Gmailの設定と使い方(基本操作編)

GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフリーのウェブメールの中でも操作性と機能性は群を抜いている。
Googleが開発したプラットフォーム Androidでデフォルトのメールアプリとして実装され、スマホの普及と同時にGmailも一気にメジャーになった。

ウイルスや迷惑メールの対策もできており、添付ファイルは受信時だけでなく、メールを開くたびにウイルススキャンが実行され、受信したメールがウイルスに感染している場合は、受信せずに送信者へ自動通知し、既存メールのファイルがウイルスに感染していると、そのファイルをダウンロードできなくなる。
また、迷惑メールのフィルタは秀逸で、受信トレイを埋める鬱陶しいメールと決別できる。

スマホやタブレットなどのAndroid端末は、Googleアカウントでひも付けされているGmailやGoogle Calendarなどがほぼ一体化しており、常に最新のデータへ複数端末からアクセスできるというクラウドアプリケーションの利便性が簡単に実現できるようになっている。

クラウド サービスの利用と基礎知識

2010年を迎えるあたりからユビキタスやらWEB2.0やら色々な言葉が出回り、それぞれ意味するところは微妙に異なっている … “クラウド サービスの利用と基礎知識” の続きを読む

システム要件

GmailがサポートしているブラウザはGoogle Chrome、Firefox、IE、Safariの最新版と、その1つ前のバージョンになる。
サポート外のブラウザを使用した場合は「簡易HTML形式」で表示され、この形式はほぼすべてのブラウザと互換性がある。

※ブラウザに関しては最新バージョンの使用を推奨。
※CookieとJavaScriptが有効になってることが前提条件。

簡易HTML形式の場合、「チャット」「スペルチェック」「キーボードショートカット」、「連絡先の追加と読み込み」「Fromアドレスのカスタマイズ」「リッチテキスト形式」がサポートされていない。

ソフトの入手先

モバイル版ならGoogle Playなどからアプリをダウンロードできるが、PC版には専用のアプリは存在せず、ブラウザからアクセスして使用する。



GOOGLEアカウント

Gmailを使用するにはGoogleアカウントが必須なので、アカウントを持っていない場合は、事前にGoogleアカウントを取得しておく。

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

使用方法

Outlook ExpressやThunderbirdなどのメーラーでは、メールをフォルダ分けすることで整理・管理していくが、Gmailにはフォルダという概念が存在せず、「ラベル」で整理していく。
フォルダ管理では同一メールを複数のフォルダに入れることはできないが、ラベルは同一メールに複数の属性を付与することができるため、柔軟な管理が可能になっている。
また、Google ChromeやGoogle ドライブなど、Googleが提供している他のクラウドサービスとの親和性も高く、使い勝手は非常に良い。

メールの受信 – Gmailへのアクセス

Gmailでのメール受信はGmailへアクセスした時点で行われ、Gmailにログインした状態でブラウザを開いていれば、新着メールは自動受信されるので、「受信」という操作は基本的に必要ない。

PCでGmailを使用する場合、Gmailにログインした状態(受信トレイを開いている状態)でブックマークに追加しておくのが一般的。

gmail001

ブラウザ起動時にGmailも同時起動させたいならインターネットオプション(IE)やオプション(Firefox)の設定で、受信トレイのURLを追加すればOK。

gmail002

Google Chromeを使用しているなら、ブックマークバーの「アプリ」、Googleのホームページ左上の「Gmail」リンクのほか、Google Mail Checkerなどの機能拡張からもアクセスできる。

gmail005

Chromeのアプリページに表示されているGmailのアイコンでコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を表示させ、「ショートカットを作成」を選択すると、デスクトップ上にGmailのアイコンをしたショートカットを作ることができ、AndroidのGmailアプリのように、Gmailをスタンドアローン(単独アプリ)として利用できるようになる。

受信トレイのタブ

Gmailはデフォルトで受信トレイのタブ表示が有効になっており、SNS系のメールやセールスメールなどを自動的に仕訳をしてくれる。

gmail037タブはデフォルトで「メイン」「ソーシャル」「プロモーション」の3種類が表示されており、フィルターのように設定を必要とせず、重要度の低いセールスメールなどが仕分けられるので、「メイン」のメールが格段に見やすくなる。
また、プロモーションタブでは上部に広告が表示される。

gmail038

タブは他に「新着」「フォーラム」があり、既存のタブも含めて設定を行うには、タブの右端にある「+」をクリック。

gmail039

表示された設定ウインドウで有効にするタブにチェックを入れて「保存」。
「メイン」以外のタブのチェックを外すとタブのない以前のスタイルになる。

gmail040

全てのタブを無効にした後、再び有効にする場合は、右上にあるギアのアイコンをクリックして「受信トレイを設定」でタブの設定画面が呼び出せる。

タブはフィルターと併用できるが、フィルターで受信トレイをスキップすると当然ながらタブには表示されない。
また、タブが有効だと「マルチ受信トレイ」が使用できないので、自分に合った設定の模索が必要かも。

メールの送信 – 新規作成

Gmailでメールを送信する際には、直接メールアドレスを入力する他、「Googleコンタクト」を利用する方法がある。
「Googleコンタクト」はクラウドタイプのアドレス帳で、GmailだけでなくAndroidであれば電話帳としても活用できるため、スマホ本体が破損しても連絡先が消失することがなく、新しいデバイスでもGoogleアカウントでログインするだけでアドレス帳にアクセスが可能。

新規メールを作成するには、Gmailの左上にある「作成」をクリック。

2013年3月末からデフォルトで新規メールの作成画面が、右端にポップアウトして張り付くようになった。
新規作成画面を完全にポップアウトするには、左上にあるコントロールボックスの矢印アイコンを「Shift」キーを押しながらクリックする。
普通に矢印アイコンをクリックすると新規作成画面が全画面表示される。

また、「設定」でショートカットをONすれば、「Shift + C 」で作成ウインドウが完全にポップアウトした状態で開くようになるが、IEなどChrome以外のブラウザを使用している場合は、ポップアップブロックの解除が必要。

gmail009

メールを送信する相手のメールアドレスは「To」に入力する。

Googleコンタクトにアドレスを登録している場合は、「To」をクリックするとアドレス帳が表示される。

Gmailはデフォルトで送信アドレスの自動登録と、オートコンプリート機能が有効になっているので、一度メールを送信した相手であれば、アドレスの先頭1文字を入力するだけで、氏名やアドレスの前方一致検索が行われ、候補が表示される。

「To」の右端に「Cc」と「Bcc」があり、それぞれをクリックするとメールアドレスを入力する欄が追加される。

メールの送信には「To」「Cc」「Bcc」の3通りがあり、「To」は宛先、「Cc」はカーボンコピー、「Bcc」はブラインドカーボンコピーで、それぞれ用途が異なってくる。

「To」へ入力するアドレスは、メールの内容がメール受信者宛であることを示しており、AさんにもB君にも同じ内容のメールを確認してほしい場合は、両者のアドレスを「To」に入力する。
その際、注意が必要なのは「To」に入力されたアドレスは、受信者が閲覧可能だということ。
時折、クライアントのアドレスを全て「To」に入れて一括送信してくる取引先があるが、これは完全にNG。
「To」に複数のアドレスを入力して一斉送信する際は、同じ社内やサークルなど受信者がお互いを知っている環境での使用が前提。

「Cc」はカーボンコピーという名の通り、本文の「写し」を送信するもので、お互いのやり取りを関係者に連絡する際に使用する。
そのためCcで届いたメールには基本的に返信する必要はない。
また、Ccに入力されたアドレスも、Toと同様に受信者全てがアドレスを確認することができる。
通常、Ccに入力した相手の名もメール本文に記載するのがマナーとされている。

「Bcc」は目隠しされたカーボンコピーということで、メール受信者には入力されたアドレスが見えない。
Toで送信するのが憚れる一斉送信など、メール受信者に知らせず、第三者と共有したい場合に利用する。

「件名」は本文の内容が把握でき、端的で分かりやすいものにする。
意外と「お世話になっております」などのタイトルで送ってくる人が多いのだが、ビジネスメールとしては非推奨。
また、社名や名前などをタイトルにしているのも多く見かけるが、これもメールアドレスの表示設定を行っていれば、タイトルに入力せずとも相手に表示される。

「本文」については改行と段落に注意して、相手が読みやすいように体裁を整える。

宛先と本文の入力を終えたらウインドウ下部の「送信」ボタンをクリックするか、「Ctrl + Enter」でメールが送信される。

メールの返信・転送

受信したメールへの返信や転送は、メール本文の下部で直接編集でき、初期設定でスレッド表示が有効になっているので、同一件名での送受信が1つのスレッドとしてまとめられる。

グループ化されたスレッドには送信者の後に送受信したメールの数が表示され、誰とどのような件名で何回メールをやり取りしたか分かるようになっている。

「返信」は受信メールの内容に関連している場合に使用し、内容が異なるなら件名を変更するのがマナー。
メールに限らず、自分がどのような使い方をしているかではなく、どのように伝えたら相手が分かりやすいかがポイント。

受信したメールに返信もしくは転送する場合は、メールの本文下にある「返信」または「転送」をクリックする。

受信メールの下に返信・転送用の本文が入力できるようになる。

「Shift」キーを押しながら「返信」または「転送」をクリックすると、新規作成と同様にポップアウトして右端に張り付く。

アドレス横にあるメニューリストから「返信をポップアウト」を選択すると、完全にポップアウトした形でウインドウが表示される。

返信の場合は件名に「Regarding(~について)」を略した「Re:」が付加され、転送は「Forward(転送する)」を略した「Fwd:」が付加される。

返信・転送いずれも元のメッセージの上に、自分のメッセージを入力していくので、同一件名でメールのやり取りを繰り返すと、メールが積み重なっていくイメージになる。

返信メールでは元のメッセージは隠れており、「…」をクリックするか、「メッセージ全体を表示」をクリックすると全文が表示される。

gmail029

受信メールの内容を引用した返信(インライン)は、ビジネスシーンでNGとされることが多いものの、場合によっては相手からインラインで返信するよう指示があったりするので、その時は元のメッセージを表示してから編集する。

インラインでの返信は、主に先方からの質問に回答するケースが多く、上図のような形式をインラインという事も覚えていたほうが良いかも。

gmail030

返信を転送に変更したり、件名を編集する際は、矢印アイコンをクリックして任意のメニューを選択する。

gmail031

返信メールにCcやBccを追加したり、転送メールで宛先(To)を追加する場合は、宛先の入力部分(上図赤枠部分)をクリック。

gmail032

新規作成時と同じフォームに切り替わるので、必要に応じて宛先やCcなどを任意で追加する。

自動保存と削除

新規作成や返信・転送メールは編集開始から数秒後にはメールの内容が自動保存される。
保存されたメールは「下書き」に入っており、「下書き」のメールをクリックするとポップアウトして編集状態になる。
まら、作成途中のメール(下書き)を破棄する場合は、「ゴミ箱」のアイコンをクリックする。

gmail035

以前は保存時にゴミ箱の横に「保存しました。」と表示されていたのだが、現バージョンでは文字が潰れて見えなくなっている。

メールの種類

メールには「リッチテキスト(HTML)形式」と「プレーンテキスト(TEXT)形式」の2種類があり、リッチテキスト形式だと文字色を変更したり、背景を入れたり、本文に画像を挿入したりと、ウェブサイトのような表現力のあるメールを作成できる。
一方、プレーンテキストは文字のみのシンプルなメールで、画像なども全て添付ファイルとして送信する必要がある。

ビジネスではプレーンテキストで送信するのが基本。
リッチテキスト形式は受信者の環境によっては正常に表示されない可能性があり、マルウェア感染のリスクが高まるため、受信者への配慮として通常はプレーンテキストを使用するのがベター。

送信メールをプレーンテキスト形式に変更するには、新規作成ウインドウの右下にあるメニューアイコンをクリックし、表示されるメニューから「プレーンテキストモード」を選択する。

ファイルの添付と書式設定

プレーンテキストモードで使用できるのはファイルの添付のみで、本文に画像を挿入したりリンクを挿入するためにはリッチテキスト形式を使用する必要がある。

「送信」ボタンの横から「書式設定」「ファイルを添付」「リンクを挿入」「絵文字」「Google Driveを使用してファイルを添付」「写真を挿入」「情報保護モード」になっており、プレーンテキストモードにしていても「ファイルを添付」以外のメニューを選択すると、自動的にリッチテキスト形式に変わる。
また、書式やリンクを設定してリッチテキスト形式になったものを、再度プレーンテキストに戻すと「ファイルを添付」以外のメニューは無効になる。

書式設定

フォントの種類やサイズ、装飾の他、インデントなどが設定できる。

書式設定は左から「フォントの変更」「文字サイズ」「太文字」「斜体」「アンダーライン」「文字色」「文字揃え」「番号付きリスト」「箇条書き」「インデントを減らす」「インデントを増やす」「引用」「取り消し線」で、最後が書式のクリア。

gmail015

書式を設定することで見やすく、表現力のあるメールは作成できるが、前述のようにビジネスではプレーンテキストが基本なので、リストや箇条書き、インデント、引用などは、通常入力で体裁を整えるのがベター。

ファイルを添付

メールの本文と同時に別のファイルを送信する機能。
ただし、実行ファイル(.exe)や実行ファイルを含んだzipなどの圧縮ファイル、マルウエアに感染しているファイルは添付できない。

Gmailに添付できるファイルの最大サイズは25MBで、単一ファイルで25MB以下、もしくは複数ファイルの合計が25MB以下なら送信できるが、一般的なプロバイダでは送受信できるメールサイズの上限は20MBで、実質的には14MB以下のため、10MBを超えるファイルはメールで送信しないのがマナーというか常識。

こちらが送信できるからといって、相手が受信できるわけではないことを知らず、「送った」「届いてない」のやり取りを繰り返し、果てに「メールの調子がおかしい」と言い出す人は案外多かったりする。

ビジネスでは添付ファイルのサイズは2MB程度が目安で、5MBが上限だと思って差し支えない。
それ以上のサイズは自項目の「Googleドライブ」か、「宅ふぁいる便」や「firestorage」などのファイル転送サービスを使用を推奨。

リンクの挿入

プレーンテキストではリンクは直接貼り付けることになるが、リッチテキスト形式ではウェブサイトと同様、文字列にURLをを埋め込むことができる。

gmail023

「表示するテキスト」にリンクを埋め込む文字列を入力し、リンク先にウェブページのURLを入力するなら「ウェブアドレス」にチェック、メールアドレスなら「メールアドレス」にチェックを入れて「OK」をクリック。

gmail024

リンクが埋め込まれた文字列が本文に挿入される。

絵文字

プレーンテキストでは使用できない絵文字も使用可能。

gmail025

Androidでもお馴染みの絵文字。

Googleドライブからファイルを挿入

Googleドライブに保存されているファイルを共有して送信する機能。
ファイルサイズが25MB以下であればファイルがメールに添付された形で送信されるが、25MBを超えるファイルはリンクのみが送信される。

Googleドライブ バックアップと同期のインストールと使い方

Googleドライブのデスクトップアプリが2018年3月で終了することが発表され、後継のアプリケーションとして、従来のデ … “Googleドライブ バックアップと同期のインストールと使い方” の続きを読む

gmail016

Googleドライブのアイコンをクリックすると、Googleドライブのマイドライブが開くので、添付するファイルを選択。

gmail017

ファイルが共有されていない場合はメッセージが出るので、権限を指定して「共有して送信」をクリック。

gmail018

「共有せずに送信」した場合、受信者がファイルを開くと権限を要求され、ファイルにアクセスすることができない。

「添付」と異なりGoogleドライブからのファイル挿入は実行ファイル(.exe)を含んだzipファイルも送信可能。ただし、Googleのプライバシーポリシーに反するファイルが送信できない。

写真の挿入

画像ファイルに関しては、「添付」ではなく「写真の挿入」を使用することで、インライン(本文への埋め込み)でメールを作成できる。

gmail019

Google+を利用していると、Google+で公開された画像の一部が「写真」というタブで表示される。
現在GoogleのウェブアルバムはPicasaからGoogleフォトに移行しており、Google+にアップした画像はGoogleフォトに格納されているが、移行前にアップしている画像は、Bloggerで使用している画像も含めPicasaに保存されており、閲覧・ダウンロード・削除が可能になっている。

gmail020

メールの本文に画像を表示させるには「インライン」、通常の添付ファイルとして送信するには「添付」を選択し、任意の画像を選んで「挿入」をクリック。
画像は複数選択が可能。

「アルバム」タブにはGoogleフォトに保存されている画像が表示され、「アップロード」はローカルに保存されている画像を選択すると、「インライン」もしくは「添付」の選択した状態で画像がメールに挿入される。

gmail021「ウェブアドレス」はすでにウェブ上にある画像のURLを指定して画像を挿入するもので、画像が表示されているページのURLではなく、画像のアドレスなので要注意。

gmail022

インラインで画像を挿入した状態。

挿入した画像を削除するには、本文に挿入された画像を選択し、表示されるメニューから「削除」。
また、画像選択時のメニューでは画像の表示サイズも変更できる。

情報保護モード

2018年4月のアップデートで実装された新機能で、メール本文の転送・コピー・ダウンロード・印刷の禁止と、メール本文の閲覧にパスコードを設定することができる。
保護する条件は個別指定することはできず、情報保護モードを使用すると「転送・コピー・ダウンロード・印刷」のすべてが制限され、指定した有効期限後はメールの本文や添付ファイルへのアクセスができなくなる。
また、情報保護モードで送信されたメールに返信すると、返信メールも情報保護モードが適用される。

Gmail同士であれば「SMSパスコードを使用しない」で送信すると、ダウレクトにメールを閲覧できるが、Gmail以外のアドレスではメールを開く際、パスコードをメールで受信する必要がある。

情報保護モードを使用する場合は、メールを送信する前に「情報保護モード」のアイコンをクリック。

有効期限:

有効期限はメール本文や添付ファイルにアクセスできる期間

期間は最短1日、最長5年になっており、任意の日時を指定することはできない。

有効期限が過ぎたメールは閲覧できなくなる。

パスコード:

