EaseUS Todo Backup Free のインストールと使い方

EaseUS-Todo-Backup-icon

ドライブ や システムをバックアップする 無料のバックアップソフト

EaseUS Todo Backup Free は 中国のソフトウェアベンダー CHENGDU YIWO Tech Co., Ltd. が開発しているバックアップ 支援アプリで、ドライブ・ファイルのバックアップ システムバックアップなどを実行でき、バックアップ作業をスケジュール化して 自動実行することも可能。

バージョン 2022 から 無料版 の制限が強化され、旧バージョンで利用可能だった ディスククローンなどは 有償版 へのアップグレードが必要。

システム要件

バージョン 2022 現在

OS: Windows XP / Vista / 7 / 8 / 10 / 11
CPU:x86系 500 MHz 以上
RAM:1GB 以上

x86系 500MHz クラスの CPU は 2000年前後にリリースされた PentiumⅢ や Celeron、Athlon ( K7 ) や Duron といったモデル。

ソフトの入手先

EaseUS Todo Backup Free 公式ダウンロードページ

EaseUS Todo Backup Free のインストール

EaseUS Todo Backup Free のインストーラー にアドウェア や スパイウェアは含まれていない。

EaseUS-Todo-Backup-002

ダウンロードページの「 無料ダウンロード 」をクリック。

EaseUS-Todo-Backup-013

メールアドレスの登録は 任意なので、登録しない場合は ウインドウを閉じる。

EaseUS-Todo-Backup-014

ダウンロードしたインストーラーを起動し、ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

EaseUS-Todo-Backup-015-1

使用許諾書 と プライバシーポリシー に問題なければ「 今すぐインストールする 」をクリック。

インストール先 や 使用言語は  カスタムインストール から変更可能。

EaseUS-Todo-Backup-017-1

「 無料インストール 」を選択して インストールを実行。

EaseUS-Todo-Backup-018-1

インストールが完了したら「 今すぐ始める 」。

EaseUS-Todo-Backup-020-1

ライセンス認証の画面が表示されたら Free を選択するか 画面を閉じる。

EaseUS-Todo-Backup-011

EaseUS Todo Backup Free が利用可能になる。

設定

EaseUS Todo Backup Free は デフォルトで 匿名のデータ送信が有効になっているので、拒否する場合は 設定 で無効にする。

EaseUS-Todo-Backup-044

右上にある メニューリストから 設定 を選択。

EaseUS-Todo-Backup-045

匿名のデータの送信をオプトアウトする場合は ユーザーエクスペリエンス向上プログラムに参加 のチェックを外して無効にする。

EaseUS Todo Backup Free の使い方

EaseUS Todo Backup の操作は ウィザード形式になっており、バックアップの対象 と 保存先 を指定してバックアップを実行すると、EaseUS Todo Backup 独自の イメージファイル  .pbd )でバックアップデータが作成される。

EaseUS-Todo-Backup-012

EaseUS Todo Backup を起動して ユーザーアカウント制御のダイアログが表示されたら「 はい 」で許可。

EaseUS-Todo-Backup-017

ホーム画面の「 バックアップを作成 」をクリック。

EaseUS-Todo-Backup-018

中央の ? マーク をクリック。

EaseUS-Todo-Backup-024

バックアップを実行後は ホーム画面に バックアップ タスク が表示されるで、新規バックアップを登録する場合は バックアップの追加 をクリック。

EaseUS-Todo-Backup-019

バックアップの対象を ファイルディスクOS から選択し、ファイルディスク は バックアップするアイテムを指定。

ファイル
ユーザーファイルのバックアップ機能 で、 指定した フォルダ / ファイル をバックアップ。
ディスク
ディスク や パーティション をバックアップ。
OS
Windows が動作するために必要な未割り当てのパーティションを含め  Cドライブ の ファイルを すべて バックアップ。

EaseUS-Todo-Backup-021

バックアップ先は デフォルトで C ドライブの My Backs フォルダになっているので PC アイコンをクリック。

バックアップ データは システムドライブ 以外の 場所への保存を推奨。

EaseUS-Todo-Backup-022

バックアップ先を ローカルドライブEaseUS クラウドNAS から指定し、

ファイルバックアップのみ ローカルドライブクラウドストレージサービスを追加 が選択でき、DropboxGoogleドライブOneDrive へのバックアップが利用できる。
EaseUS クラウド は EaseUS が提供している 有料のクラウドストレージサービスで、利用する場合はアカウントの作成 と EaseUS Todo Backup Home & Cloud の購入が必要。

