で デフォルトは圧縮も暗号化も行わない「 Store plain files 」になっており「 Compression files 」にすると フォルダ内の同期ファイルが 全て ZIPファイルになり、「 Compression and encryption files 」を選択すると パスワードの入力項目が表示され、同期ファイルがパスワード保護されたZIPファイルに圧縮される。

Compression and encryption を「 フォルダ A 」で設定し、 Store plain files で設定した「 フォルダ B 」と双方向で同期設定した場合 「 フォルダ A 」にファイルはすべて パスワード付きの ZIP ファイルになり、「 フォルダ B 」はプレーンファイルで保存される。

Allway Sync -026

ローカルネットワーク上にある他の PC と同期する場合は、同期先のフォルダは「 読み書き可能 な共有フォルダ 」になっていることが前提で、共有設定で「 パスワード保護共有 」が有効になっているとログイン情報が必要になる。

オンラインストレージ の同期

Allway Sync で利用可能なオンラインストレージサービスは OneDrive , Google Drive , Dropbox , Box , Allway Cloud で「 オンラインストレージ ⇔ オンラインストレージ」「オンラインストレージ ⇔ ローカルフォルダ 」間での同期が可能。

そのため 2つのアカウントを取得して 「 Dropbox 1 ⇔ Dropbox 2 」「  Dropbox 1 ⇔ ローカルフォルダ  ,  Dropbox 2 ⇔ ローカルフォルダ  」「 Dropbox  ⇔ OneDrive 」といった使い方や、Dropbox の無料版 に設定されてる接続台数の上限 3台 を超えて Dropbox を使用することもできる。

allwaysync-046

オンラインストレージ上のフォルダを同期する場合は 同期するオンラインストレージを選択。

allwaysync-047

「 設定 」を開き Allway Sync とオンラインストレージを関連付けるため「 Go to ~ page for obtaining an authorized access token 」のリンクをクリック。

allwaysync-048

ブラウザが起動して 各オンラインストレージサービスへのログイン画面が表示されるので ログイン情報を入力して ログイン。

allwaysync-049

アクセスを許可。

allwaysync-050

Allway Sync が オンラインストレージと連携。

allwaysync-051

同期するフォルダを指定するため「 参照 」をクリック。

allwaysync-052

オンラインストレージの トップ に移動するため アドレスバーの前にある フォルダ移動アイコンをクリック。

allwaysync-053

接続したオンラインストレージを丸ごと同期する場合は トップに移動して「 OK 」。

allwaysync-055

フォルダを指定する場合は 任意のフォルダをダブルクリックするとフォルダが開き、アドレスバーに表示されるので 確認して「 OK 」。

allwaysync-056

オンラインストレージ上に 新規フォルダを作成する場合は 下部のテキストボックスに フォルダ名を入力後「 Make New Folder 」をクリックして追加。

allwaysync-057

同期フォルダを指定したら 後の設定は Widnows フォルダと同じ。

オンラインストレージ間の自動同期なども可能になる。

オプション ( 同期設定 )

オプションでは 作成したジョブの 同期ルール や 自動同期 のほか Allway Sync の自動起動などの設定を行う。

Allway Sync -028

「 オプション 」はメイン画面 右下にある ギア アイコンをクリックするか 上部メニューバーの「 表示 」から「 オプション 」を選択。

Allway Sync -029

自動同期は Allway Sync が起動していないと実行されないので 自動同期を行う場合は PC 起動時に Allway Sync を自動起動させてバックグラウンドで動作させておく必要がある。

Allway Sync を自動起動させるには「 一般設定 」の「 スタートアップに登録する 」にチェックを入れる。

Allway Sync -030

自動同期を使用せず 任意のタイミングで手動同期させる場合は 「 Add the synchronization application links to Window Explorer context menu  」にチェックを入れ、コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) に Allway Sync を登録しておくと便利。

「 Add the synchronization application links to Window Explorer context menu  」にチェックを入れると レジストリエディターの ユーザーアカウント制御 が表示されるので「 はい 」で許可。

Allway Sync -031

ジョブ に登録されているフォルダを選択して コンテキストメニューから「 Synchronize 」で同期処理が開始する。

Allway Sync -037

ジョブの同期設定は 左ナビゲートバーから ジョブを選択し 同期ルールや 自動同期の設定を行う。

AllwaySync -035

「 同期ルール 」では主に「 同期方向 」と「 削除を反映 」「 更新を反映 」の設定を任意に行う。

「 更新を反映 」は ソース側で更新されたファイルをターゲット側で上書きするもので、無効にすると編集内容が反映されず、ソース側の新規ファイルのみターゲット側に追加されるようになる。

「 削除を反映 」は ソース側で削除されたファイルやフォルダが 同期中のターゲット側でも削除されるもので、オンラインストレージのように ソース側とターゲット側を完全に同期させたい場合は有効にする。

「 1 時間以内の更新を無視する 」はサマータイム導入国で使用されるもので、切り替えのタイミングで時間差が生じる際の更新を防ぐ。

「 Security attributes  」は NTFSフォーマットのドライブ間で同期する場合にのみ有効で ファイル /フォルダのアクセス権限などのセキュリティ属性をコピーする。
チェックが入っていない場合は デフォルトのNTFSセキュリティ権限が適用される。