パスコードは「SMSパスコードを使用しない」「SMSパスコード」の2択。

有効期限を設定した後、「SMSパスコードを使用しない」「SMSパスコード」のいずれかを選択して「保存」。

「SMSパスコード」を選択すると、メール受信者の携帯電話番号の入力画面になる。
当然ながら相手の電話番号が分からなければ使用できず、メール受信者がSMSを確認できる環境にあることが大前提。

電話番号を入力語、「送信」をクリックするとメールが送信される。

メール受信者が海外に在住している場合は、国旗のアイコンをクリックしてメール受信者が在住している国を選択。
一覧に表示されていない国は「情報保護モード」未サポートなので使用できない。

「SMSパスコードを使用しない」で「保存」すると、メール作成画面に戻るので「送信」をクリック。

「編集」をクリックすると再度「情報保護モード」の設定画面が開き、設定を編集できる。

「情報保護モード」で送信したメールには設定した有効期限が表示のほかに「アクセス権を取り消す」というリンクがあり、このリンクをクリックすることで設定した有効期限に関わらず、即座にメールへのアクセスを禁止することができる。

「SMSパスコード」が有効になっているメール受信すると「本人確認を行ってください」を表示されるので、「パスコードを送信」をクリック。

メール送信者が設定した電話番号宛にパスコードを記したSMSが送信される。

メールに戻り受信したパスコードを入力して「送信」するとメールにアクセスできる。

ちなみにパスコードで有効になるのはメールへのアクセスだけで、「情報保護モード」を使用していると「転送・コピー・ダウンロード・印刷」は使用できない。

Gmail以外のメールアドレス宛に送信する場合、「SMSパスコードを使用しない」に設定しても、メールへ直接アクセスすることはできず、「メールを表示」ボタンが表示される。

「メール表示」ボタンをクリックするとパスコードの送信画面になり、「パスコードを送信」すると、情報保護モードメールの受信アドレス宛にパスコードが送信され、パスコードを入力してメールへのアクセスが可能になる。

そのためGmail以外のアドレス宛に情報保護モードを使用する場合は、「SMSパスコード」を有効にしているのと、閲覧する手順に大差はない。
また、「SMSパスコードを使用しない」で本文へ直接アクセスできるのは、ドメインが「@gmail.com」のアドレスのみで、その他のドメインのアドレスをGmailで利用していても、パスコードの入力は必要になる。

サイドパネル

「情報保護モード」と同じく2018年4月のアップデート実装された機能で、デフォルトで「Google カレンダー」「Keep」「ToDoリスト」へのアクセスが分かりやすくなった。

これまでもGmailにGoogleカレンダーの表示や、ToDoリストへアクセスは可能だったが、サイドパネルに集約することでより分かりやすくなった。

「サイドパネル」の表示・非表示の切り替えは、サイドパネルの下部に表示されている「>」で可能。

Google ToDoリストの使い方

Googleのサービスは仕様変更や統廃合が激しいのだが、随分と前から存在していて、そこそこ便利な割には脚光を浴びることも … “Google ToDoリストの使い方” の続きを読む

Google カレンダーの設定と使い方

2017年10月にWEB版のデザインが一新されたGoogleカレンダーは、シンプルで使い勝手の良いスケジューラーで、Gm … “Google カレンダーの設定と使い方” の続きを読む

Googleコンタクトの利用

Googleコンタクトに予めアドレスや氏名を登録しておくと、メールの作成が格段に効率的になる。
Gmailでは初期設定で、メールを送信したアドレスがGoogleコンタクトの「その他の連絡先」へ追加され、追加されたアドレスはオートコンプリート機能が使用できるようになる。

Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方

Googleコンタクト(連絡先)はGmailに付随していたアドレス帳が進化したもので、Googleアカウントで紐付けされ … “Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方” の続きを読む

 

受信メールの送信先をGoogleコンタクトに追加するには、メールの右上にあるメニューアイコンをクリックしてドロップダウンリストを表示し、「連絡先リストに◯◯さんを追加」を選択。
ただし、メニューから追加しても「Myコンタクト」と「その他の連絡先」にアドレスが追加されるだけで、追加時に編集はできない。
相手先の名前などを編集は「連絡先」に切り替え、該当のメールを再編集する必要がある。

ラベルでの管理

Gmailではメールの整理にラベルを使用する。

フォルダ管理の場合、「取引先」というフォルダを作成してメールをフォルダに移動すると、そのメールへのアクセスは「取引先」フォルダに格納されてしまうが、ラベルを使用すると「取引先」のほかに「保留中」や「未処理」「至急」などの情報も追加できるため、膨大なメールを処理する上で非常に便利。

gmail041

ラベルを作成するには、受信トレイがある左のナビゲーションメニューの最下段にある「開く」をクリックし、隠れているメニューを表示させて「新しいラベルを作成」を選択。

gmail042

「新しいラベル名」を入力して「作成」。
ラベルは五十音順に表示されるので、任意の表示順にしたい場合は先頭の文字を数字にすればOK。

gmail043

ラベルはネスト(入れ子)することが可能で、先に作成したラベルの下位に新しいラベルを作成したい時は、新しいラベル名を入力後、「次のラベルの下位にネスト」にチェックを入れ、上位になるラベルを選択する。

gmail044

ネストされたラベルには「▶」が付き、クリックすると下位のラベルが表示される。

gmail045

作成したラベルの右端にカーソルを合わせて表示される▼をクリックすると、ラベルの色付けや文字の編集、ラベルの削除、選択しているラベルの下位にラベルを作成するなどのメニューが表示される。

gmail054

作成したラベルを付けるには、任意のメールにチェックを入れ、上部メニューの「ラベル」をクリックしてドロップダウンリストから選択。
「ラベル」の横にある「フォルダ」アイコンは「移動」で、選択したラベルや受信トレイ、ゴミ箱へメールを移動させる。
「ラベル」はメールにラベルを付けるだけで、「移動」はラベルを付けてアーカイブ(下記参照)する感じ。

メッセージリスト内の表示は、メールの一覧表示の際に、件名の先頭にラベルが表示されるもので、ラベルの色分けと次項目のフィルターをセットで使用するのがオススメ。

 検索とフィルターの利用 – メールの自動振り分け

Gmailの検索機能にはオプションが用意されており、From(送信元)・To(送信先)・件名のほか、任意の文字を「含む」「含まない」、添付ファイルありなど、細かな条件設定が可能。
また、この検索オプションはフィルター作成時の設定条件でもあり、受信メールのタイトルや送信者のアドレスなどで、ラベル分けや処理を自動化できる。

gmail047

フィルターの設定画面は検索用のテキストボックスにある▼をクリックして「検索オプションを表示」するか、フィルターを設定するメールを開き、右上の「矢印」アイコンをクリックしてドロップダウンリストを表示し、「メールの自動振り分け設定」を選択。

gmail046

検索テキストボックスが拡張し、フィルターの設定画面が開く。
フィルターの設定は「検索」と同じなので、「どの項目に」「どのような文字列」で検索するのか指定する。

From

フィルタの条件として最も多いのが送信元のメールアドレス。
メールアドレスは「アカウント@ドメイン」の構成になっており、「From」にはアカウントのみ、またはドメインのみを指定することが可能。

OOOO@XXXXXX.comという取引先からのメール全てに同じラベルを付ける場合は、「From」にXXXXXX.comを指定する。

ほとんどないケースだが、OOOOというアカウントで複数のドメインがあり、アカウントがOOOOという全てのドメインに同じラベルを付ける場合は、OOOO@と入力すれば、指定したアカウントに同じラベルを付けることができる。

To

Fromがメールの送信元を条件にしたことに対し、To はメールの送信先に対しての条件設定。

From と To で同じドメインを指定し、同じラベルをつけることでメールのやり取りが掴みやすくなる。

件名

日報など同じ件名で複数のメールが来る場合は、「件名」を指定してラベルを付ける。
検索は部分一致で抽出するため、指定した文字列が件名に含まれていればOK。

また、メールの件名または本文に一定の語句を「含む」もしくは「含まない」といった条件設定や添付ファイルの有り無しという条件設定も可能になっている。

その他の条件

「添付ファイルあり」にチェックを入れると、添付ファイルがあるメールのみが抽出される。

ハングアウトを使用してチャットをしている場合は、チャットの内容も検索対象に含まれるので、不要であれば「チャットを除外する」にチェックを入れる。

「サイズ」はメールのサイズによる条件設定で添付ファイルを含めたサイズ。

条件入力を終えたら、単にメールを検索するだけなら「虫眼鏡のアイコン」をクリックし、フィルターを作成する場合は「この検索条件でフィルターを作成」をクリック。

gmail048

検索条件に一致したメールを受信した際の設定画面が開くので、ラベルを付けたり、受信トレイをスキップしたり、好みの設定を行う。

すでに検索条件と一致しているメールが存在している場合は、「◯件の一致するレッドにもフィルタを適用する」という表示がでるので、過去のメールもフィルタの対象にする場合はチェックを入れて「フィルタを作成」をクリックして完了。

作成したフィルタの編集や削除はGmailの「設定」画面から行うことになる。

迷惑メール

Gmailの非常に優れた機能が強力な迷惑メールフィルター。
ほとんどのスパムメールはGmailが勝手に遮断するのだが、判断が微妙なセールスメールなどは、単に削除するのではなく「迷惑メール報告」をクリックすることで、Gmailが学習して同様のメールを迷惑メールとして処理するようになる。

gmail050

迷惑メール報告は任意のメールにチェックを入れ、上部メニューから「!」アイコンをクリックするだけ。

これだけの操作で次回から同様のメールを受信した場合、「迷惑メール」としてマークされ受信トレイをスキップする。

gmail051

迷惑メールはデフォルトでリンクが折りたたまれているので、表示するには左のナビゲーションメニューの最下段にある「開く」をクリックし、隠れているメニューを表示させる。

Gmailの迷惑メールは以前に比べると精度が格段に向上しているが、それでも稀に必要なメールが迷惑メールとして認識されることがあるため、定期的な迷惑メールのチェックを推奨。

gmail052必要なメールが迷惑メールとして認識されていた場合、迷惑メールから外すメールにチェックを入れ、上部メニューの「迷惑メールではない」をクリック。

アーカイブ

アーカイブとは複数のファイルを一つにまとめて記録保存するという意味があり、Gmailではチェックされたメールがそれぞれのラベルにまとめられ、受信トレイから消える。
仮にラベルを付けずにメールをアーカイブしたら、無印状態のため「すべてのメール」の中から探し出すことになる。

gmail053

メールのアーカイブは任意のメールにチェックを入れ、上部メニューから上図赤枠部分のアイコンをクリックするか、右クリックメニューから「アーカイブ」を選択。

メールの削除

Gmailはメールを削除した場合、従来のメーラーと同様でゴミ箱にメールが移動され、30日後に自動的に削除されるので要注意。

gmail055

メールの削除は任意のメールにチェックを入れ、上部メニューの「ゴミ箱」アイコンをクリックするか、右クリックメニューから削除を選択。

「その他」のメニュー

チェックしたメールを一括で「未読」「既読」にしたり、スレッドを非表示にするなどの操作はメニューリストで行う。

「その他」のメニューには、未読メールの場合は「既読にする」、既読メールの場合は「未読にする」操作のほか、重要マークやスターなどの任意の目印や、フィルターの設定画面呼び出し項目もある。

「ToDoリストに追加」はメールそのものをタスクとして表示させる機能で、ToDoリストに追加すると、サイドパネルのToDoリストが表示される。

ミュートについてはスレッドを非表示にするもので、単純に受信トレイからミュートにしたスレッドがアーカイブされるだけ。
ラベルが付いていればラベルからミュートにしたスレッドにアクセスでき、ラベルがついていなければ「すべてのメール」から探し出すことになる。
ミュートにしたスレッドには「ミュート」というラベルが表示され、受信トレイに移動することでミュートが解除される。





Webメール

Gmailの設定と使い方(基本操作編)

GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフ … “Gmailの設定と使い方(基本操作編)” の続きを読む

OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装してい … “OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法” の続きを読む

Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、 … “Gmailの設定と使い方(設定編)” の続きを読む





Google ToDoリストの使い方

Googleのサービスは仕様変更や統廃合が激しいのだが、随分と前から存在していて、そこそこ便利な割には脚光を浴びることもなく、廃止されることもない、いぶし銀のようなサービスがGoogle ToDoリスト。

Androidアプリでようやくリリースされたものの、PCバージョンのToDoリストはスタンドアローン(単体)で提供されておらず、GmailやGoogleカレンダーの一機能として動作する。
Google ToDoリストは、Gメールからのリスト作成や日時を定めたものがGoogleカレンダーに表示されるなど、GmailとGoogleカレンダーを横断して共有できるのが大きな特徴。

今後、GoogleはToDoリストに注力するようで、これまでネックだったGoogle カレンダーのリマインダーとも併用できるように改善され、2019年3月にはWeb版のみだがToDoリストで時間設定も可能になった。
ただ、ToDoリストそのものはEvernoteと同様、導入したからと言って何かが画期的に変わるわけではなく、ツールとして自分に合った使い方ができるかが大きなポイントになる。

システム要件

PC版のGoogle ToDoリストは、GmailまたはGoogleカレンダー上で操作するため、サポートしているブラウザはGoogle Chrome、Firefox、IE、Edge、Safariの最新版と、その1つ前のバージョンになり、CookieとJavaScriptは有効になってることが前提条件。

※ブラウザに関しては最新バージョンの使用を推奨。

GOOGLEアカウント

Googleカレンダーを使用するにはGoogleアカウントが必須なので、アカウントを持っていない場合は、事前にGoogleアカウントを取得しておく。

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む



使用方法

ToDoリストはタスク(やるべき事)をリストアップするだけでなく、リストアップしたタスクを優先度・時間配分などを考慮して整理することで、オーバーフローも可視化でき、リスケをしたり、タスクを切り捨てたり、他に振ったり、残業したりと、やるべき事だけでなく、「できない事」への対処も可能になる。

Google ToDoリストには「リスト」と「タスク」があり、タスクはリスト間を移動できるので、例えば「仕事」「プライベート」というリストを作成して、各リストにそれぞれタスクを追加したり、「優先」「重要」「保留」という優先順位リストを作成し、タスクを振り分けるような使い方ができる。

Gmail版 Google ToDoリスト

Gmailでは2018年4月にリリースされた新デザインに変更すると、Google ToDoリストがAndroidアプリと同じスタイルで利用でき、使い勝手に雲泥の差が出るので、ToDoリストを使用する場合は新デザインへの変更を強く推奨。

Gmailの新しいデザインに変更するには、「ギア」アイコンをクリックし「新しいGmailをお試しください」をクリック。

Gmailの右側に「Googleカレンダー」「Keep」「ToDoリスト」のアイコンが表示されるので、一番下にある「ToDoリスト」のアイコンをクリック。

Androidアプリと同様、縦長のスタイルでGoogle ToDoリストが表示される。

はじめて起動した場合は「使ってみる」をクリック。

ToDoリストが使用可能な状態になる。

「リスト」は上部の「ToDoリスト」に表示され、ドロップダウンメニューでリストを切り替える。
デフォルトでは「マイタスク」と「(メールアカウント)さんのリスト」の2つ登録されており、「新しいリストを作成」でリストを追加できる。

「リスト」の名前を変更するには、変更するリストを表示した状態で、右上の「︙」をクリックして「リストの名前を変更」を選択。

ウインドウがでるので任意の名前を入力して「完了」。

「新しいリストを作成」でも同様にリストの名前を入力して「完了」。

既存のリストを削除する場合は、削除するリストが表示されている状態で、「︙」メニューの「リストを削除」を選択。
ただし、デフォルトで「マイタスク」という名前のリストは、リスト名を変更しても削除はできない。

タスクは並べ替えが可能だが、リストは並べ替えができないので、リスト名の変更は慎重に。

タスクは「+タスクを追加」をクリックし、追加するタスクのタイトルや内容を入力するだけ。

タスクを別のリストに移動したり、期限を追加するには、タスクの右にある編集アイコンをクリックする。

タスクのタイトルには1000字くらいは普通に入力できるが、編集画面には追加の入力スペースとして「詳細を追加」が用意されている。

タスクを別のリストに移すには、「リスト名」のドロップダウンリストから移動先のリスト名を選択するか、タスクにマウスオーバーした状態で右クリックしてコンテキストメニューから選択。

 

タスクの開始日時を指定する場合は「日時を追加」をクリック。

時間設定が可能になる前は「期限を追加」という表記で、「タスクを完了させる期限」を設定していたが、時間設定が可能になり現在は「日時を追加」になっている。

カレンダーが表示されるので日付や時刻を設定。
「繰り返し」をクリックするとタスクの繰り返し設定も可能で、タスクにマウスオーバーしてコンテキストメニューからも日時の追加や変更ができる。

時刻設定の箇所が「開始時刻」になっているので紛らわしいが、本来のToDoリストはタスク管理が目的のため、設定する日時はあくまでも「締切日時」にすべきで、開始日時は普通にGoogleカレンダーで予定を作成すれば事足りる。

タスクの並び替えは右上のメニューで変更できる。

デフォルトでは「指定した順序」になっており、タスクはドラッグ・アンド・ドロップで並べ替えが可能。

並び替えを「日付」にすると、期限順でタスクが並び替えられ、期限のないタスクが最後尾になり、ドラッグ・アンド・ドロップでの移動はできない。

完了したタスクは先頭の◯にマウスオーバーするとチェックマークに変わるので、その状態でクリックすると「完了済み」になる。

完了済みにしたタスクは、リストの下部の「完了済み」に移動するので、完全に削除する場合は「完了済み」をクリックしてタスクに表示されるゴミ箱アイコンをクリックする。
また、完了済みに移動したタスクのチェックを外すと、未処理のタスクとして再びリストに表示される。

既存のタスクを「完了」ではなく「削除」する場合は、タスクの編集画面にあるゴミ箱アイコンをクリックするか、タスクにマウスオーバーした状態で右クリックしてコンテキストメニューから「削除」を選択。

タスクを削除するとToDoリストの下部に一定時間「元に戻す」と表示されるので、誤って削除した場合は「元に戻す」をクリックすればタスクが復活する。
ただし、表示が消えてしまうとタスクは完全に削除されて復元できない。