EaseUS-Todo-Backup-023

バックアップ先を指定 したら「 今すぐバックアップ 」で バックアップを実行。

バックアップデータは バックアップするドライブ や ファイルの名前が付いたフォルダ内に保存される。
スケジュール

作成したバックアップタスクを定期的に実行する場合は スケジュール を設定する。

EaseUS-Todo-Backup-026

ホーム画面から スケジュールを設定する タスクを選択し、次回のバックアップ に表示されている スケジュールがありません のリンクをクリック。

EaseUS-Todo-Backup-027

バックアップのタイミングを 左サイドバーの 毎日毎週毎月 から選択して 実行する日時を設定。

スケジュールは パソコンが 起動している場合のみ実行される。
バックアップ方法
完全
毎回すべてのファイルの バックアップ を実行するため  バックアップ にかかる時間も長く、保存先の空き容量も圧迫するが、すべてのバックアップ ファイルから復元が可能なため 一部のファイルが破損していても 他のファイルで回復できる。
増分
「 完全 」で実行した バックアップ ファイルから ファイルの変更履歴をバックアップしていくもので、バックアップが短時間で実行でき ファイルサイズも小さく 最も効率が良い反面、最新の状態に回復するためには すべての増分バックアップ ファイルが必要で、途中のファイルが欠損していると 完全バックアップ から欠損したファイルまでの状態にしか回復できない。
差分
「 増分 」を冗長化したもので「 完全 」から変更されたファイルを 全てバックアップ していくため、「 増分 」よりも バックアップ の時間が長く ディスク容量を使用するが、回復時にすべての バックアップ ファイルを必要とせず「 完全 」と 最新の 差分バックアップ ファイルで回復が可能。

EaseUS-Todo-Backup-028

デフォルト設定では バックアップ のイメージファイルは削除されず全て保存され、イメージの保存設定有効にすると 設定した条件に従ってファイルを自動的に削除できる。

バックアップタスクの削除

バックアップを実行すると タスクが ホーム画面に追加されるので 不要な場合は削除する。

EaseUS-Todo-Backup-029

削除するタスクを選択後 コンテキストメニュー ( 右クリックメニュー ) から バックアップを削除 で タスクが削除される。

削除されるのは タスクのみで バックアップデータは削除されない。
イメージをチェック

保存されたバックアップデータは EaseUS Todo Backup 独自の イメージファイル  .pbd  で保存されるので、バックアップ実行後は イメージデータが破損していないか チェックの実行を推奨。

EaseUS-Todo-Backup-030

ホーム画面 右上にある ツール から イメージをチェック を選択。

EaseUS-Todo-Backup-031

参照 で 作成した 拡張子 .pbd のイメージファイルを選択すると エラーチェックが実行される。

復元

バックアップデータの復元は EaseUS Todo Backup から実行するため、Widnows が正常に起動しない場合に備えて ブータブルディスク を作成する。

ブータブルディスクの作成

ブータブルディスク ( 起動ディスク ) のデータサイズは 500 MBくらいで、CD-R・DVD-R・USBメモリ が使用できる。

EaseUS-Todo-Backup-032

使用するメディアを パソコンにセットしてから、ホーム画面 右上にある ツール から ブータブルディスクの作成 を選択。

EaseUS-Todo-Backup-034

ISO ファイル・USB ドライブ・CD / DVD から使用するメディアを選択。

EaseUS-Todo-Backup-035

ダイアログが表示されるので「 作成 」で実行。

USB ドライブはフォーマットされるので ドライブ内のデータは全て消去される。
Win PE ( Windows Preinstallation Environment ) は Windows の機能を最小限に絞って CD / DVD や USBメモリから実行できるカスタマイズが可能な OS で、EaseUS Todo Backup で作成したブートメディアは EaseUS Todo Backup のみが実行可能になっている。

EaseUS Todo Backup で USBドライブ や CD / DVD の作成に失敗する場合は ISOを選択して ISOイメージファイルを作成し、USB ドライブは Rufas、CD / DVD は BurnAware Free などブートメディアを作成できるアプリを使用して作成する。

EaseUS Todo Backup からの復元

復元 は ファイルディスクOS で 作成した イメージファイルを展開する。

EaseUS-Todo-Backup-036

復元する タスク を選択して「 復元 」をクリックするか、参照元を復元 から 直接 イメージファイル を指定。

ファイル

ファイル / フォルダ は 復元するバージョン と 復元先 を指定して 復元を実行する。

EaseUS-Todo-Backup-038

復元するデータは 既存ファイルに 上書きすることも、別の場所を指定して保存することもでき、バックアップデータに含まれる 特定の フォルダ / ファイル を指定して復元することも可能。