「 Copying locked files 」は ロックされたファイルのコピーを許可するもので Windows XP 以降で使用可能。

AllwaySync -036

自動同期では 同期を開始するタイミングを設定する。

ソース側の変更をリアルタイムでターゲット側へ反映させる場合は「 ファイルの変更が確認された時 」を有効化して リストから「 Immediately 」を選択。

同期のタイミングは ソース側とターゲット側の関係によって異なってくるが、Allway Sync Free の場合は 30日間で同期可能な処理数に 40,000 の制限があるため、同期するファイル数にもよるが必要以上に更新をかけると 処理数が上限に達して支障が出る可能性があるので注意が必要。

AllwaySync -038

バックアップ目的の同期設定で最も重要な「 ファイル管理ポリシー」で、ファイルのバージョン管理や削除したファイルの処理などを設定する。

Allway Sync はデフォルトで 同期設定したフォルダ直下に「 _SYNCAPP 」フォルダを生成し、同期用のメタデータファイルの他に 同期で削除されたファイルは「 Versioning 」フォルダ内の「 yyyy-nn-dd hh-mm 」フォルダに移動するようになっている。
※設定画面では「 Backup 」フォルダになっているが 現バージョン ( 20.0.3 ) では「 Versioning 」フォルダへ変更されている。

「 _SYNCAPP 」フォルダは隠しフォルダのため「 コントロールパネル 」→「 デスクトップのカスタマイズ 」→「 エクスプローラーのオプション 」 の「 表示 」で「 隠しファイル、隠しフォルダを表示する 」にチェックを入れるか、「 ファイル管理ポリシー」にある「 削除されるファイルについて 」の項目を「 ユーザー定義ファイルフォルダへ移動 」に変更して 削除したフォルダの一時保管用として任意のフォルダを指定する。

AllwaySync -039

同期によって削除されたファイルは 「 Versioning 」フォルダ内に 移動し、デフォルト設定では「 Keep specified number of synchronizations 」が 3 回 になっているので、対象のフォルダが 3 回同期された時点で削除される。
削除されるまでは 「 Versioning 」にあるフォルダやファイルを戻すだけで復元が可能。

「 Never delete 」を選択すると 自動削除は行われず 同期によって削除されたファイルは 保存されていくが 定期的にメンテナンスを行わないとディスク容量 圧迫の一因になる。

「 Keep for specified period of time 」は 同期回数ではなく 指定した日数 ファイルが保存される。

AllwaySync -040

同期によって上書きされたファイルも 削除されたファイルと同様に デフォルトで 隠しフォルダの「 _SYNCAPP 」に移動し、対象のフォルダが 3 回同期された時点で削除される。

削除したファイルも上書きされたファイルも「 Versioning 」フォルダ内に処理された日時「 yyyy-nn-dd hh-mm 」フォルダに保存され、フォルダ名だけでは 削除したファイルなのか 更新されたファイルなのか判別できないため、バージョン管理をしっかりと行いたい場合は「 ユーザー定義ファイルフォルダへ移動 」を使用して 削除ファイル と 更新ファイル の区分けと、削除するタイミングの見直しを推奨。

解析と同期

ジョブの設定が完了したら同期の前に「 解析 」を行ってから「 同期 」を開始する。

allwaysync-043

自動同期の設定をしている場合でも 新規ジョブ作成時は「 解析 」と「 同期 」を実行。

allwaysync-041

解析を実行するとソース側 とターゲット側で 50% 以上の 差分ファイルが存在する場合は「 実態が異なる 」として検出されるので、問題がない場合は「 無視 」を選択。

allwaysync-042

ソース側・ターゲット側の 両方のファイルが変更され 不整合が発生しているファイルは「疑わしいファイル」として検出される。

allwaysync-045

同期するファイルは 単体で 同期方向の変更や 非同期設定が行えるので「疑わしいファイル」で検出されたファイルの処理は個別に編集する。

allwaysync-044

「 実態が異なる 」「疑わしいファイル 」などのエラーは「 オプション 」の「 エラー処理 」で設定が可能で、自動同期 はデフォルトで エラーが無視 される設定になっているため 必要に応じて変更する。





関連記事

allwaysync-icon

Allway Sync – ファイル同期アプリのインストールと使い方

ローカルフォルダだけでなく オンラインストレージ や NAS などもサポートした 無償のファイル同期アプリ  Allway Sync は 米国のソフトウェアベンダー Botkind が開発している ファイル / フォルダ […]

richcopy-icon

Microsoft RichCopy のインストールと使い方

無料のバックアップ用ファイル同期アプリ Microsoft RichCopy はマイクロソフト純正のフォルダ同期( バックアップ )ソフト。 マイクロソフトの田丸氏が 2001 年に制作したユーティリティソフトで 200 […]

resili-icon

Resilio Sync のインストールと使い方

BitTorrent を使用した P2P タイプのファイル同期ツール Resilio Sync は BitTorrent Incが「 BitTorrent Sync 」として提供されていた BitTorrent プロトコ […]

GDrive-Bakup-icon

Google Drive Backup & Sync のインストールと使い方

自動バックアップ機能を実装した Google ドライブ のデスクトップアプリ Google Drive Backup & Sync ( バックアップと同期 )はインストール時に作成される「 Google ドライブ […]

EaseUS-icon

EaseUS Todo Backup Home のインストールと使い方

ディスクのクローンも可能なパソコンのバックアップソフト 「EaseUS Todo Backup Home」は「EaseUS Todo Backup Free」の有料版。 基本的な使用方法やシステム要件は「EaseUS T […]