タスクには「サブタスク」を追加することもできる。
タスクにマウスオーバーしてコンテキストメニューから「サブタスク」を選択しても追加が可能。

追加されたサブタスクはネストされて表示されるので、1つのプロジェクトに関してのタスクをまとめることができる。

Gmailではメールを直接ToDoリストに追加することも可能で、追加するメールにチェックを入れ、上部の「︙」メニューアイコンから「ToDoリストに追加」を選択。

メールのタイトルがタスクと表示され、該当メールへのリンクが追加されるので、処理が必要なメールをダイレクトにタスクとして追加することができる。

Googleカレンダー版 Google ToDoリスト

Googleカレンダーはデフォルトでリマインダーが表示されているため、ToDoリストを表示するにはリマインダーからの切り替えが必要。

Googleカレンダー リマインダーとToDoリスト

GmailのToDoリストと同期しており、期限付きのタスクがカレンダーに表示されるものの、ToDoリストデザインは以前と変わっていないので、操作性はあまりよろしくないが、リストの追加や編集、タスクの追加、サブタスクなど、Gmail版のToDoリストでできることは全て操作可能。

スタンドアローンとして提供されているAndroid版のGoogle ToDoリストも、PC版と同じ操作で利用できるため、併用すると使い勝手が格段に向上する。

Android版 Google ToDoリストの使い方

ようやくAndroidアプリとしてスタンドアローンでリリースされたGoogle ToDoリスト。 アプリがリリースされる … “Android版 Google ToDoリストの使い方” の続きを読む





Google関連サービス

Gmailの設定と使い方(基本操作編)

GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフ … “Gmailの設定と使い方(基本操作編)” の続きを読む

Google ToDoリストの使い方

Googleのサービスは仕様変更や統廃合が激しいのだが、随分と前から存在していて、そこそこ便利な割には脚光を浴びることも … “Google ToDoリストの使い方” の続きを読む

Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方

Chromeアプリとして提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、GoogleアカウントとGoogle Ch … “Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方” の続きを読む

Google カレンダーの設定と使い方

2017年10月にWEB版のデザインが一新されたGoogleカレンダーは、シンプルで使い勝手の良いスケジューラーで、Gm … “Google カレンダーの設定と使い方” の続きを読む

Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方

Googleコンタクト(連絡先)はGmailに付随していたアドレス帳が進化したもので、Googleアカウントで紐付けされ … “Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方” の続きを読む





Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方

Chromeアプリとして提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、GoogleアカウントとGoogle Chromeでリモート環境を実現する無料アプリ。
WindowsのリモートアシスタンスやSplashTopの有料版と同様、ブラウザにリモート接続したPCのデスクトップが表示され、マウスやキーボードを使用しての操作が可能になる。

Chromeリモートデスクトップはクロスプラットフォームで提供されており、Windows・Mac・Linuxのほか、Android、Chromebookで利用できる。
ただし、ChromebookとAndroidアプリはクライアントのみで、ホストでの利用はできない。

もともと「Chromeウェブストア」の「アプリ」で提供されていたが、PWA(Progressive Web Apps)へ移行するため、2017年12月にChrome OS以外の環境でChromeウェブストアからアプリのセクションが削除されたので、現在はChromeリモートデスクトップのページに直接アクセスが必要。

システム要件

Google Chromeが動作する環境

ソフトの入手先

Chromeウェブストア Chromeリモートデスクトップ ダウンロードページ



Chromeリモートデスクトップのインストール

パソコンでChromeリモートデスクトップを利用する場合は、まずChromeブラウザがインストールされている事が大前提。

Google Chromeのインストールと使い方

Google Chrome(グーグル クローム)はGoogleが開発した、シンプルに徹したタブブラウザ。 コンセプトは「 … “Google Chromeのインストールと使い方” の続きを読む

ブラウザにChromeを使用して「Chromeリモートデスクトップ」ダウンロードページを開き、右上にある「Chromeに追加」をクリック。

アクセス権限が標示されるので「アプリを追加」をクリック。

Chromeアプリに追加されたら完了。

使用方法

Chromeリモートデスクトップには、SplashTopのように「リモートされる側(ホスト)」と「リモートする側(クライアント)」の区別はなく、ホストにもクライアントにも同様にChromeブラウザをインストールして、Chromeリモートデスクトップのアプリを追加。
ホスト・クライアントともに同じGoogleアカウントでログインすれば下準備は完了。

リモートアクセスはホストが起動していないと利用できないので、ホストになるPCは常時起動させておくか、Wake On Lanを設定して外部からの起動を可能にしておく必要がある。

Windows10の Wake On Lan (WOL)設定

Wake On Lan(WOL)はスリープ状態やシャットダウンしているパソコンに対して、マジックパケットと呼ばれる信号を … “Windows10の Wake On Lan (WOL)設定” の続きを読む

Chromeブラウザの「アプリ」から「Chromeリモートデスクトップ」を起動して、「マイコンピュータ」の「利用開始」をクリック。

「Chromeリモートデスクトップを使用してこのパソコンにアクセスするには、リモート接続を有効にする必要があります。」と表示されている箇所で「リモート接続を有効にする」をクリック。

「Chromeリモートデスクトップ ホストインストーラーのダウンロード」のウインドウが開くので、利用規約を確認後、「同意してインストール」をクリック。

アクセスする際に必要なPINの設定。
任意の6桁の数字を入力して「OK」。

これでリモート接続が有効になる。
同様の操作をホスト・クライアントに実行。

利用可能なホストが表示されるので、リモート操作するPCをクリック。
設定したPINを入力して「接続」。

「このデバイスからこのホストに接続するときにPINの再入力を求めない。」のチェックボックスにチェックを入れると、次回の接続からPINの入力が省略される。

接続が確立されると全画面でホストのデスクトップが表示されるので、後は普通にマウスとキーボードで操作するだけ。

ホストがツインディスプレイの場合は、ディスプレイを配置している側の端にカーソルを持っていくと画面がスライドする。
メイン画面に戻す場合も、カーソルを逆の端に持っていく。

Chromeリモートデスクトップ本体の操作はシンプルで、右上にカーソルを持っていくと、格納されているメニューが表示される。
左から「オプション」「切断」「最小化」「全画面終了」「閉じる」。

「オプション」も特に設定するところもなく、利用するのはホストを強制終了する「Ctrl + Alt + Del」と、スクリーンショットを撮る「PrtScn」のコマンドくらい。

ホストを操作中はキーボードで入力でき、コピー・アンド・ペーストや全選択などのショートカットキーも有効だが、「Ctrl + Alt + Del」と「PrtScn」キーは無効なので、オプションからコマンドを送信する必要がある。





リモートデスクトップ

Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方

Chromeアプリとして提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、GoogleアカウントとGoogle Ch … “Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方” の続きを読む

Splashtopのインストールと使い方

SplashtopはPCをリモート操作するアプリで、母艦となるサーバまたはパソコンには「Streamer」というプログラ … “Splashtopのインストールと使い方” の続きを読む





Google カレンダーの設定と使い方

2017年10月にWEB版のデザインが一新されたGoogleカレンダーは、シンプルで使い勝手の良いスケジューラーで、Gmailとともに代表的なGoogleのクラウドアプリケーションでもある。

もともとはブラウザでアクセスして利用するものだったが、スマホの普及によりアプリが提供され、PCとスマホでスケジュールを共有でき、リマインダーや簡単なToDoリストも備わっているので何かと重宝する。

ただ、スケジュール管理は置かれている状況や環境によって使い方が異なるので、自分なりの使い方を模索する必要があったりする。

システム要件

GoogleカレンダーがサポートしているブラウザはGoogle Chrome、Firefox、IE、Edge、Safariの最新版と、その1つ前のバージョンで、CookieとJavaScriptは有効になってることが前提条件。

※ブラウザに関しては最新バージョンの使用を推奨。

ソフトの入手先

モバイル版ならGoogle Playなどからアプリをダウンロードできるが、PC版には専用のアプリは存在せず、ブラウザからアクセスして使用する。

Googleカレンダー



GOOGLEアカウント

Gmailを使用するにはGoogleアカウントが必須なので、アカウントを持っていない場合は、事前にGoogleアカウントを取得しておく。

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

使用方法

PCでGoogleカレンダーを利用する場合は、Gmailと同様にブラウザでGoogleカレンダーへアクセスする。

※2017年11月現在、Googleカレンダーは旧デザインと新デザインが選択可能で以下は全て新デザインの画像。
旧デザインから新デザインへは従来のカレンダーに表示されている「新しいカレンダーを試す」をクリックすると更新される。
元のデザインに戻す場合は、右上のギアアイコンから「従来のカレンダーに戻す」を選択。

カレンダーへはGoogleのトップページ「https://www.google.co.jp/」の右上に表示されるメニューから選択するか、直接「https://calendar.google.com/」にアクセスする他、使用しているブラウザのプラグインやアドオンなどでGoogleカレンダーを追加することも可能。

Google Chromeを使用しているなら「アプリ」からもアクセスできる。

PCでカレンダーを使用する場合、Googleカレンダーにログインした状態でブックマークに追加しておくのが一般的。

Google Chromeはカレンダーを開いた状態で、タブのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「タブを固定」、Firefoxの場合は「タブをピン留め」しておくと便利。

カレンダーの表示形式

Googleカレンダーは「日」「週」「月」「年」「カスタム」の表示形式があり、デフォルトではカスタムビューは「4日」になっている。

「日」「週」「4日」の場合は縦にタイムラインが表示され、「月」「年」は紙のカレンダーと同じ表示になる。

「週末を表示する」のチェックを外すと土曜日と日曜日が非表示なる。

「週」の場合は「週末を表示する」にチェックが入っていると、日曜日始まりで土曜日までが表示され、「今日」の箇所は色付きで、現在の時間が赤いラインで示される。
一方、カスタムビューで7日に設定すると、今日から先7日間が表示される。

全般設定とGmailからの自動登録

カスタムビューや通知のオンオフ、タイムゾーンなど、カレンダー全体の設定は「全般設定」で行う。

カレンダーの右上にある「ギア」アイコンをクリックして「設定」を選択。

デフォルトではGmailからフライトの予定などが自動的に追加される設定になっているので、不要であれば「Gmailからの予定」の「自動的に追加」にチェックを外しておく。

現在のところGmailから追加される予定は、全てデフォルトのメインカレンダーに登録され、登録された内容の変更はできないので、編集が必要な場合は自動登録された予定を「その他の操作」で他のカレンダーへコピーし、自動登録された予定を削除するという手間がかかるものの、はじめから入力するよりは効率的かも。

予定の作成

予定の作成は予定を追加する日時の箇所をクリックするか、右下の「+」アイコンをクリック。

予定を追加する日時の箇所をクリックすると、タイトルと時間のウインドウが開くので、タイトルに予定を入力し、任意の時間を設定したら「保存」。
※リマインダーについては後述

入力ウインドウの「その他のオプション」もしくは「+」アイコンをクリックすると、「繰り返し」「場所」「通知」「公開設定」「説明」などが編集できる。
また、作成した予定をダブルクリックしても詳細画面が開く。

「繰り返し」は毎日・毎週・毎月・毎年のほか、カスタム設定で隔週など反復する予定の場合、その都度入力せずとも設定した終了日まで予定が自動入力される機能。

デフォルトで「繰り返さない」になっている箇所のドロップダウンリストから「カスタム」を選択すると、繰り返しの終了日や繰り返す回数、隔週の設定が可能。

「場所の追加」は住所を入力するほか、ランドマークを入力すると住所が自動表示される。

場所を追加しておくと、予定をクリックして表示されるウインドウに情報が追加され、先頭のアップアイコンをクリックするとGoogleマップが開く。

初めての訪れる場所など、事前に場所を追加しておくと、現地で場所がわからない時、スマホで目的地を表示させて経路を調べることができるので結構便利。

「ビデオハングアウトを追加」を有効にすると、予定に「ハングアウト」が追加され、クリックするとビデオ通話が開始する。

ハングアウトを利用したビデオ会議など、組織的にGoogleのグループウェアを導入している際に使用する項目。

「通知」は指定した日時にメッセージかメールを送信するリマインダー機能。
デフォルトでは30分になっているが、任意の時間に変更が可能で、オフにする場合は「✕」で削除する。

「通知」はブラウザのメッセージと、スマホでもGoogleカレンダーを利用していた場合はプッシュ通知で表示され、「メール」にすると指定日時に予定を告知したメールを受信する。

ブラウザを閉じた状態では通知を確認できないので、通知はあくまでもスマホでGoogleカレンダーを利用していることが前提。
PCで予定を告知を行う場合はメールを推奨。

追加するカレンダーと表示するカラーを選択。

デフォルトではカレンダーは1つで、アカウントで使用しているメールアドレスが表示される。

ブリーフケースのアイコンで、「予定あり」「デフォルトの公開設定」になっている項目は、カレンダーを共有設定している場合に使用するもので、予定の内容を閲覧する権限がない共有ユーザーに対して、入力した予定を「予定あり」と表示するのか「予定なし」と表示するのか指定する。
公開設定に関してはデフォルトで「非公開」になっているので、他のユーザーと共有するには後述の共有設定が必要になる。

説明欄はフリースペースなので、予定に関連した情報などの入力に使用する。

カレンダーの追加

デフォルトで設定されているカレンダーは、「マイカレンダー」として「自分のアカウント」と「リマインダー」「誕生日」と、「他のカレンダー」として「日本の休日」があり、カレンダーは追加が可能。

カレンダーは予定作成時に色分けができるので、1つのカレンダーでも分類は可能だが、他のユーザーと共有したり、仕事とプライベートを区別するなど、複数のカレンダーを使い分けると管理がし易い。

「友達のカレンダーを追加」では、Googleカレンダーと同一アカウントのGoogleコンタクトにメールアドレスが登録されている人が表示されるが、当然ながら本人からカレンダーの閲覧権限を付与されない限り、追加することは出来ない。

また、カレンダーのチェックを外すと、該当のカレンダーが非表示なる。

新しいカレンダーを追加する場合は、「友達のカレンダーを追加」の横にある「+」をクリックし、表示されるメニューから「新しいカレンダー」を選択。
または、カレンダー右上の「ギア」アイコンから「設定」を選択し、左ナビゲートメニューから「カレンダーを追加」→「新しいカレンダー」を選択。

ウインドウが開いたら「名前」にカレンダーのタイトルを入力し、任意でカレンダーの説明を加えて、「カレンダーを作成」をクリックすると、作成したカレンダーが「マイカレンダー」に追加される。

自身のアカウント名になっているカレンダーの表示を変更するには、「マイカレンダー」のカレンダーにマウスオーバーした際に表示される「︙」をクリックし、メニューから「設定と共有」を選択。
また、このメニューで該当カレンダーの基本色を変更できる。

「新しいカレンダー」作成時と同じウインドウが開くので任意の名前に変更。
変更は自動保存される。

編集が完了したら左上にある「設定」横の「←」をクリックしてカレンダーに戻る。

追加したカレンダーは予定作成時にリスト表示され、選択したカレンダーに予定が追加される。
そのため上図の「Works」を共有し、「Personal」が非公開の場合、Personalに追加した予定を閲覧できるのは自分のみになる。

リマインダーとToDoリスト

Googleカレンダーには「リマインダー」か「ToDoリスト」を追加でき、デフォルトではリマインダーが設定されている。

リマインダーとは「お忘れ防止通知」のことで、通常の予定は実行しようがしまいが関係なく、指定時間が過ぎると自動的に完了してしまうが、Googleカレンダーのリマインダーは「完了」にしない限り毎日表示されることになる。

一方のToDoリストは仕事効率化では欠かせない「やることリスト」。
やるべきことを常にリストアップし、優先順位を変更させることで、今やるべきこと、次にやるべきことを確認できる、シンプルなビジネスツール。

リマインダーもToDoリストも「やるべき事」の予定という点は同じなので、後はどちらが自分のスタイルに合っているかの問題。

リマインダーとToDoリストを切り替えるには、「マイカレンダー」の「リマインダー」にマウスオーバーし、表示される「︙」をクリックして、メニューから「ToDoリストに切り替える」を選択。

リマインダーを追加するには、カレンダーの空いてる時間枠をクリックし、開いたウインドウの「予定」を「リマインダー」に変更して、タイトルと時間を入力して「保存」。
作成したリマインダーはPCのGoogleカレンダーでも、スマホのGoogleカレンダー アプリでも表示される。

通常の予定のようにカレンダーの「+」や「詳細オプション」の編集画面はなく、登録された「予定」を「リマインダー」に変更することもできない。

リマインダーは「完了」にしないと翌日に繰り越されるため、予定が終了したら該当のリマインダーをクリックし、表示されるウインドウの「完了」をクリック。

完了したリマインダーは「完了済み」として時間枠外に表示される。

カレンダーをToDoリストに切り替えた場合、ToDoリストは右枠にあるタブをクリックして表示する。

ToDoリストはタイトルだけの入力でも可。
期限を指定する場合は「>」をクリック。

期限の指定とフリースペースが表示されるので任意で入力。

ToDoリストの期限は日付のみ指定でき、時間の指定は不可。
期限を指定したToDoリストは、期限日の時間枠外に表示される。

ToDoリストはGmailと共有できるものの、スマホのアプリではGoogleカレンダー、Gmailともに表示されないデメリットがある。

Googleコンタクトの誕生日

マイカレンダーの「誕生日」カレンダーは、Googleコンタクト(連絡先)と連動しており、Googleコンタクトに登録した人の誕生日、もしくは登録した人がGoogle+で公開している誕生日がカレンダーに表示される。

誕生日カレンダーの設定を変更するには、誕生日カレンダーにマウスオーバーし、「︙」をクリックしてメニューから「設定」を選択。

表示する誕生日を「Google+と連絡先」にするか「連絡先のみ」にするか選択できる。

Googleコンタクト(連絡先)に誕生日が入力されていると自動的に表示されるので、うっかり忘れてしまうのを防止できたりする。

カレンダーの共有と統合

カレンダーの共有には「一般公開」「限定公開」があり、他のアプリケーションからのアクセスやウェブページへの埋め込みなどのコードも取得できる。

共有設定はマイカレンダーから共有するカレンダーにマウスオーバーし、メニューから「設定と共有」をクリック。

カレンダーを一般公開するには、「一般公開して誰でも利用できるようにする」にチェックを入れ、閲覧権限を選択するだけ。

一般公開なので、共有するカレンダーが自身のアカウント(最初から登録されているカレンダー)のものは、自分のメールアドレスをGoogleコンタクトに登録しているユーザーが、「友達のカレンダーを追加」で簡単に追加できるので、公開設定するカレンダーの選択は慎重に。