ディスク

ディスク のバックアップデータは 復元するバージョン と モードを選択して 復元を実行する。

ダイナミックディスクのバックアップデータは ダイナミックディスクのみ復元可能で、ベーシックディスクは指定できない。

EaseUS-TodoBackup-039

ディスクパーティションモード
ディスク全体 や パーティションを指定して復元。
ファイルモード
バックアップデータに含まれている特定の フォルダ / ファイル を指定して復元。
同時に複数のディスクを バックアップ していても 復元時は 1つずつリカバリが必要。

EaseUS-TodoBackup-040

ディスクパーティションモード は 復元先 に ディスク や パーティション を指定。

バックアップデータが保存されている ディスクは 復元先 に指定できない。
高度なオプション には 復元先のディスクが SSD の場合に使用する SSDに最適化 、ディスクに不良セクタがあると疑われる場合に使用する セクタバイセクタ復元があり 必要に応じてチェックを入れる。

EaseUS Todo Backup Free-068

ディスク / パーティション の 復元 は 再起動が必要で、再起動時にディスクが上書きされる。

OS

OS のバックアップデータは 復元するバージョン と 復元先のディスクを選択する。

ダイナミックディスクのバックアップデータは ダイナミックディスクのみ復元可能で、ベーシックディスクは指定できない。
ブートメディアからの復元

Windows が不具合などで起動しない場合は 事前に作成した EaseUS Todo Backup のブートメディアを使用して バックアップから復元できる。

win10-cleaninst035

ブートメディアをセットしてパソコンを起動。

ブートメディアを読み込まない場合は UEFI / BIOS で ブート オプションを設定。

EaseUS032

ブータブルメディアが起動すると EaseUS Todo Backup のロゴが表示される。

EaseUS033

起動後にPCに接続されているドライブを検索し、保存されている EaseUS Todo Backup のイメージファイルを読み込んで表示するので、復元する バックアップ データを選択。

EaseUS068

再起動時にディスクが上書きされる。

EaseUS Todo Backup Home へのアップグレード

EaseUS Todo Backup Homeにアップグレードすると EaseUS Todo Backup Free で制限されていた機能が開放される。

Home で利用可能になる機能
クローン
データをバックアップファイルとして保存せずに 直接 ディスクへ書き込む機能。
システムの移行
ディスクや OS のバックアップファイルを使用して 新規 PC 用のシステムドライブを作成する機能。

ポータブルWindows USBドライブの作成
既存システムをコピーして Windowsが起動可能な USB ドライブを作成。

Outlookメールのバックアップ
Microsoft Office を利用している場合に Microsoft Outlook のメールをバックアップする機能。
・不要な一時ファイルをバックアップから除外
・処理速度の向上

・技術サポート

クローン 実行時は データ移行先のディスクは パーティションを削除して 未割り当ての状態にし、 システムディスクをコピーした場合は ドライブレターの問題があるため、クローンディスク以外の HDD / SSD を全て取り外して Windows を起動する。

EaseUS-TodoBackup-041

EaseUS Todo Backup Home には 1 ヶ月 / 1 年 のサブスクリプション と 新バージョンへ無償アップグレード可能な 買切りタイプの 永久ライセンス プランがある。

EaseUS Todo Backup Home 購入ページ

EaseUSBackup-home004

決済サービスは ドイツで創業した決済代行サービスで 日本法人もある クレバーブリッジ で、支払い方法は クレジットカードPayPalコンビニ決済 が利用可能。

EaseUS-TodoBackup-042

EaseUS Todo Backup Free の 右上にある カートアイコン から ライセンス認証 の画面を開き、決済完了後に メールで送信される ライセンスコードを入力して ライセンス認証 すると EaseUS Todo Backup Home が使用可能になる。

関連記事

EaseUS-Todo-Backup-icon

EaseUS Todo Backup Free のインストールと使い方

ドライブ や システムをバックアップする 無料のバックアップソフト EaseUS Todo Backup Free は 中国のソフトウェアベンダー CHENGDU YIWO Tech Co., Ltd. が開発しているバ […]

backupper-icon

AOMEI Backupper Standard のインストールと使い方

バックアップ の主要機能とスケジュール機能が無料で使用できる AOMEI の バックアップ 支援ソフト AOMEI Backupper Standard は 中国のソフトウェアベンダー AOMEI Technology […]

systools-gmail-backup-icon

SysTools Gmail Backup のインストールと使い方

Gmail や Googleカレンダー のバックアップツール SysTools Gmail Backup は Gmail で送受信したメール, Google カレンダー , 連絡先 , Google ドライブの バックア […]