フリーソフトを使用する前に


フリーソフトは玉石混交で、無料で利用するにはそれなりのリスクがあり、そのリスクに対応するためのスキルが求められる。
スマホでは当たり前のようになった無料アプリも、悪意のあるコードを含むもの(マルウェア)や、必要以上の権限を要求して個人情報を収集するものが数多く存在する。

スマホは操作できてもPCはダメという人がいるように、PCには一定のスキルが求められるので、フリーソフト1つインストールするにしても、自分で検索し、海外のソフトなら英語を翻訳し、インストール後は操作方法を手探りで調べるなど、結構大変だったりする。
ところがスマホになると、わずかな操作でアプリをインストールできる上、個人情報がぎっしり詰まっているので、攻撃者の標的にされやすい。
Google Play や App Store で公開されているアプリでさえ、マルウェアが存在しているので、今後はパソコン以上にスマホなど携帯端末のリテラシー向上が必要になってくる。

そんなわけでフリーソフトは「使える・使えない」というレベルではなく、1つ間違えると痛い目をみるという認識が必要で、特に海外のソフトは要注意。
よくフリーソフトと同時に予期せぬアドウェアやスパイウェアがインストールされてクレームをいう人がいるが、そもそも優れたソフトを無償、しかもノーリスクで手に入れようとすること自体が図々しいのであって、リスクヘッジができないのであれば普通に有料ソフトを使用すべきかと思う。



ソフトのインストール

PCでソフトを使用するには基本的にインストールという作業が必要で、通常はインストーラーというインストール専用のプログラムをダウンロードして実行する。
また、インストールが必要のないソフトはZIPファイルで公開されていることが多く、その場合はダウンロード後に解凍して使用する。

installer_icon

左はインストーラー、右がZIPフォルダ。
中にはZIPフォルダを解凍するとインストーラーが入っていることもある。

インストールが正常に終了したら、インストーラーは不要なので削除しても構わないのだが、フリーソフトは突然有料化したり、公式サイトがいきなり閉鎖することもあるので、インストーラーをバックアップしておくと意外と重宝する。

インストーラーの場合は、起動するとアプリケーションを保存する場所や、アプリケーションの構成などを設定する「セットアップウィザード」が開始することが多く、予期せぬアドウェアやスパイウェアの類は、このセットアップウィザードをよく確認せず「次へ」で進んでいると同時インストールされる。
つまり、大抵の場合はユーザー自らがインストールを許可しているのであって、勝手にインストールされているわけではない。
ただ、最新のセキュリティソフトがインストールされている環境では、怪しいファイル・疑わしいプログラムとしてダウンロードやインストール時に検出されることが多いので、フリーソフトを使用するなら始めにセキュリティソフトの導入を強く推奨。

アドウェアや別アプリ(追加ソフト)のインストールは、デフォルトでインストールを「許可」するにチェックが入っているので、セットアップウィザードで「推奨インストール」を選択すると同時インストールされるので注意が必要。
この「推奨」とはユーザーに推奨される環境ではなく、開発者にとってメリットのある推奨環境だと思ったほうが良いかも。

ZIPファイルで提供されているアプリケーションは、インストールするアプリケーションと異なり、スタートメニューへの登録やデスクトップへのショートカット作成などがなく、また、インストールするアプリはCドライブのProgram Filesフォルダに保存されるが、ZIPファイルで提供されているアプリは、解凍した場所に実行ファイル(アプリケーション本体)が保存されるため、任意の保存場所で管理する必要がある。

前述のとおり、フリーソフトは玉石混交で優れたものもあれば、マルウェアが偽装しているものもあり、使用する際には細心の注意を払うべきもので、一昔前まではZIPファイルで配布されているものに、マルウェアが仕組まれていることが多かったため、セキュリティ面からシステムドライブ(Cドライブ)に保存するのではなく、パーテーションで区切った別ドライブ、または増設したドライブに専用のフォルダを作成して保存することが推奨されていた。
無論、いまでもZIPファイルにマルウェアが仕組まれていることは多いものの、現在のマルウェアは別ドライブに展開したからといって回避できるほど軟弱ではないので、先ずセキュリティソフトでしっかりとガードすることが肝心。