通常、一般公開する場合は共有用に新しく追加したカレンダーを使用し、「共有可能なリンクを取得」からカレンダーへアクセスするURLを取得し、カレンダーを共有する相手にURLを教えるのが定石。

共有カレンダーのURLを入手したら、直接ブラウザで開くことができ、自身のGoogleカレンダーに取り込む場合は「マイカレンダー」の「友だちのカレンダーを追加」のメニューから「URLで追加」を選択し、URLを入力して「カレンダーを追加」をクリックすれば、「他のカレンダー」に追加される。

カレンダーを一般公開せず、特定の人物と共有するには、「特定のユーザーと共有」の項目にある「ユーザーを追加」をクリックし、共有する相手のメールアドレスを入力し、付与する権限を選択して「送信」。

送信したカレンダーは相手のGoogleカレンダーの「他のカレンダー」へ自動的に追加される。

一方的に自分のカレンダーを相手に送信できるが、カレンダーが勝手に追加された相手は該当カレンダーを「✕」で登録解除することが可能。

「カレンダーの統合」では一般公開しなくてもカレンダーにアクセス可能なURLの取得や、ウエブページにカレンダーを埋め込むiframeのコード、サードパーティ製のアプリからカレンダーにアクセスを可能にするURLなどが取得できる。





Google関連サービス

Gmailの設定と使い方(基本操作編)

GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフ … “Gmailの設定と使い方(基本操作編)” の続きを読む

Google ToDoリストの使い方

Googleのサービスは仕様変更や統廃合が激しいのだが、随分と前から存在していて、そこそこ便利な割には脚光を浴びることも … “Google ToDoリストの使い方” の続きを読む

Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方

Chromeアプリとして提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、GoogleアカウントとGoogle Ch … “Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方” の続きを読む

Google カレンダーの設定と使い方

2017年10月にWEB版のデザインが一新されたGoogleカレンダーは、シンプルで使い勝手の良いスケジューラーで、Gm … “Google カレンダーの設定と使い方” の続きを読む

Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方

Googleコンタクト(連絡先)はGmailに付随していたアドレス帳が進化したもので、Googleアカウントで紐付けされ … “Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方” の続きを読む





Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方

Googleコンタクト(連絡先)はGmailに付随していたアドレス帳が進化したもので、Googleアカウントで紐付けされた各サービスで共用できる。

Androidを搭載したスマホでは電話帳として利用でき、クラウド型のメリットとして、スマホが破損してデータ復旧が不可能になっても、新しいスマホでGoogleアカウントにログインすることで電話帳が復旧する。

システム要件

Gmailと同様なので、サポートしているブラウザはGoogle Chrome、Firefox、IE、Safariの最新版と、その1つ前のバージョンになる。

※ブラウザに関しては最新バージョンの使用を推奨。
※CookieとJavaScriptは有効になってることが前提条件。

Googleコンタクトに登録できる連絡先は最大25,000件で、容量は20MB(写真は含まず)。
連絡先に登録できるフィールドは最大で500個、「メモ」を除く各フィールドの最大文字数は1024になっている。

ソフトの入手先

PCで利用する場合は専用のアプリは存在せず、

ブラウザからアクセスして使用する。



GOOGLEアカウント

Googleコンタクトを使用するにはGoogleアカウントが必須なので、アカウントを持っていない場合は、事前にGoogleアカウントを取得しておく。

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

使用方法

2015年3月に「連絡先」が刷新されて「コンタクト」になり、更に「Google連絡先」に名称が変わったが、元の「連絡先」がアップグレードして「コンタクト」になったわけではなく、「連絡先」をベースにして今っぽく表示(プレビュー)したのが「コンタクト」で、コンタクトだと分かりづらいので「Google連絡先」になった感じ。
そのため「コンタクト(Google連絡先)」には「プレビュー版」という表記があり、プレビューを終了すると「連絡先」が表示される仕様になっている。

以下、名称がややこしいので旧バージョンを「連絡先」、新バージョンは「Google連絡先」ではなく「コンタクト」にしている。

「コンタクト」はPC版もAndroid版もほぼ同じ仕様で、「連絡先」と比較すると「敬称」などの項目が割愛され、よりシンプルで使いやすくなっており、ほぼ「連絡先」の存在は無視してもよいのだが、登録したデータのインポートやエクスポートなど、「連絡先」からしか実行できない機能もある。

Androidアプリの「連絡帳」については下記を参照。

Android版 連絡帳とGoogle連絡先(コンタクト)

Googleコンタクトは、Androidで「連絡帳」、PC版では「Google連絡先」という表記になっており、Googl … “Android版 連絡帳とGoogle連絡先(コンタクト)” の続きを読む

contact001

「コンタクト」へアクセスするにはGmailの左上にあるドロップダウンリストから「連絡先」を選択。

contact002

初回アクセス時のみ「コンタクト」の特徴が表示される。
デフォルトで「プレビュー版」が表示される。

contact003

大きな特徴が「ユーザー自身が公開している詳細情報も表示」されること。

これはGoogle+で公開設定にしている項目やプロフィール画像など、ユーザー自身が公開設定している項目は、メールアドレスなどから紐づけされ、連絡先カードに追加される。

連絡先の登録

連絡先の登録そのものは他のアドレス帳と変わりない。

GmailやアプリからGoogleコンタクトへアクセスし、新規登録する場合は、Androidの連絡帳で見かける をクリック。

登録カード開く。
名前が空欄でもメールや電話番号など、1項目でも入力されていればカードは保存可能。

登録は必要項目を重力して「保存」するだけ。
基本項目のみ場合、「名前」順で並び替えが行われるので、漢字の場合は五十音で「他」の扱いになり、並びも正確ではないため、「ふりがな」を入力したほうが見やすくなる。
ただし、「連絡先名」を入力すると、「ふりがな」よりも並び替えで優先されるので注意が必要。

「もっとみる」をクリックすると縦スクロールが可能になり、「フリガナ」「ニックネーム」「連絡先名」「誕生日」「日付」「ウェブサイト」「パートナー関係」「IM」「インターネット通話」「カスタムフィールド」が追加される。

「連絡先名」は旧バージョンで「並べ替えに使用する名前」と表記されていたもので、実際に表示される名称になる。
姓名で「田中某」、連絡先名を「XX商事 田中」とすれば、連絡先には「XX商事 田中」と表示され、並び替えの際に最優先項目になる。

連絡先の修正

連絡先の修正は一覧画面から行う。

一覧画面で修正する連絡先へマウスカーソルを合わせると、右側に編集を意味するペンのアイコンが出現するので、それをクリックすると連絡先登録時のウインドウが表示される。

連絡先の削除と除外

大きく改善されているのが連絡先の削除と除外の項目で、以前の表記よりも格段にわかりやすくなった。
もともと「連絡先」の「My コンタクト」が、プレビュー版では「すべての連絡先」と表記され、削除コマンドも「すべての連絡先リストから削除」と「削除」だったため、意味合いが混同しがちだった。
そもそも「すべての連絡先」が「登録された連絡先全て」ではない時点でややこしかったが、現バージョンでは「連絡先」に変更され、「削除」と「除外」で処理が明確になっている。

連絡先を単体で削除するには、一覧表示から削除する連絡先の右端にある「︙」をクリックして「削除」を選択。

「連絡先から除外」と「削除」の違いは、「削除」を選択すると連絡先が完全に削除され、「連絡先から除外」は単に属しているカテゴリーから外すだけの操作で、連絡先そのものは残った状態になる。

複数の連絡先を一括して削除するには、取り敢えず削除したい連絡先の先頭にある写真部分にマウスカーソルを合わせ、チェックボックスにチェックを入れる。

1つの連絡先にチェックを入れると、全ての連絡先の先頭部分がチェックボックスの変わるので、後は削除する連絡先にチェックを入れ、上部の「︙」から「連絡先から除外」または「削除」を選択する。

また、表示されている全ての連絡先を選択するには、1件の連絡先を選択後に、上部に表示される「1件を選択中」の▼をクリックして「すべて選択」をクリック。
同様に全選択を一括解除するには「選択を解除」をクリックする。

連絡先を削除せず、「連絡先から除外」すると、アドレスのデータは登録されたまま非表示状態になるが、左ナビゲーションの「もっと見る」にある「その他の連絡先」に保存されている。

「連絡先から除外」されたカードは、「その他の連絡先」でカードを編集状態にして、上図赤枠のアイコンで「連絡先」に戻すことができる。

変更・削除の復元

登録した連絡先は30日以内であれば復元が可能。
ただし、全ての連絡先が指定した日時に戻るため、期中に複数の編集を実行している場合は注意が必要。

この機能があるおかげで、恋人と喧嘩して怒りに任せて削除した連絡先も、30日以内であれば復元できるが、やり直すなら早いに越したことはない。

復元するには左ナビゲーションの「変更を元に戻す」をクリック。

選択項目は「10分前」「1時間前」「昨日」「1週間前」「カスタム」があり、日時を指定する場合はカスタムを選択。

復元して予想以上に変更された場合は、「10分前」に再度復元すれば直近の状態に戻るので安心。

ラベル管理

登録した連絡先は任意に作成した「ラベル」をつけることでカテゴリー分けが可能。

ラベルを作成するには「+ラベルを作成」をクリックして任意の名称を入力する。
任意の並び順にしたい場合は、先頭に番号やアルファベットを振ればOK。

新規登録の際にラベルを追加する場合は、登録データ保存後の確認画面で「︙」をクリックすると、登録されたラベルのリストが出るので追加するラベルを選択する。

一覧表示からグループを変更する場合は、該当の連絡先にチェックを入れ、上部メニューにある「ラベル」アイコンをクリックして任意のラベルをチェックする。

重複連絡先の統合

デフォルト設定ではGmailを使用していると送信したメールのアドレスが自動で「連絡先」の「その他の連絡先」に追加されるため、同じアドレスを新規登録すると重複登録になってしまう。
散在した重複アドレスを探すのは面倒この上ないが、Googleコンタクトには重複アドレスの統合機能がある。

左ナビゲーションメニューから「重複」をクリック。

contact035

重複と思われるデータが検索されるので、必要に応じて「統合」をクリックする。

重複データはメアドや電話番号でリストアップされているようで、氏名が異なっていても重複データとして検出される一方、重複しているのに検出されないケースもある。

contact036

手動で連絡先を統合するには、一覧表示で統合する連絡先にチェックを入れ、上部メニューにある「統合」アイコンをクリックする。

「連絡先」の表示と編集

「連絡先」には「敬称」という項目があるのだが、「プレビュー版」には該当項目がなく、他にも「プレビュー版」では省略されている項目があり、連絡先のインポートやエクスポートも「連絡先」から実行する必要がある。

contact018

「連絡先」に戻すには、左サイドメニューにある「もっと見る」をクリックして、隠れているメニューを表示させる。

contact019

「コンタクのプレビューを終了」をクリックすると「連絡先」が表示される。

contact020

一旦プレビュー版を終了して「連絡先」にすると、プレビュー版に戻さない限り、次回からのアクセス時は従来の「連絡先」で表示される。

プレビュー版に戻すには、左サイドメニューにある「コンタクトのプレビュー版を試す」を選択。

contact024

「連絡先」の一覧表示で編集する対象をクリックする編集ウインドウが開く。

contact025

名前の詳細を編集するには表示されている名前の後ろにある「…」をクリック。

contact026

プレビュー版では編集できない「敬称」の振り分けも可能。

contact027

表示されていない項目は「追加」をクリックして、任意の項目を選択して追加。

contact028

「グループ」は上部にあるグループアイコンから選択。

contact029

連絡先を削除するには、該当の連絡先にチェックを入れ、上部メニューの「その他」から「連絡先を削除」をクリック。

インポートとエクスポート

Googleコンタクトは他のアドレス帳から吐き出したCSVファイルをインポートしたり、Googleコンタクトの連絡先をCSVファイルで吐き出すことができるが、いずれもプレビュー版からは実行できなため、表示を「連絡先」に変更する必要がある。

contact030

CSVファイルのインポートは、「連絡先」の左サイドメニューから「連絡先をインポート」を選択するか、上部メニューの「その他」から「インポート」を選択。

contact031

インポートのウインドウが開くので、「ファイル選択」をクリックしてインポートするCSVファイルを選択後に「インポート」をクリックする。

contact032

「連絡先」のデータをエクスポートする場合は、上部メニューの「その他」から「エクスポート」を選択。

登録されているデータから任意の連絡先のみをエクスポートする場合は、該当の連絡先にチェックを入れておく。

contact033

エクスポートのウインドウが開く。
エクスポートする内容は「チェックした任意の連絡先」「グループ」「すべて」の3択。

次に任意のエクスポート形式を選んで「エクスポート」をクリックで完了。

送信メールの自動登録機能

Gmailを使用してメールを送信すると、「連絡先」に登録されていないアドレスは初期設定で自動的に登録され、メール作成時の宛名入力でオートコンプリート機能が有効になる。

contact038

プレビュー版の左サイドメニューにも「その他の連絡先」という項目はあるものの、プレビュー版からはアクセスできないため、プレビュー版を終了してからアクセスする必要がある。

contact039

送信アドレスの自動追加を無効にするには、Gmailの右上にあるギアアイコンをクリックして設定画面を開き、「全般」タブにある「連絡先を作成してオートコンプリートを利用する」の項目を「手動で連絡先を追加する」に変更して「保存」する。

まめに連絡先を登録するなら、自動追加を有効にしているとアドレスが重複する可能性が高くなるので、無効にしておくのがオススメ。
Gmail使用時に宛名のオートコンプリートで登録した連絡先の他に、同一のアドレスが表示されるようなら重複している。

氏名の敬称

プレビュー版の「名前」を入力する際、「姓」と「名」の間にスペースを入れると、自動で姓と名に振り分けて登録され、スペースを入れなければ全て「名」で登録されるが、プレビュー版には「敬称」を追加する項目はない。
contact021プレビュー版で敬称を入れる場合、「姓」「名」「敬称」の間にスペースを入れると、一覧では「田中 某 様」と正しく表示されるが、連絡先カードの編集画面では「田中 様 某」になってしまう。
これは「連絡先」が「姓」「名」「ミドルネーム」として振り分けているからで、プレビュー版では「様」や「役職」などを「敬称」に振り分ける術がない。

contact022

「名」と「敬称」が逆転するのが気持ち悪いので、「名」と「敬称」を続けて入力すると、当然ながら「連絡先」での振り分けは「名」の項目に敬称が入ってくる。

ただ、「連絡先」には「敬称」の項目が用意されているので、「敬称(名前の後)」に「様」を持ってくると、プレビュー版でも「田中 某 様」と表示され、「連絡先」でも「姓」「名」「敬称」と正しく振り分けが行われる。

contact023

「連絡先」からcsvファイルをエクスポートすると、氏名の表示には敬称を含めた氏名「Name」と「姓」「名」「ミドルネーム」「敬称」の各項目が確認できる。

個人的には是非ともプレビュー版にも「敬称」の項目を追加して欲しいのだが、そもそもメールの宛先に敬称を追加している人はほとんど見かけない。
メールを送信するとアドレス帳の表記名で相手に届くため、手紙の感覚なら敬称があった方が良いと思うのだが、こうした気遣いは「無駄」として風化しているのが現状。

日常的な使用ではプレビュー版の編集機能で十分だが、プレビュー版が「連絡先」を表示させていることを理解していると、Googleコンタクトはより便利に使えたりする。





Google関連サービス

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

Googleドキュメントの設定と使い方

Googleが提供するクラウドアプリケーションで、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが無料で使用できるOfficeソフ … “Googleドキュメントの設定と使い方” の続きを読む

Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、 … “Gmailの設定と使い方(設定編)” の続きを読む

OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装してい … “OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法” の続きを読む

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信 … “Google クラウド プリントの設定と使い方” の続きを読む





Googleドライブ バックアップと同期のインストールと使い方

Googleドライブのデスクトップアプリが2018年3月で終了することが発表され、後継のアプリケーションとして、従来のデスクトップアプリとGoogleフォトの機能が統合された「Backup and Sync(バックアップと同期)」がリリースされた。

見た目に混乱を招きそうだが、Googleドライブそのものは変わらず、WindowsとMac用のGoogleドライブにアクセスするためのツールが変更になっただけで、AndroidやiOSのアプリは関係ない。
「バックアップと同期」にはGoogleドライブとは別にオンラインストレージを提供していたGoogleフォトも統合され、より管理がしやすくなっている。

また、これまで「Googleドライブ フォルダ」のみの同期機能とは別に、デスクトップなど任意のフォルダの自動バックアップが可能になったことで、DropboxやOneDriveなど類似のオンラインストレージとの棲み分けが明確になり、利便性が大きく向上した。

個人的に最も多いミスが、作成したファイルをデスクトップに保存したままDropboxに移動するのを忘れてしまい、いざ使用する段になって気付くというパターン。
これも「バックアップと同期」でデスクトップのバックアップをとっていれば、Googleドライブから目的のファイルを落とすことができる。

オンラインストレージなので利用するファイルには注意を払う必要があるものの、バックアップ機能と世代管理が可能な「バックアップと同期」は、有料になったSugarSyncや改悪前のBitcasaの代替として、大いに利用価値がある。

クラウド サービスの利用と基礎知識

2010年を迎えるあたりからユビキタスやらWEB2.0やら色々な言葉が出回り、それぞれ意味するところは微妙に異なっている … “クラウド サービスの利用と基礎知識” の続きを読む

システム要件

バージョン2.34.5075.1619現在

OS:Windows7 以降
対応ブラウザ:Chrome(24以降)、Firefoxe(24以降)、IE(10以降)

※ブラウザに関しては最新バージョンの使用を推奨。
※CookieとJavaScriptは有効になってることが前提条件。

ソフトの入手先

Googleドライブ バックアップと同期 ダウンロードページlink



Googleアカウント

Googleドライブ バックアップと同期を使用するにはGoogleアカウントが必須なので、アカウントを持っていない場合は、事前にGoogleアカウントを取得しておく。

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

バックアップと同期のインストール

「バックアップと同期」はダウンロードしたインストーラーを起動すると、全て自動的にインストールされ、カスタマイズ可能な項目は存在しない。

Web版Googleドライブの右上にあるギアアイコンに、Googleドライブ バックアップと同期のダウンロードページのリンクがある。

ダウンロードページの「パーソナル」にある「ダウンロード」をクリック。

「Google利用規約」を確認したて問題なければ、「同意してダウンロード」をクリック。

ダウンロードしたインストーラーを起動する。

インストーラーを起動したら後は完了するまで全自動。

インストールが完了したら「閉じる」をクリック。

バックアップと同期の初期設定ウイザードが開始するので「使ってみる」をクリック。

Googleアカウントで使用してるメールアドレスを入力して「次へ」。

パスワードを入力したら「ログイン」。

「OK」をクリック。
「詳細」はGoogleドライブのヘルプページが開くので、確認したい時は「詳細」もクリック。

バックアップするフォルダの選択。
デフォルトで「ドキュメント」「パソコン(デスクトップ)」「画像」が選択されており、「フォルダを選択」から任意のフォルダを指定できる。
また、同時にGoogleフォトも設定する。

「マイパソコン」と表示されている部分は任意の名称に修正が可能なので、同一アカウントで複数のPCをバックアップする際は、名称を変更しておくと分かりやすい。

Googleドライブの容量

Googleドライブは無料で15GBの容量があるものの、GmailやGoogleフォトと共有のため、オンラインストレージとして純粋に15GBの空き容量があるわけではない。
ただし、Googleフォトを使用し、元のサイズではなく、「高画質」設定で保存した場合は容量を消費せず、実質無制限に画像や動画を保存できる。
一方、Googleフォト使用せずに画像や動画をGoogleドライブに保存、もしくはGoogleフォトを使用しても「高画質」設定ではなく「元のファイルサイズ」で保存すると、ファイルサイズの大小に関わらず、Googleドライブの容量は消費する。

Googleフォトの「高画質」設定は、写真のサイズが 1600万ピクセル を超える場合に1600万ピクセルまで縮小され、動画の場合は解像度が1080pを超える場合に1080pまで圧縮される。
また、ExcelやWordなどのMS OfficeファイルやLibreOfficeのファイルを保存すると容量を消費するが、Googleドキュメント・スプレッドシートなどGoogleのOfficeファイルは容量を消費しない。

そのため、画像や動画ファイルが多い場合は、Googleフォトを使用して「高画質」で保存するとGoogleドライブの容量は節約可能。
無論、規定サイズ以上のファイルは圧縮されるため、理論的な劣化は避けられないが、一般的な使用で影響がでるほどでもなかったりする。

各設定が完了したら「次へ」。

続いてGoogleドライブ フォルダの設定。
こちらが従来のGoogleドライブ デスクトップアプリで、Dropboxなどと同様にGoogleドライブに同期するフォルダを作成する。

「OK」をクリック。

「マイドライブをこのパソコンに同期」にチェックを入れると、オンライン上のGoogleドライブで「マイドライブ」の項目に属しているオブジェクトが同期される。

フォルダの同期先は初期設定でCドライブのユーザーフォルダ内に作成される「Googleドライブ」フォルダなので、必要に応じて「変更」をクリックして保存先を変更する。
Googleドライブフォルダの保存場所は、セットアップ後に変更できないので慎重に

「マイドライブ」内の一部オブジェクトのみを同期する場合は、「これらのフォルダのみ同期」にチェックを入れ、同期するオブジェクトを指定する。

設定が完了したら「開始」をクリック。
Googleドライブフォルダが開いてセットアップ完了。

Googleドライブと同時に、ウェブアプリケーションのGoogleドキュメント・スプレッドシート・スライダーのショートカットがデスクトップに作成される。

Googleドキュメントの設定と使い方

Googleが提供するクラウドアプリケーションで、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが無料で使用できるOfficeソフ … “Googleドキュメントの設定と使い方” の続きを読む

使用方法

セットアップで基本的な設定を行っていれば、Googleドライブはバックグラウンドで動作するので、デスクトップアプリとしての特別な操作は必要ない。

「バックアップと同期」はタスクトレイに「雲アイコン」で表示される。

雲アイコンをクリックするとメニューが表示され、上図赤枠部分のアイコンが左から「Googleドライブフォルダ」「オンラインGoogleドライブ」「Googleフォト」「設定」になっている。

「設定」には「基本情報」「ヘルプ」「フィードバックを送信」「一時停止」「設定…」「バックグラウンドと同期を終了」の項目があり、「基本情報」は「バックアップと同期」のバージョンや利用規約、「ヘルプ」はGoogleドライブのヘルプページへのリンク、「フィードバックを送信」はGoogleへの意見や要望、障害レポートなどを送信するメニュー。

「一時停止」は「バックグラウンドと同期」の一時停止で、「バックグラウンドと同期を停止」は「バックグラウンドと同期」のプログラムを終了させる。
終了させた「バックグラウンドと同期」はスタートメニューの「Backup and Sync from Google」から再起動できる。

「設定…」ではセットアップ時の設定内容の変更が可能。

「削除するアイテム」は、Googleドライブフォルダやバックアップに指定したフォルダから、オブジェクトが削除した際の動作を指定するもので、初期設定では確認メッセージが表示されるようになっている。

「すべての場所からアイテムを削除する」に変更すると、ローカルPCで削除したファイルはGoogleドライブのバックアップからも削除され、「他の場所からアイテムを削除しない」にするとローカルPCで削除してもバックアップデータが保存されたままになる。

都度、選択するのは面倒だが、全て削除するのも、全て残すのも微妙なので、取り敢えずはデフォルトのままで様子を見たほうが無難かも。

マイドライブ

Web版Google ドライブの「マイドライブ」は、デバイス上に作成した「Googleドライブ」フォルダに保存されたオブジェクトが同期される。

セットアップ時に「マイドライブをこのパソコンに同期」にチェックを入れると、Googleドライブフォルダが作成され、Googleドライブフォルダ内に保存したオブジェクトがWeb版Googleドライブの「マイドライブ」に同期される。

Web版Googleドライブでは、上部にある「マイドライブ」のドロップダウンメニュー、「新規」のドロップダウンメニュー、もしくはGoogleドライブ内で右クリックメニューを出して、「ファイルのアップロード」または「フォルダのアップロード」を選択するか、ファイルやフォルダをGoogleドライブにドラッグ・アンド・ドロップすることでアップロード可能。

ウェブ版のGoogleドライブから直接ファイルやフォルダをダウンロードする場合は、任意のファイルやフォルダを選択し、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)から「ダウンロード」を選択するか、オブジェクト選択時に表示される上部のメニューアイコンの「︙」から「ダウンロード」を選択する。

コンテキストメニューの「スターを付ける」でマークされたオブジェクトは、左ナビゲーションメニューの「スター付き」にも表示されるので、重要なもの、進行中のものなどに付けると便利。

「色の変更」「名前の変更」はそれぞれオブジェクトのカラーと名前を変更する際に使用する。

共有

Googleドライブに保存されているファイルは、Web版Googleドライブだけでなく、ローカルのGoogleドライブフォルダからも、共有することができる。

ローカルのGoogleドライブに保存されているファイルを共有する場合は、ファイルを選択して右クリックメニューの「Googleドライブ」→「共有」。

共有設定の画面が開くので、右下にある「詳細設定」をクリック。

共有されていないファイルは「非公開」になっているので「変更」をクリック。

共有には「一般公開」「リンクを知っている全員」「特定のユーザー」の3種類があり、目的にあった設定を選択する。
「一般公開」は記載がある通りインターネット上に公開。
「リンクを知っている全員」はGoogleアカウント不要でリンクからファイルへのアクセスが可能。
「特定のユーザー」はオーナーが指定したGoogleアカウントを取得しているユーザーのみファイルへのアクセスが可能で、共有相手はファイルへのアクセス時にGoogleアカウントでログインが必要になる。

「ウェブ上で一般公開」「リンクを知っている全員」を選択した場合は、「アクセス」の項目でアクセス権限を「編集者」もしくは「閲覧者」から選択する。

閲覧者と編集者の違いは、共有したファイルのアクセス権限変更の可否のみで、オーナーがダウンロードや印刷の制限をかけていないかぎり、閲覧者もファイルのダウンロードや印刷が可能。
コメントは共有したファイルにGoogleドキュメントやスプレッドシートを使用してコメントのみ挿入と制限がない場合はダウンロードや印刷も可能になる。

編集者によるアクセス権の変更禁止や、閲覧者のダウンロード・印刷の禁止などの設定は、1つ前の共有設定画面の下部にある「オーナー設定」で行う。

Googleアカウントを取得している場合、共有されたファイルはウェブ上のGoogleドライブで共有アイテムの中に格納されており、共有アイテムの中にあるファイルを「マイドライブ」にドラッグすることで、ローカルのGoogleドライブにファイルがダウンロードされ、ドライブ内のファイルを編集すると共有元のファイルも更新される。
また、オーナーが共有ファイルを削除した場合、共有していたユーザーのGoogleドライブからもファイルが削除される

共有を解除は共有設定をオフにするだけ。

バージョン管理とリストア

ファイルの共同作業をはじめ、ファイルのバージョン管理は多くの場面で必要になるが、Googleドライブには「版を管理」という項目でバージョン管理が可能になっている。

ファイルを以前バージョンに戻す(リストア)する場合は、Web版Googleドライブにアクセスし、復元したいファイルを選択後、コンテキストメニュー(右クリックメニューを)表示し「版を管理」を選択。

選択したファイルのバージョンが表示されるので、復元するバージョンの「︙」をクリックしてメニューから「ダウンロード」を選択。

保存されるバージョンは最大30日で、バージョン履歴が100を超える場合は30日以内であっても古いバージョンから削除される。
ただし、「この履歴を削除しない」にチェックを入れた履歴は残されるので、復元ポイントとして利用できる。

パソコン

「バックアップと同期」から追加された項目で、ローカルPCで任意に指定したフォルダのバックアップデータが保存されている。

バックアップはGoogleドライブフォルダと異なり、各パソコンごとにフォルダが作成され、指定したオブジェクトがバックアップされるが、

左ナビゲートメニューから「パソコン」を選択すると、セットアップ時にバックアップ設定をしたパソコンが表示され、各フォルダを開くとバックアップデータにアクセスできる。

バックアップファイルは、Googleドライブフォルダの同期ファイルと同様、バージョン管理とリストアが可能で、30日以内の変更履歴から復元できる。

「設定」も「削除するアイテム」をデフォルト設定にしていると、バックアップに指定したフォルダからオブジェクトを削除した際、確認メッセージがでるので、バックアップのデータも削除する場合は「削除」、バックアップを残しておく場合は「復元」を選択。

ローカルPCでバックアップ設定をしているフォルダからオブジェクトを削除し、Googleドライブからも削除した場合、対象のオブジェクトはゴミ箱に移動するだけで、手動でゴミ箱のデータを抹消するまでファイルは復元可能な状態にある。

バックアップ

バックアップには、AndroidやChromeOSを搭載したデバイスで、バックアップを有効にした場合に、アプリのデータ等が保存される。

バックアップデータそのものには直接アクセスすることはできず、現在バックアップしているデバイスを確認し、バックアップが不要であれば対象のデバイスをダブルクリックすると削除が可能。

Googleフォト

ウェブアルバム PicasaがGoogle+の「フォト」と連動し、それらが統合されGoogle+から独立したのがGoogleフォト。
「Googleフォト」のメニューでは、Googleフォトに保存されている画像にアクセスできる。

GoogleフォトにはAndroidで撮影した写真や、ハングアウトにアップした画像などが自動的に保存されており、「高画質」設定にしていないとGoogleドライブの容量を消費するため要確認。

バックアップが可能で、しかも30日間とはいえバージョン管理もできるため、Googleドライブの利便性は大きく向上している。
通常のファイル同期はDropbox、バックアップはGoogleドライブといった使い分けもできる。

個人的にはデスクトップの自動バックアップだけでも利用する価値があったりする。





Google関連サービス

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

Googleドキュメントの設定と使い方

Googleが提供するクラウドアプリケーションで、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが無料で使用できるOfficeソフ … “Googleドキュメントの設定と使い方” の続きを読む

Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、 … “Gmailの設定と使い方(設定編)” の続きを読む

OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装してい … “OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法” の続きを読む

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信 … “Google クラウド プリントの設定と使い方” の続きを読む





Google日本語入力のインストールと設定

日本語を入力する際に使用するIME(Input Method Editor)は、WindowsならMicrosoft IME(MS-IME)が標準になっている。
一昔前まではMS-IMEの変換精度は酷いもので、「お馬鹿なIME」の代名詞だったが、近年のIMEは随分と賢くなった。

一方、MS-IMEと比べ変換精度が高く、人気なのがJustsystemの「ATOK」。
個人的にはATOK10~ATOK2009までユーザー辞書を引き継ぎながら10年以上使い続けていたが、バージョンアップ後の変換に違和感を覚えたので、Googleが2010年に「Google日本語入力」の正式版をリリースしたのを切っ掛けに乗り換えた。

Google日本語入力は、インターネット上から自動収集される語彙で、変換に使用される辞書が作成されているため、登録されている語彙が豊富で、変換精度、変換速度が高いのが特徴。
また、Google日本語入力の辞書はユーザー辞書以外、辞書ファイルを変換エンジンが持っており、他のIMEのように人名事典や地名辞典など個別の辞書も存在せず、変換エンジンが自動更新されることで、最新の辞書が利用できる仕組みになっている。

GoogleのIMEを使用する際、おそらく最大の懸念材料となるのがセキュリティかと思われるが、Google日本語入力はサーバーを介しておらず、全てローカル内で完結しているため、入力された情報を送信するキーロガーの性質はなく、サジェスト機能や単語登録もデータ収集は行われていない。

個人情報収集の観点からすると、ATOKなどで実装されているクラウド変換のほうがセキュリティリスクは高く、ATOK Passportの試用版の使用許諾書にはサーバに送信された情報の取扱についての記載がなかったり、BaiduのSimejiに至ってはユーザーの許可なく入力情報をBaiduに送信していたりと、いろいろ微妙だったりするが、Google日本語入力は変換エンジンが実装している辞書そのものが、クラウド変換の辞書のようなものなので、外部へデータが送信されないだけセキュリティリスクは低い。

システム要件

バージョン2.20.2750.0現在

OS:Windows 7 SP1 以降
CPU:Pentium 4 以降(SSE2対応)
RAM:2GB以上
HDD:400MB以上空き容量

※Windows VIsta以前はサポート終了。

ソフトの入手先

Google日本語入力公式サイト



Google日本語入力のインストール

インストールにはセットアップウィザードなどなく、インストーラーを起動したら自動でインストールされる。

公式サイトの「Windows版をダウンロード」をクリック。

利用規約を確認して問題なければ「同意してインストール」をクリックし、インストーラーをダウンロード。

「使用状況データ」と「障害レポート」の送信はデフォルトでチェックが外されている。
チェックを入れた場合に送信される情報は、「変換のタイミング」「入力文字数」「一発変換の成否」「使用OSとバージョン」のほか、Google日本語入力がクラッシュした際のデータが送信されるが、入力データなどは送信されない。

インストーラを起動すると、Google日本語入力のダウンロードとインストールが自動で行われ、完了すると設定画面が開く。
特にこだわりがなければ全てチェックが入った状態で「OK」をクリック。

規定のIME選択画面になるので「Google日本語入力」を選択。

これでセットアップは完了。

使用方法

Google日本語入力にはクラウド変換や同期機能、追加辞書などもないので、至ってシンプルなIMEになっている。
また、ATOKのように一部の語彙に変換制限がかけられていることもない。
以前は同期機能が実装されていたが、現在は削除されている。

Google日本語入力をインストール後は「言語バー」が赤丸のMS-IMEから、Google日本語入力に変わっているはず。
変わっていない場合は、MS-IMEの赤丸アイコンを右クリックしてコンテキストメニュー開き、Google日本語入力を選択する。

プロパティ

Windows7なら言語バーにあるスパナのアイコンをクリック、Windows10は「A」または「あ」のコンテキストメニューから「プロパティ」を選択。

「一般」タブでは「ローマ字入力・かな入力」のほか、句読点や記号などの入力設定が可能。

ATOKの操作に慣れていると、MS-IMEのキー設定が使いづらいのだが、Google日本語入力では使い慣れたキー設定を選択できる。

「辞書」タブでは学習機能、ユーザー辞書の編集、使用する特殊変換を選択できる。

「学習機能」はユーザーの入力傾向を学習し、使用した語彙は次回からの変換候補で上位表示される。
初期設定で「有効」になっており、「無効」に変更しても学習履歴は削除されず、新たに学習しなくなるだけ。
学習履歴を削除する場合は「学習履歴のクリア」をクリック。ただし、サジェストの入力データは削除されないので、別途サジェストタブでクリアが必要。

「ユーザー辞書」は単語を登録する辞書で、「単語登録」と同じ「辞書ツール」が表示される。

ユーザー辞書はインポート・エクスポートが可能なので、育てたユーザー辞書がある場合はエクスポート&インポートで、新規インストールしたGoogle日本語入力で利用可能になる。

DMiME 医学用語変換辞書など、公開されているGoogle日本語入力用の追加辞書は、ユーザー辞書としてインポートして使用する。

変換に使用される辞書は、デフォルトで絵文字変換以外すべて有効になっているので、不要なものはチェックを外す。
「日付変換」は「きょう」と入力して変換すると「今日の日付」が西暦・和暦で変換候補に表示され、「計算機機能」は「1+1=」と数式(四則演算・べき乗)を入力すると「2」という計算結果が変換候補に表示される変わり種。