本サイトは全般的にPCビギナーを対象にしているため、HDDのパーテーション作成やドライブの増設という、難易度が上がる作業は敢えて割愛し、分かりやすいようにProgram Filesフォルダへ保存するよう記載しています。
また、ZIPファイルで展開したアプリをProgram Filesフォルダへ保存しても、Windowsのシステム的には問題はないとMicrosoftから回答をもらっています。

ソフトウェアのアンインストール

不要なソフトは極力削除しておいたほうが良い。特にユーティリティ系のソフトは常駐タイプがあり、使用しなくても自動的に起動してシステムリソースを消費するので、PCにも断捨離が必要。

uninstall

インストールしたアプリケーションは「コントロールパネル」にある「プログラムと機能」からアンインストールする。
インストール時にインストーラーを使用しなかったアプリケーション、別の言い方をすれば他にファイルを撒き散らかさずに動作しているソフトは、該当アプリケーションがあるフォルダを削除するだけでOK。

ただし、「プログラム(アプリケーション)の追加と削除」を使用しても、インストールした全てのファイルが削除されるわけではなく、一部のファイルやフォルダ、レジストリが残っていることが多いため、気になるようならアンインストーラーを拡張するGeek Uninstallerの使用を推奨。

GeekUninstallerのインストールと使い方

Windowsで新しいソフトを使用する際には、セットアップが必要なものと不必要なものがある。 セットアップが必要なものの多くは、ProgramFilesフォルダに新しいフォルダを作成し、スタートメニューやデスクトップにシ … 続きを読む

コメントなし

ソフトウェアの更新

市販の有料ソフトと同様、フリーソフトもバージョンアップにより進化していくのだが、フリーソフトの場合、多くはバグフィックスという不具合の修正が行われて新バージョンが公開されるため、特段の理由がない限りはバージョンアップした方が良い。もちろんバグフィックスだけでなく、機能が追加される事も多い。
プログラムの更新はソフト起動時にメッセージを出すものもあれば、オフィシャルページで確認が必要なものもある。

ただ、稀にアップデートしてアプリケーションの動作が不安定になることがあるので、更新して動作が不安定になった場合は、一度対象のアプリケーションをアンインストールし、更新前の安定していたバージョンを再インストールする。
このようなケースの多くは、バグフィックスした新バージョンが程なく公開されている。

ベータ版(試用版)とステーブル(安定)版の違い

フリーソフトをダウンロードする際、「Beta0.7xx」というような表記を見かけることがある。
このBeta(ベータ)版とは別名を「人柱版」ともいい、正式リリース前の試用版のことで、隠れたバグの発見などを目的として提供されている。
このBeta版に対してStable版というものが存在し、文字通りバグフィックス(不具合の修正)された安定版で、Beta版が存在しない場合は安定版だと思ってOK。

大雑把に換言すると、ベータ版は最新の機能を使用できるがリスキーで、安定版はリスクは少ないが新機能を使えない。
どちらを使用するのかはユーザー判断。

有料版などの購入について

PayPal利用の薦め

PayPalは米国発祥の決済代行サービスで、国際部門はシンガポール法人が拠点になっている。 最近は様々な決済手段が横行していて、便利なのか不便なのか微妙な感じだが、PayPalを利用する目的は明確で、機能制限付きのフリー … 続きを読む

コメントなし




 



マルウェアについて

マルウエアとは

Malware(マルウェア)とはMalicious softwere (悪意のあるソフトウェア)の混成語で、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、ランサムウェアなど、悪意のあるコードを含んだプログラムの総称。 マ … 続きを読む

コメントなし