「もしかして機能」は誤入力を「◯◯◯<もしかして>」と推測して変換候補に表示する機能で、「しゅみれーしょん」と入力すると「シミュレーション<もしかして>」と表示される便利な機能。

「入力補助」のタブではお助け機能の「自動英数変換」や、句読点による自動変換などの設定が可能。

自動英数変換は、かな変換のまま英数字を入力すると変換されるもので、「ようつべ」と入力すると「You Tube」が変換候補に表示されるようになる。

「句読点変換」は文章を入力中にエンターキーを押さなくても、指定した句読点を入力した時点で、自動変換される機能。
慣れないと却って使いづらいところもあるが、変換精度が高いと変換作業が省略されるので、入力作業の効率化を図れる。

サジェストは「予測変換」機能で、入力された語彙をを学習し、入力途中で予測された変換候補を表示する機能。
「よそくへんかん」と入力した後、「よそく」と入力した時点で「予測変換」が候補に表示されるようになる。

サジェスト機能をはデフォルトで有効になっているので、不要ならチェックを外しておく。

「未使用の履歴を削除」はサジェストのメンテナンス機能で、定期的な実行を推奨。

サジェスト機能は、誤って変換した語彙も学習して変換候補になるため、「未使用の履歴を削除」で使わなかった候補を一括削除することができる。

「全入力履歴削除」は使用した履歴も使用しなかった履歴も全て削除される。

「システム辞書からのサジェスト自動表示を有効にする」は、入力履歴だけではなく、Google日本語入力のシステム辞書から、推測される変換候補が表示される。

「リアルタイム変換を有効にする」は入力途中でサジェストが表示され、リアルタイムで候補が変化するようになる。

「プライバシー」タブもサジェストに関する設定がメインで、「シークレットモード」「プレゼンテーションモード」と、冗談のような便利機能がある。

「シークレットモード」は一時的に学習機能、サジェスト機能、ユーザー辞書を無効にするもので、「プレゼンテーションモード」は同様に全てのサジェスト機能を無効にする。

プレゼン中に仕事とは関係のない、良からぬワードがサジェストで表示されると、いろいろとヤバイことになったりするので、使わない手はない。

「使用統計情報と障害レポート」はGoogle日本語入力のインストール時に表示されていたものと同じで、「設定変更」からデータ送信の設定変更が可能。

「その他」のタブもインストール時の設定を変更する項目。
Google日本語入力を継続して使用する場合はチェックを入れておく。

単語登録

固有名詞などシステム辞書に登録のないワードは「単語登録」からユーザー辞書に登録すると便利。

「プロパティ」と同様、Windows7なら言語バーにあるスパナのアイコンをクリック、Windows10は「A」または「あ」のコンテキストメニューから「単語登録」を選択。

「単語」には登録する語彙を、「よみ」には変換時に入力する仮名を入力し、品詞から「名詞・短縮よみ・サジェストのみ・固有名詞・人名・地名など」のリストから適切なものを選択。
ユーザー辞書はデフォルトで「ユーザー辞書1」が作成されているので、そのまま登録。
品詞が異なると稀に単語登録ができない場合はあるようなので要注意。

クリップボードにコピーしているデータがあると自動的に挿入され、登録するのは名詞のほか、「短縮よみ」なども可能なので、使用頻度の高い定型文を「短縮よみ」で登録すると便利。

辞書ツール

単語登録したユーザー辞書やインポートした辞書の編集は「辞書ツール」で行う。

メニューから「辞書ツール」を選択するか、「プロパティ」の「辞書」タブにある「ユーザー辞書の編集」、単語登録の「ユーザー辞書の編集」からもアクセスできる。

デフォルトで「ユーザー辞書1」が登録してあり、「管理」では辞書の名称変更やインポート、エクスポート、辞書の追加などの操作が可能。
また、ユーザー辞書に登録した単語の編集や削除も辞書ツールで行う。

上部メニューの「追加」「削除」は単語登録を行うもので、前項の単語登録とは単票フォームと帳票フォームの違いだけ。

文字パレット・手書き文字入力

読みが分からない文字や、変換では出しにくい記号などを入力する際に役立つのが「文字パレット」と「手書き文字入力」。

「文字パレット」は辞書に登録されている文字を分類別に表示され、クリックすると対象の文字が入力される。

読みはわからないが、形がわかる文字を探す場合は「手書き文字入力」。
マウスを使用して文字を描くと、似ている文字、描いた形が含まれている文字などが表示される。

「文字パレット」や「手書き文字入力」を使用して入力した文字は、覚えやすい読みをつけて単語登録すると良いかも。





Google関連サービス

Gmailの設定と使い方(基本操作編)

GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフ … “Gmailの設定と使い方(基本操作編)” の続きを読む

Google ToDoリストの使い方

Googleのサービスは仕様変更や統廃合が激しいのだが、随分と前から存在していて、そこそこ便利な割には脚光を浴びることも … “Google ToDoリストの使い方” の続きを読む

Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方

Chromeアプリとして提供されている「Chromeリモートデスクトップ」は、GoogleアカウントとGoogle Ch … “Chrome リモートデスクトップのインストールと使い方” の続きを読む

Google カレンダーの設定と使い方

2017年10月にWEB版のデザインが一新されたGoogleカレンダーは、シンプルで使い勝手の良いスケジューラーで、Gm … “Google カレンダーの設定と使い方” の続きを読む

Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方

Googleコンタクト(連絡先)はGmailに付随していたアドレス帳が進化したもので、Googleアカウントで紐付けされ … “Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方” の続きを読む





Google Chromeのインストールと使い方

Google Chrome(グーグル クローム)はGoogleが開発した、シンプルに徹したタブブラウザ。
コンセプトは「スピード、シンプル、セキュリティ」。
後発のブラウザながら、軽快な動作とシンプルなインター フェイス、そして何よりもGmailやGoogle カレンダー、Google ドキュメントなど、Googleが提供するクラウドサービとの相性の良さが大きな強みとなり、国内でも2015年以降はトップシェアを占めるようになった。
また、AndroidやLinux、Macなどクロスプラットフォームで利用でき、Googleアカウントを使用するとブックマークや拡張機能、自動入力、パスワードなどを同期できる。

システム要件

バージョン60.0.3112.24(Beta)現在

OS:Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 以降
CPU:Intel Pentium 4 以降のプロセッサ(SSE2 対応)

Pentium 4は2000年に第一世代がリリースされており、単純にWindows7以降のOSが動作しているPCであれば問題ない。

ソフトの入手先

Google Chrome 安定版 公式ダウンロードページ

Google Chrome ベータ版 公式ダウンロードページ

2009年以前からのGoogleユーザーにはお馴染のベータ版だが、新機能実装時には「ん??」となることがあったりするので、Googleファンと人柱マニア以外は安定版を使用したほうが無難かも。



Chromeのインストール

インストールに関してはほぼ自動で行われ、項目選択や設定うぃするセットアップは必要ない。

利用規約はダウンロード開始前に表示されるので要確認。

「Google Chromeを既定の無頼座として設定する」「試用統計データと障害レポートをGoogleに自動送信して。。。」の各項目に任意でチェックを入れたら「同意してインストール」をクリック。

ダウンロードしたインストーラーを起動するとセキュリティ警告が出るので「実行」。

インストールするプログラムのダウンロードが開始。

続いてインストールが始まり、完了するとChromeが起動する。

使用方法

Chromeは通常のブラウザとしての機能以外に、Chromebook同様、ウェブアプリケーションを実行するプラットフォーム的な機能を実装しているのが特徴。

ログインしなくても使用できるが、Googleアカウントで紐付けしているとGmailやGoogleカレンダー、GoogleドライブなどGoogleの各サービスとの連携し、ブックマークやパスワードなどもバックアップされるため、複数のデバイスで同期が可能になる。
また、現在ではマルチアカウントにも完全対応しているので、Googleアカウントを追加するだけで、異なった環境のChromeを複数起動することも可能。

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

ログイン

Chromeの機能を引き出すにはGoogleアカウントでのログインが不可欠。

ブラウザの右上にあるユーザーアイコンをクリックして、「Chromeにログイン」をクリックするか、アドレスバー(検索フォーム)の右にある「︙」をクリックし、「設定」から「Chromeにログイン」を選択。

ログイン画面が表示されるので、Googleアカウントのメールアドレスを入力して「次へ」。

メールアドレスの次にパスワードを入力すると、ログインが完了。

これでブックマークや閲覧履歴、パスワードや拡張機能などが同期が開始するので、複数のデバイスでChromeを使用する際には非常に便利。

ログインするとユーザーアイコンがユーザー名に変わり、他のデバイスで追加した拡張機能などが同期され、自動的にインストールされる。

アカウントは複数登録可能で、ユーザー名が表示されている部分をクリックして登録した他のアカウントを選択すると、新規ウインドウで選択したアカウントにログインしたChromeが起動する。
ただし、追加したアカウントの数だけプロフィールファイルが作成され、ユーザーデータが保存されていくので、僅かだが使用するディスク容量が増加する。

基本操作

Chromeがリリースされた時は、アドレスバーが検索フォームを兼ねているのが新鮮だったが、今ではそれもブラウザのデフォルトになった。

検索する際はポータルサイトなどを開かなくても、アドレスバーに検索語を入力すれば、検索結果が表示される。

新規タブを開く際は既存タブの横にある小さなタブをクリック。

リンクの上でコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を開くと、「新しいタブで開く」「新しいウインドウで開く」などが選択可能。

ウェブサイトを開いた状態でアドレスバーの★をクリックするとブックマークを追加することが出来る。

印刷やダウンロード履歴、閲覧履歴、ブックマーク管理などは、ブラウザの右上にある「︙」のクリックして表示されるメニューからアクセスできる。

設定

ブックマークバーの表示や検索エンジンの変更などの基本設定の他、プライバシー、パスワードなどの管理も設定画面で行う。

設定画面はアドレスバー(検索フォーム)の右にある「︙」をクリックして、表示されるメニューから「設定」を選択。

Chrome起動時に開くスタートページの指定や、指定したページを開くホームボタン、ブックマークバーの常時表示などが設定が可能。

初期状態ではブックマークバーは「新規タブ」を開いた際に表示される仕様になっており、常時表示されるのは検索フォームのみになっている。
ブックマークの使い方にもよるが、従来のブラウザに慣れているとブックマークバーは常に表示させていたほうが使いやすいかも。

ブックマークバーの上にマウスカーソルを持って行き、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)を表示させると、独自のメニューが選択可能。

「フォルダを追加」でブックマークバーにフォルダを作成でき、ドラッグ・アンド・ドロップでフォルダやブックマークを移動できる。
ブックマークバーに作成したフォルダ内にフォルダを作成しネストすることも可能。

「テーマを取得」をクリックするとChromeウェブストアが開くので、任意のテーマを選択し、「Chromeに追加」をクリック。

元に戻す場合は、「設定」の「テーマ」で「デフォルトのテーマに戻す」をクリックするだけ。

「ユーザー」の項目では「ゲスト」がデフォルトで使用可能になっている。
「ゲスト」は他のユーザーがChromeを使用する際に、閲覧履歴やパスワード、Cookieなどを保存しないモードで、他のアカウントで使用しているブックマークやフォームの入力データなども表示されない。
ただし、ゲストモードでもアカウントの切り替えは可能なので、保護されるのはホストのプライバシーではなく、ゲストのプライバシーだと考えたほうが良いかも。

「検索」の項目では検索エンジンをGoogle、Yahoo、B-ingから選択でき、「検索エンジンの管理」では検索エンジンの追加も可能。

検索エンジンを追加する場合は、「検索エンジンの追加」を開いた状態で、ニフティなどのポータルサイトを開くと、自動的に「その他の検索エンジン」の欄に表示され、マウスオーバーで「デフォルトに設定」ボタンが出現するのでクリックして追加。

詳細設定

設定ページの下部にある「詳細設定を表示」をクリックするとプライバシー項目やパスワードの管理項目が表示される。

プライバシーの各項目に関しては「詳しく見る」のリンク先で詳細を確認できるので、任意で設定を行う。

「コンテンツの設定」は基本的にデフォルトのままで特に支障はないが、javaScriptを無効にしたり、Flashを無効にしたい場合などは任意で変更する。

「閲覧履歴データの消去」では閲覧履歴やCookie、キャッシュなどのほか、任意でパスワードや入力フォームのデータなどを消去できる。

よくウェブサイトで表示が崩れたり、不具合が出た場合の対処法として「キャッシュを削除してください」と記載されているのが、「キャッシュの削除」は「閲覧履歴データの消去」で行う。

「パスワードを管理」では保存されたパスワードが確認できる。
表示内容は「サイト」「ログインID」「パスワード」で、パスワードは「******」になっているが、該当のサイトをクリックして、パスワード部分の「表示」をクリックすることで確認できる。

誤ったパスワードが保存されている場合や、古いログイン情報などを削除したり、うっかり忘れてしまったパスワードを確認できるので、非常に便利な半面、パスワードの自動保存はセキュリティ的なリスクも高まるので、利用する際は十分に注意が必要。

「自動入力設定の管理」では住所とクレジットカード番号の登録ができ、ショッピングサイトなどで自動入力が可能になる。
ただし、各サイトによって住所やクレジットカードの入力フォームが異なるため、微妙な感じになることが多い。また、クレジットカード番号のセキュリティコードは保存されないので、別途入力が必要になる。

「ダウンロード」ではダウンロードの保存先をデフォルトの「ダウンロードフォルダ」から任意の場所に変更可能。

「Googleクラウド プリント」は印刷データをインターネット経由でプリンタに送信するGoogle提供のサービスで、使用する場合は設定が必要。

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信 … “Google クラウド プリントの設定と使い方” の続きを読む

拡張機能

Chromeでは追加機能をインストールして、サードパーティ製のアプリと連携したり、特殊な機能を実装することもできる。

拡張機能を追加する右上にアイコンが表示される。

拡張機能を追加する場合は、ブックマークバーに表示されている「アプリ」から「ウェブストア」を選択。

Chromeウェブストアが開くので、「拡張機能」を選択して追加したい機能を検索する。

サードパーティ製の拡張機能はリスクがあるので、はじめは「機能」で「By Google」にチェックを入れ、Google謹製のプログラムの利用するか、MicrosoftやEvernoteなど明確な提供元のプログラムに限定したほうが無難かも。

追加する拡張機能をクリックすると詳細画面が表示され、右上にある「+Chromeに追加」をクリックすると拡張機能がインストールされる。

拡張機能は便利なのだが、追加したプログラムは常駐プログラムと同じで、メモリリソースを消費するため、マシンスペックが高くない場合は必要最小限にしたほうが良いかも。

アプリ

Chromeにはウェブアプリケーションを実行するプラットフォームに似た機能があり、Windowsが(Windows8は除くが)スタートメニューからアプリに起動させるように、Chromeでは登録されたプログラムを「アプリ」ページから起動する。

Chromeからのウェブアプリケーション操作は、Googleが開発したChrome OSを搭載するChromebookでベースになっている機能。
従来のPCにインストールするタイプのアプリと比較すると、操作性や性能面で劣ってしまうが、ブラウザ1つで様々なアプリを実行できるメリットがある。

アプリの追加は拡張機能と同様、Chromeウェブストアから行う。
左ナビゲーションから「アプリ」をクリックし、任意の項目を選択すると、条件に合ったアプリが表示される。

インストールするアプリをクリックすると詳細ページが開くので、右上にある「+Chromeに追加」をクリックするとインストールが開始する。

追加したアプリをChromeから削除する場合は、アプリページに表示されているアイコン上でコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を出し、「Chromeから削除」を選択するだけ。

ChromeのアプリはAndroidアプリと連携しているものが多いので、ウェブアプリケーションの利点を活かせば、結構便利だったりする。

一部のアプリを除いて、拡張機能のようにメモリリソースは消費しない。

Chromeでの実行プロセスを確認するのは、「︙」のメニューから「その他のツール」→「タスクマネージャー」で確認できる。

Chromeだけに限らず、ブラウザは一時ファイルを溜め込んで、ディスクの空き容量を圧迫するので、定期的にCCleanerなどでのクリーンアップを推奨。

CCleanerのインストールと使い方

パソコンを使用していると目に見えないゴミが蓄積し、システムのパフォーマンス低下の原因になったり、SSDやHDDの空き容量 … “CCleanerのインストールと使い方” の続きを読む





Google関連サービス

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

Googleドキュメントの設定と使い方

Googleが提供するクラウドアプリケーションで、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが無料で使用できるOfficeソフ … “Googleドキュメントの設定と使い方” の続きを読む

Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、 … “Gmailの設定と使い方(設定編)” の続きを読む

OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装してい … “OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法” の続きを読む

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信 … “Google クラウド プリントの設定と使い方” の続きを読む

Google Chromeのインストールと使い方

Google Chrome(グーグル クローム)はGoogleが開発した、シンプルに徹したタブブラウザ。 コンセプトは「 … “Google Chromeのインストールと使い方” の続きを読む

Google日本語入力のインストールと設定

日本語を入力する際に使用するIME(Input Method Editor)は、WindowsならMicrosoft I … “Google日本語入力のインストールと設定” の続きを読む

Googleドライブ バックアップと同期のインストールと使い方

Googleドライブのデスクトップアプリが2018年3月で終了することが発表され、後継のアプリケーションとして、従来のデ … “Googleドライブ バックアップと同期のインストールと使い方” の続きを読む

Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方

Googleコンタクト(連絡先)はGmailに付随していたアドレス帳が進化したもので、Googleアカウントで紐付けされ … “Google 連絡先(コンタクト)の設定と使い方” の続きを読む

Google カレンダーの設定と使い方

2017年10月にWEB版のデザインが一新されたGoogleカレンダーは、シンプルで使い勝手の良いスケジューラーで、Gm … “Google カレンダーの設定と使い方” の続きを読む





Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信するため、さまざまデバイスで1台のプリンタを使用できる。

会社ならともなく、個人で紙に出力する機会はあまりないようで、プリンタがなかったら困る場面は意外と多い。
一昔前なら一家にPCは1台、プリンタは1台といった感じで、SCSIやパラレルケーブルやUSBケーブルでPCとプリンタを接続すれば事足りたのだが、複数台のPCが当たり前になった現在ではそうもいかないので、直接プリンタと接続しなくてもネットワーク内であれば、有線LANやWiFiでプリンタにデータを送信して出力ができるネットワークプリンタが主流になった。


Googleクラウドプリントはローカルネットワークに接続されているプリンタをインターネットに接続することで、ローカルネットワークの垣根を取り払い、オンラインであればどこからでもプリンタを使用できる環境を実現する。

ただ、外出先から遠く離れた自宅や会社のプリンタを使用して出力するケースは滅多にあるものではなく、クラウドプリントの恩恵を享受するのは専らAndroidやiOSなどのモバイルデバイスと、接続可能なプリンタがないChromebookだったりする。



Googleクラウド プリントの種類

GoogleクラウドプリントにはGoogle Chromeを使用して利用する方法と、プリンタ各社から販売されているGoogleクラウド プリント対応のプリンタを使用する方法の2通りがある。

Chromeブラウザを使用して登録

Chromeブラウザを経由してパソコンに接続されているプリンタを使用するもので、「プリンタの共有」と同じだと考えて差し支えない。

一般的な「プリンタの共有」は1台のパソコンに接続されているプリンタを「共有設定」することで、ローカルネットワーク上の他のデバイスからプリンタが見えるようになり、プリンタに接続しているパソコン経由で印刷データを送信し、プリンタから出力する仕組み。
プリンタに直接接続しているパソコンはプリンタサーバとして機能しており、このパソコンが起動していないとプリンタが使用できない。

プリンタの共有を利用したGoogleクラウド プリントは、プリンタサーバとして機能しているPCにインストールされたChromeブラウザを経由してインターネットに接続し、Googleアカウントで紐づけされたデバイスから印刷データを受信し、プリンタへ出力する。

この方法であればプリンタがGoogle クラウド プリントに対応していなくても、インターネット経由でAndroidやiOSデバイス、Chromebookなどから印刷することが可能。
ただし、プリンタサーバとして機能しているPCが起動していなければ使用できない。

Google クラウド プリント対応のプリンタを使用

近年発売されているプリンタの多くは、有線LANやWiFiを実装しているものが多く、これらの機種であればGoogle Cloud Printに対応している可能性は高いが、非対応の機種も存在するため要確認。

Googleクラウドプリントの対応プリンタページ

Googleクラウドプリントのページには対応プリンタの掲載があるものの、はっきり言って役には立たないので、自力で検索する必要がある。

EPSONのGoogle クラウド プリント ページでは対応モデルが確認できる

HPの場合は「HP ePrint」であればGoogleクラウドプリントも使用可能で、その他のメーカーでもQ&AなどでGoogleクラウドプリントに関する記載がある。

Google クラウド プリント対応の機種は、プリンタ本体にプリントサーバが内蔵され、ネットワーク接続機能を実装しているので、プリンタ単体でインターネット接続が可能になっており、パソコンを介さず直接インターネット経由で印刷データを受信、出力することが可能になっている。

設定方法

Google クラウド プリントを利用する場合は、Chromeブラウザを使用する場合も、クラウド プリント対応プリンタを使用する場合も、Googleアカウントが必要。

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

Chromeにプリンタを登録

プリンタが接続されているパソコンでGoogle Chromeを立ち上げ、使用するアカウントでログインしておく。

「新しいタブ」を開いて「chrome://devices」と入力してエンターキー。

「デバイス」のページが開くので、「従来のプリンタ」にある「プリンタを追加」をクリック。

PCに登録されているプリンタが一覧表示されるので、クラウド プリントに登録するプリンタにチェックを入れ「プリンタを追加」。

これで登録完了。

Google クラウド プリント対応プリンタの設定

プリンタによって設定方法が異なるため、使用しているプリンタのマニュアルを参照。

brotherの複合機「DCP-J952N」ではIPアドレスでプリンタ本体にアクセスして「Google クラウド プリンタ」を「有効」にするだけで設定できた。

プリンタ本体でIPアドレスを確認。
「メニュー」→「全てのメニュー」→「ネットワーク」→「無線LAN(有線LAN)」→「TCP/IP」。

ブラウザのアドレスバーに確認したIPアドレスを入力しプリンタにアクセスすると、いくつかのメニューが表示されるので「Google クラウド プリント」をクリック。

「状態」を「有効」にして「登録」をクリック。

「Google」をクリック。

「プリンタの登録完了」をクリック。

これで登録完了。

登録内容は「chrome://devices」で確認できる。

 使用方法

Google クラウド プリントは対応しているアプリを使用して利用することもできるが、AndroidやChrome OSにはシステムとしてクラウド プリントが組み込まれているので、別途アプリをインストールする必要はない。

Chrome OSの設定ページには「Google クラウド プリント」の項目がある。

Androidにも「クラウド プリント」がデフォルトでインストールされており、アンインストールできないシステムアプリになっている。

Androidデバイスから印刷

AndroidでGoogle クラウド プリントを利用する場合は、各アプリのメニューから「印刷」を選択し、表示されるプリンタからGoogle クラウド プリントに登録したモデルを選択するだけ。

Googleフォトの場合、右上にある「︙」をタップ。

メニューから「印刷」を選択。

上部に表示されるプリンタ一覧からGoogle クラウド プリントに登録したモデルを選択してプリンタアイコンをタップ。

これで指定したプリンタから出力可能。

Windowsでの使用

Google クラウド プリントは専用のドライバをインストールすることでWindowsからも使用できる。

システム要件

OS:Windows XP / Vista / 7   ※Windows10でも動作確認済み
ブラウザ:Google Chrome

※Windows XPとVistaはXPS Essentials Packが必要

ソフトの入手先

Google クラウド プリント ダウンロードページ

XML Paper Specification(XPS) Essentials Pack ダウンロードページ

※XPS Essentials PackはWindows7以降なら必要ない。

Google クラウド プリントのインストール

インストールそのものはシンプルで特に注意すべき点はない。

ダウンロードページにある「Google クラウド プリントをダウンロード」をクリック。

利用規約を確認して問題なければ「同意してインストール」をクリック。

インストーラーのダウンロードが開始。

ダウンロードした「virtualprintersetup」を起動したら、セキュリティ警告が出るので「実行」。

ドライバをインストールするか尋ねてくるので「インストール」をクリック。

インストールが完了したら「閉じる」。

プリンターに「Google クラウド プリンタ」が追加される。

使用方法

AndroidやChromebookからの印刷はスマートだが、Windowsで利用する場合は少々手間がかかる。

通常の印刷と同じ手順で「Google クラウド プリンタ」を選択して「印刷」。

Chromeが起動してGoogle クラウド プリントのページが開くので、登録してあるプリンタをクリック。

ChromeはGoogle クラウド プリントが登録してあるアカウントと同一アカウントでログインしている必要があるので要注意。

基本的な印刷設定。

「詳細オプション」はまだ日本語化されていないが、「Media Type」は「普通紙・インクジェット紙・光沢紙」の3択、「Print Quality」は印刷品質で「普通・きれい」、「Paper Source」は給紙方法、「Paper Borderless」はフチなし印刷の設定なので、それぞれ任意に指定。

設定が終わったら最下段にある「印刷」をクリックすると、指定したプリンタから出力される。





クラウドプリント

Android版 ネットワークプリントサービスのインストールと使い方

DropboxやGoogle Driveなどのオンラインストレージを利用すると、スマホ1つあれば外出先でも書類の確認はで … “Android版 ネットワークプリントサービスのインストールと使い方” の続きを読む

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信 … “Google クラウド プリントの設定と使い方” の続きを読む





OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装しているが、Android用のGmailで先行して導入されていたGmailfyがPCからも設定可能になった。

Gmailfyは2016年2月にAndroid用のGmailアプリに追加された機能で、Gmail FetcherのようにPOP3の設定などを必要とせず、YahooやOutlookのアカウントとパスワードを入力するだけでGmailでの受信が可能になる便利な機能。

Android用のGmailアプリはマルチアカウントに対応しているので、POP設定などを必要とせず、アカウントとパスワードのみでOutlookやYahooメールを追加でき、アカウントを切り替えて操作が可能なのだが、Gmailfyは既存のGmailアカウントに関連付けを行い、OutlookやYahooメールをGmailから送受信できるようになる。



Gmailアプリでの設定

AndroidのGmailアプリでGmailfyを利用するには、初めにYahooメールやOutlookのアカウントでメールをセットアップしておく必要がある。

メールのセットアップ

 

Gmailアプリを開いて左上にあるメニューアイコン「三」をタップ。

メニューの一番下にある「設定」をタップ。

「アカウントを追加」をタップ。

セットアップするメールをタップ。

YahooメールならYahooメールのアドレスを入力。

OutlookはMicrosoftアカウントを入力。

YahooメールもOutlookもパスワードを入力。

Outlookはアクセス許可のメッセージが表示されるので「許可」をタップ。

任意でアカウントオプションの設定を変更して「次へ」。
こだわりがなければデフォルトのままで特に問題はない。

アカウントの設定が完了。
「次へ」をタップ。

YahooやOutlookのアカウントが追加される。

Gmailアプリのメニューからアカウントを切り替えて使用できる。

Gmailfyの設定

アカウントを切り替えて使用するの面倒だったり、YahooメールやOutlookのメールを受信専用で使用していたりする場合、Gmailfyを設定することで各メールアドレスがGmailに関連付けられ、Gmailから送受信できるようになるだけでなく、強力なGmailの迷惑メールフィルタが適用されるメリットがある。

ただし、GmailfyはメールのコピーをGmailに同期し、追加したYahooメールやOutlookのアカウントへの単体アクセスができなくなるため、リンクしたYahooメールやOutlookはGmailで既読にしても、オリジナルは未読のまま蓄積されていくことになる。
また、Gmail Fetcherは最大5つのアカウントを追加可能だが、Gmailfyでリンクできるのは1つのGmailアカウントに対して1つのアカウントになるため、GmailfyではYahooメールとOutlookを同時に1つのGmailで受信することはできない。

GmailfyでGmailとリンクするには、Gmailアプリのメニューの「設定」を開き、リンクするYahooメールやOutlookのアカウントを選択して、「アカウントのリンク」という部分をタップ。

セットアップウィザードが立ち上がるので「開始」をタップ。

リンクするGmailアカウントをタップ。
Gmailアカウントを複数使用している場合は、「別のGmailアドレスを選択する」から指定可能。

パスワードを入力して「次へ」。

規定メールの設定。
リンクされたYahooメールやOutlookアドレスのみに有効で、リンクしたGmailは従来通りGmailアドレスが既定。

受信トレイが表示されるので「OK」をタップで完了。

リンクは「設定」の「アカウントのリンク解除」で簡単に解除可能。
また、解除の際にそれまで受信していたメールの保存や削除も指定できる。

PC用Gmail Web版の設定

PCで使用するWeb版のGmailでは「Gmail Fetcher」の設定箇所に追加される形で「Gmailfy」の選択ができるようになった。

「設定(ギアのアイコン)」の「アカウントとインポート」にある「他のアカウントでメールを確認」の「メールアカウントを追加する」をクリック。

以前は「メールアカウントを追加する」ではなく「「自分のPOP3メールアカウントを追加」という表記だった。

YahooメールやOutlookなどのメールアドレスを入力して「次へ」。

Gmailfyを利用する場合は、「Gmailfyでアカウントをリンクする」にチェック。
「他のアカウントからメールを読み込む(POP3)」を選択すると「Gmail Fetcher」の設定になる。

関連付けるアカウント情報を確認してパスワードを入力し「次へ」。

これでリンク完了。

リンクの解除も同じ設定画面から簡単に行える。

Gmail

Gmailの設定と使い方(基本操作編)

GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフ … “Gmailの設定と使い方(基本操作編)” の続きを読む

Android版 Gmailの設定と使い方

もともとGmailはパソコンで操作するWebメールだったのだが、Androidの普及とともに、現在ではAndroidデバ … “Android版 Gmailの設定と使い方” の続きを読む

OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装してい … “OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法” の続きを読む

Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、 … “Gmailの設定と使い方(設定編)” の続きを読む





Google関連サービス

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

Googleドキュメントの設定と使い方

Googleが提供するクラウドアプリケーションで、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが無料で使用できるOfficeソフ … “Googleドキュメントの設定と使い方” の続きを読む

Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、 … “Gmailの設定と使い方(設定編)” の続きを読む

OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装してい … “OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法” の続きを読む

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信 … “Google クラウド プリントの設定と使い方” の続きを読む





Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。

また、Gmailはメールの転送や複数アカウントの利用、メールの経由サーバの指定、POP3メールアカウントの追加など、かゆいところに手が届く様々な機能を実装している。
特に他のメールアカウントも含めた複数アカウントの利用に関しては、「自動転送と送信アカウントの追加」「Google Fetcher」「アカウントの切替」「代理機能」など、いくつかのアプローチ方法があるので、自分にあった仕様で使うことができる。

Gmailの基本操作

Gmailの設定と使い方(基本操作編)

GmailはGoogleが提供している大容量ウェブメールで、HotmailやYahoo mail、goo mailなどフ … “Gmailの設定と使い方(基本操作編)” の続きを読む



設定方法

Gmailは受信トレイが表示されている画面でも、「ラベル」や「フィルタ」などの設定は可能(基本操作編を参照)になっているが、それらを含めて、ほぼ全ての設定は「設定」ページで行うことができる。

gmail060

Gmailの設定画面は受信トレイの画面右上にある「ギア」のアイコンをクリックして、プルダウンメニューから「設定」を選択。

メールアドレスの表示設定

GmailではGoogleアカウントで設定している名前が、メールを送信した相手に表示されるようになっている。

上記赤枠部分が送信元で設定されている表示名。
Googleアカウントの氏名がそのまま表示される。

表示名を変更する場合は、「設定」の「アカウントとインポート」にある「名前」の「情報を編集」をクリック。

任意の名前をテキストボックに入力し、使用する名前のラジオボタンを選択して「変更を保存」。

メールの送信先で誰からのメールか分かりやすくなる。

署名

署名はメール送信時にメールの下部にはいる定型文で、Gmailでは複数の送信アカウントを設定でき、各アカウントごとに署名を作成できる。

gmail097

署名は設定画面の「全般」を開き、「署名」の項目で設定する。
送信アカウントを追加している場合は、各アカウントごとに署名の設定が可能で、署名を追加するアカウントをドロップダウンリストから選択。

gmail098

テキストボックスに任意の署名を入力する。
署名はリッチテキスト形式(HTML)なので、文字色などの装飾やリンクを使用することも可能。
ただし、メール作成時にプレーンテキスト形式を選択すると、署名の装飾は全て削除される。

署名を作成したらページの最下部にある「変更を保存」をクリック。

gmail099

新規のメッセージを作成すると、自動的に署名が挿入されるようになる。

キーボードショートカット

Gmailにはショートカットが用意されており、矢印キーでの移動や「Ctrl+Enter」でのメッセージ送信など、いくつかは常に有効になっているものの、その他の多くは設定でショートカットを有効にしなければ使えない。
使用頻度の高い操作だけでも、ショートカットを覚えると作業効率が格段に向上するのでオススメ。

gmail100

ショートカットを有効にするには、設定画面の「全般」を開き、「キーボードショートカット」の項目で「キーボードショートカット ON」にチェックを入れ、最下部の「変更を保存」をクリック。

Gmail のキーボード ショートカットlink

送信取り消し

送信取り消しは、もともとlabsで提供されていたサービスで、仕様として正式採用された機能。
メッセージを送信した直後に、「あ゛っ!」となっても通常なら時既に遅しだが、この機能を有効にすると、指定した時間だけ送信を取り消すことができる。

gmail101

送信取り消しを有効にするには、設定画面の「全般」を開き、「送信取り消し」の項目にチェックを入れて、取り消せる時間を指定して、ページ最下部の「変更を保存」をクリック。

gmail102

送信取り消しを有効にすると、メッセージを送信した際に、通常なら「メールを送信しました。メッセージを表示」というメッセージに「取消」が追加され、設定した時間だけ表示され、「取消」をクリックすれば送信が取り消される。

添付漏れ、CcやBccの入れ忘れ、コピペした本文の修正忘れなどなど、個人的には非常に重宝している機能だったりする。

自動転送

複数アカウントを使用する際に、最もシンプルな方法が「メールの転送」。
A・B・C 3つのアカウントがあり、Aをメインに利用している場合、BとCに送信されたメールを自動でAに送る操作が転送。
メールアドレスを入力するだけで、GmailをGmailに転送したり、GmailからOutlookやYahooメール、その他のPOPメールに転送できる。

ただし、自動転送は設定後の新着メールのみが対象で、過去に受信したメールは転送されないため、過去のメールを含めてGmailで受信したい時はFetcher 機能を使用する。

gmail062

設定画面の上部にあるメニューから「メール転送とPOP/IMAP」をクリックし、次に「転送先アドレスを追加」をクリック。

gmail063

転送先のメールアドレスを入力。

gmail064

転送するメールアドレスの確認。
問題なければ「続行」。

gmail065

転送するメールアドレスに確認メールが送信されるので、転送先のメールを起動してメールを確認。

gmail066

設定画面の「転送」の項目が「確認コード」の入力に変わっているので、メールに記載されている「確認コード」を入力して「確認」。

gmail067

「転送を無効にする」のラジオボタンにチェックが入っているので、「受信メールを*****に転送して」の項目にチェックし、転送時の処理を選択して完了。

転送を一時的に中止する場合は、「転送を無効にする」にチェックを入れるだけ。
転送設定したメールアドレスを削除する場合は、表示されているメールアドレスのドロップダウンリストから削除を選択。

転送されてくるメールは普通に受信トレイに入ってくるので、通常のメールと転送メールが混在した状態になるため、受信側のメーラーでフィルタを設定しておくのがベター。
メールの送信元はメール送信者ではなく、転送設定をしたGmailのアドレスになるので、フィルタのFromにGmailのアドレスを設定すると、転送メールと通常の受信メールを区分けすることができる。

転送先がGmailの場合は、次の「送信アカウントの追加」をすることで、転送されたメールに対しての返信を、メールを受信したアドレスから返信することも、別に用意したアドレスから送信することも可能。

送信アカウントの追加

メールアカウントを使い分けている時に便利なのが送信アカウントの追加。
送信時に任意のアドレスが選択でき、署名もアカウントごとに使用できる。
メールの経由サーバを設定すれば、Gmailを使用しながら”gmail.com”以外のドメインから送信することも可能。

会社メールアドレスを自動転送してGmailで受信しても、通常なら返信する場合はGmailのドメインになるため体裁が悪いが、送信アカウントに会社のアドレスを追加すれば、Gmailから返信する際も会社のアドレスから送信するので、仕事で利用するときなどに便利。

送信アカウントを追加する際は、SMTP経由でメール送信設定には、メールのユーザ名やパスワード、SMTPサーバなどの情報が必須になる。

gmail068

アドレスを追加するには、設定画面の「アカウントとインポート」を開き、「名前」の項目にある「メールアドレスを追加」をクリック。

gmail071

「名前」は送信相手に表示される名前を入力し、メールアドレスには追加するアドレスを入力。

「エイリアスとして扱います」についてはGmailのヘルプに、メインアドレスと同様に扱う場合にはチェックボックスをオンにするよう記載があるものの、開封確認などの通知を受ける際に有効なだけなので、開封確認機能がない個人用Gmailではオフにしていたほうが使い勝手がよいかも。

メールを送信した場合、メッセージへの返信は「差出人(送信したアドレス)」になるのだが、返信先を別のアドレスにした時には、「別の返信先アドレスを指定」をクリックして、返信先アドレスを入力する。

設定できたら「次のステップ」。

gmail072

SMTPを使用して別のメールアドレスからメールを送信する場合は、プロバイダで提供されているSMTP(送信サーバ)やポート情報、ユーザー名とパスワードを入力。

gmail073

別のGmailのアドレスを追加する場合はSMTPやポート情報は必要ない。

gmail075

MicrosoftのOutlookメールも追加可能だが、Outlookにログインするパスワードでは認証してくれないので、設定が少々ややこしい。

まずOutlookメールの設定でPOPを有効にして、アカウント情報から「セキュリティーとプライバシ」→「その他のセキュリティ設定」で「2段階認証」を有効化。
「2段階認証」が有効になると「アプリパスワード」の設定が可能になるので、「アプリパスワード」から「新しいパスワードを作成」をクリックし、そこに表示されたパスワードをSMTPの認証パスワードとして入力。
ちなみにドメインがoutlook.jpとlive.jpではSMTPが異なるが、どちらでも認証できた。

必要項目の入力後、「アカウントを追加」もしくは「確認メールの送信」をクリックすると、追加したメールアドレスに確認コードが送信される。

gmail076

追加したメールアドレスに「Gmail からのご確認」というタイトルのメールが届いているので、メッセージ内に記載されているリンクをクリックするか、メッセージ内にある「確認コード」を入力して「確認」をクリック。

確認コードを入力した場合は認証完了。

gmail077

メッセージ内のリンクをクリックした場合は確認画面が開くので「確認」をクリックして認証完了。
確認コード入力の画面が開いたままだが、認証は完了しているので「ウインドウを閉じる」で閉じてOK。

Gmail Fetcher 機能

Gmail Fetcherは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できる機能で、POPメールの場合はメールサーバにメールが保存されている状態であれば、過去のメールも含めて受信が可能。
また、他のGmailをFetcher機能で受信設定すると、過去のメールも含め全てのメールを取り込むことが可能で、Gmailを移行する際などに活用できる。

POPメールを追加する場合は、送信アカウントと同様に、POPメールのユーザ名やパスワード、POPサーバなどの情報が必要。

gmail078

Gmail Fetcherの設定は、設定画面の「アカウントとインポート」にある「POP3を使用して他のアカウントのメッセージを確認」の項目から「自分のPOP3メールアカウントを追加」をクリック。

gmail078

Gmailで受信するPOP3メールもしくは他のGmailアドレスを入力。

gmail079

POP3メールの場合は、プロバイダで提供されているPOP3(受信サーバ)やポート情報、ユーザー名とパスワードを入力。

その他の項目は任意でチェックを入れる。
他のメールソフトをメインで使用する際は、「取得したメッセージのコピーをサーバに残す」にチェックを入れることを推奨。
このチェックを入れていないと、先にGmailでPOP3サーバに届いたメールを受信した場合、後からメインのメールソフトで送受信を行っても対象のメールが受信されない。

「メールの取得にセキュリティで保護された接続を使用する」にもチェックを入れておくことを推奨。現在はほとんどのプロバイダでSSL接続は可能なはずだが、設定時にエラーメッセージが表示され、内容が「プロトコル エラー」の場合はチェックを外す。

「受信したメールにラベルをつける」と「メッセージを受信トレイに保存せずアーカイブする」に関しては任意で設定。

設定が終了したら「アカウントの追加」をクリックする。

gmail082

追加するアカウントが「名前(送信アカウント)」に追加されていない場合は、続いて「送信アカウントの追加」設定が開始する。
追加の手順は「送信アカウントの追加」を参照。

gmail080

設定が完了すると設定画面の「POP3を使用して他のアカウントのメッセージを確認」の項目に「メール確認中…」と表示され、数分後に画面を更新(F5)すると「前回のメールチェック◯◯分前」という表記に変わる。
受信設定を削除する場合は、削除するアカウントに表示されている「削除」をクリックするだけ。設定内容の確認や変更は「情報を編集」で可能。

この処理によりPOP3のメールサーバに保存されているメールを取り込み、これから受信する新規メールをGmailで受信するようになる。
ただし、Thunderbirdなどのメーラーを使用して、メールサーバからメールをダウンロードしてローカルにのみ保存している場合は取り込むことができない。
どうしてもGmailで管理したい時は、必要なメールを1通ずつ地道にGmailへ転送するしかない。

GmailからGmailへの移行

Gmailから別のGmailアカウントの受信にGmail Fetcherを使用すると、保存されている全てのメールが取り込まれるので、複数アカウントの統合やメインメールのバックアップを含めたアカウントの移行に利用できる。

gmail085

Gmail FetcherはPOPメールを取り込む機能なので、取り込み先のGmailでPOPを有効にしておく必要がある。
「設定画面」から「メール転送とPOP/IMAP」を開いて、「POPダウンロード」の項目で「すべてのメールでPOPを有効にする」にチェックを入れて「変更を保存」。

gmail083

次に受信する側のGmailで、POP3メールの設定と同様に取り込み先のGmailアカウントを入力して「次のステップ」をクリック。

gmail084

ユーザー名がアカウントだけになっているので「@gmail.com」を追加してメールアドレスとパスワードを入力して「アカウントを追加」。

gmail088

正しくアカウントとパスワードを入力しても、「指定のユーザー名とパスワードによるPOP3アクセスはサーバーで拒否されました。」とエラーメッセージが出ることがあるので、メッセージの箇所にある「エラーの詳細を表示」をクリック。

エラーの詳細には該当エラーに対する下記のヘルプページへのリンクが表示されているはず。
クライアントでユーザ名とパスワードが受け入れられないlink

gmail089

エラーが表示された場合は、取り込み先のGmailで上記のようなメールを受信している。

この現象は2016年9月現在確認できるが、GmailからGmailへのPOP3接続が「安全性の低いログイン技術」として、Googleアカウントのセキュリティでブロックされているのが原因。
そのためエラーを回避するにはGoogleアカウントのセキュリティ設定を変更する必要がある。

gmail091

取り込み先Gmailのアカウントでログインした状態で、Googleアカウントの「アカウント情報」から「ログインとセキュリティ」を開き、ページの最下段にある「安全性の低いアプリの許可」をONにして「有効」にする

Googleアカウント管理(アカウント情報)ページlink

gmail093

「安全性の低いアプリの許可」を「有効」にして、再びメールアカウント追加の設定画面でパスワードを入力し、「アカウントの追加」をクリックしても同様のエラーが表示される場合は、「Google アカウントへのアクセスを許可」が必要で、「「パスワードが正しくありません」エラー」というヘルプに「Google アカウントへのアクセスを許可」へのリンクがある。

「パスワードが正しくありません」エラーlink

gmail094

ヘルプに記載されているリンクを開き「次へ」をクリック。

gmail095

この操作でアクセスが有効になったので、再度メールアカウント追加の設定画面でパスワードを入力し、「アカウントの追加」をクリック。

それでも同様のエラーが出る場合は、アカウントやパスワードの入力に誤りがないか、取り込み先のGmailは正しくPOPが有効になっているかなど再確認。

gmail092

追加設定が完了するとPOP3メールの追加時と同様、追加するアカウントが「名前(送信アカウント)」に追加されていなければ「送信アカウントの追加」設定が開始する。
追加の手順は「送信アカウントの追加」を参照。

gmail103

受信が開始すると「アカウントとインポート」の項目に「履歴」というリンクが出現し、正常に受信すると左図のように取得メールの履歴が表示される。

ただ、2012年にGmailを移行した際には、取り込み先と受け入れ側に同一メールが存在していたため、過去のメールを取得しないという現象が起こった。
例えば「メールA」に保存されているものと同じメールを 「メールB」で一度受信し、そのメールをゴミ箱に移動した状態で、Mail Fetcherの設定を行なっても、「メールA」に保存されている過去のメールは一切受信せず、「メールA」に届いた新着メールしか「メールB」は取得しない。

正しく設定しても過去のメールを受信しない場合は、ゴミ箱や迷惑メールの中に送信元と同じメールが残っていないか確認し、残っている場合は完全に削除してから再設定すると良いかも。

アカウントの切り替え

Gmailはマルチアカウントに対応しているので、複数のGmailアカウントを登録し、切り替えて使用できる。
タブブラウザを使用してる場合は、切り替えたアカウントが新規タブで表示されるため、タブを切り替えるだけで複数のGmailアカウントのメールを確認可能。

gmail109

アカウントの切替を利用するには、利用するアカウントを追加する必要があるので、Gmailの右上にある「アカウントのアイコン」をクリックしてアカウント情報を表示し、「アカウントを追加」をクリック。

gmail105

追加するアカウントを入力して「次へ」。
「@gmail.com」は省略可能。

gmail106

Gmailが該当するアカウントを認識してパスワードの入力を求めてくるので、パスワードを入力。

パスワードが正しければ新規タブが開き、追加したアカウントのGmailが表示される。

gmail108

アカウントのアイコンをクリックすると、追加したアカウントが表示される。

次回からはデフォルトのアカウントでログイン後、アカウントアイコンから表示したいアカウントをクリックすると、新規タブで該当アカウントのGmailが表示される。

代理機能

アカウントの切替と似ていて非なるものが代理機能。
アカウントの切替は、自分が所有する複数のGmailアカウントを切り替えて使用するものだが、代理機能は自分以外の相手に権限を与えてGmailそのものを共有する機能。
当然ながらアクセス権限を与える相手もGmailを使用していることが利用条件。

営業マンの場合は事務方の補佐をする営業事務やアシスタントがいたりするが、営業事務やアシスタントに代理機能で編集権限を与えていれば、自分に届いたメールを共有できるので、メールに対する返信などのレスポンスもよくなる。

gmail110

新たにアクセス権限を与えるには、設定画面の「アカウントとインポート」を開き、「アカウントへのアクセス許可」の「アカウントを追加」をクリック。

gmail111

アクセス権限を与える相手のGoogleアカウントを入力。

GoogleアカウントはGmail以外のアドレスでも取得可能だが、Gmailの代理機能を使用するにはGmailのアカウントが必須。

gmail112

アクセス許可のメールを権限を与える相手に送信するため、「メールを送信してアクセスを許可」をクリック。

gmail113

アクセス権を与えた相手には「◯◯からGmail アカウントへのアクセス権が付与されました。承認しますか?拒否しますか?」というタイトルのメールが届き、本文に「承諾」と「拒否」のリンクがあるので、「承諾」のリンクをクリックすると、メールアドレスやパスワード入力などの設定なしに、24時間以内にアクセスが可能になり、アカウントに(代理)として追加される。

代理機能は個人利用のGmailだと最大5アカウントまで追加可能。

Gmailアカウントの削除

Googleアカウントにはアカウントのそのものの閉鎖と、各サービスごとの個別削除があり、Gmailも単体でアカウントを削除できる。
ただし、GmailはGoogleアカウントになっている場合は多く、Googleアカウントを残してGmailのみを削除する際は、Gmailの代替メールが必要になる。

gmail109

Gmailアカウントを削除するには、右上のアカウントアイコンから「アカウント」をクリック。

gmail114

アカウントの管理ページが開くので、「アカウントやサービスの削除」をクリック。

gmail115

「アカウントやサービスの削除」のページで「サービスの削除」をクリック。

パスワードの再入力画面が開くので、パスワードを入力して「ログイン」。

gmail116

アカウントを削除する前にデータのダウンロードを勧められる。
一時に気の迷いでアカウントを削除すると取り返しがつかないので、取り敢えずデータはダウンロードしていた方が賢明。

削除の準備ができたら「ゴミ箱」アイコンをクリック。

gmail119

Googleアカウントとして使用する代替のメールアドレスを入力して「確認メール送信」。

メールを確認するようメッセージが表示されるので、アカウントの代替として入力したメールを開いて「Gmailの削除の確認」というタイトルのメッセージを開く。

gmail120

確認メールに記載されているリンクをクリック。

別のGoogleアカウントを使用している場合は、ログイン画面が表示されるので、削除するGmailのGoogleアカウントでログイン。

gmail121

最終確認画面が開くので、本当に削除してもよいならチェックボックをにチェックを入れてから「Gmailを削除」でGmailのアカウントが抹消される。

Labs

GmailのLabs(ラボ)はGmailがベータ版だった頃の名残というか、実装するに至っていない機能を試験運用しているもので、実用的な機能から遊び心のある機能までいろいろ。
ベータ版の頃はラボに追加される機能も多かったが、現在は安定版公開時にあった機能から増えていない。
ちなみに現在実装している「送信取り消し」はlabsから格上げされた機能。

わずかにリスクはあるが、使用して問題が生じればラボの機能をオフにすれば良いだけなので、それほど慎重になる必要もなかったりする。

gmail122

Gmailがベータ版の頃から愛用しているのがlabsの「マルチ受信トレイ」。
個人的には正式実装を確実視していた機能だが、受信トレイがタブ形式になったために未だlabsにある。

マルチ受信トレイは文字通り複数の受信トレイを表示させる機能で、通常の受信トレイをメインとして、任意のラベルやスター付きのメールを表示可能にする機能。

個人的な使い方としては、「至急」「未処理」「進行中」「保留」というラベルを作り、受信したメールをToDoリストにしている。
ToDoリスト用のラベルとは別に、カテゴリー用のラベルも付けているので、結構使いやすい。

gmail125

labsの機能を有効にするには、設定画面から「Labs」を開き、任意の機能のラジオボタンを「有効にする」に変えて、「変更を保存」をクリックするだけ。

gmail124

マルチ受信トレイを追加すると、設定画面に「マルチ受信トレイ」のタブが追加され、表示させる受信トレイの設定が可能になる。

デフォルトではスター付きが表示されるようになっており、「is:starred」と入力されている。
任意のラベルを受信トレイに設定するには「「label:(ラベル名)」。

「進行状況」というラベルにネストされた「至急」というラベルの受信トレイを表示させるには「is:進捗状況/至急」となる。

gmail127

ラベル名の入力が分からない場合は、受信トレイに戻り、対象のラベルをクリックすると、「メール検索」のテキストボックスにクリックしたラベルが表示されるので、この部分をコピーしてパネルに貼り付ければOK。

マルチ受信トレイのほかにも「未読メッセージアイコン」や「返信定型文」など実用的な機能やユニークな機能があるので、いろいろ試してみると面白いかも。

Labsに限らず、実装している機能でもデフォルトでOFFになっているものは玉石混交で、あまり使えない代物もあったりする。
「デスクトップ通知」などはその最たるもので、ブラウザが起動していない状態で新着メールを通知してくれるのか思いきや、通知の条件は「Chrome、Firefox、Safari のいずれかで Gmail にログインして Gmail を開いている場合」なので、よほどデスクトップが散らかっていて、数多の作業ウインドウにブラウザが埋没しているような状態でもない限り、ほとんど意味をなさない。

以前はタスクトレイに常駐して新着メールを通知するGoogle Notifierというアプリが提供されていたが、現在はサポートされていない。
メールの通知に関してはスマホやタブレットのGmailが優れているので、PCとの併用がベストかも。





Google関連サービス

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

Googleドキュメントの設定と使い方

Googleが提供するクラウドアプリケーションで、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが無料で使用できるOfficeソフ … “Googleドキュメントの設定と使い方” の続きを読む

Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、 … “Gmailの設定と使い方(設定編)” の続きを読む

OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装してい … “OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法” の続きを読む

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信 … “Google クラウド プリントの設定と使い方” の続きを読む









Googleドキュメントの設定と使い方

Googleが提供するクラウドアプリケーションで、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが無料で使用できるOfficeソフト。
Googleの無料オンラインストレージGoogle Driveと統合されており、Googleドキュメント単体での提供はされておらず、使用する際にはGoogle Driveを利用することになる。

Officeソフトの代名詞 Microsoft OfficeのWord、Excel、PowerPointと互換性があり、閲覧・編集が可能。ただし、完全互換ではないので、体裁が崩れたり、書式設定が消失することがある。
ExcelファイルをGoogleスプレッドシートで表示した場合、曜日の漢字表示で使用される(aaa)や、縦文字表記などは非対応で、罫線も一部反映しない場合があったりする。また、安全性の面からマクロは無効化され、フォームも表示されない。
また、LibreOfficeやOpenOfficeなどで使用されている(.odt)や(.ods)ファイルについては、辛うじて開ける程度で、互換性があるというレベルではない。

Googleドキュメントのファイル形式はドキュメントファイルが(gdoc)、表計算ファイルが(gsheet)、プレゼンテーションファイルが(gslides)で、作成したファイルはGoogleドライブに保存されるが、これらのファイルはMS OfficeやLibreOfficeとの互換性がないため、汎用性を持たせるためには、ファイル形式を指定してダウンロードする必要がある。

Google DocsやSheetsなどいずれのアプリも操作はブラウザで行い、オンラインであることが前提なので、デスクトップ版のMS OfficeやLibreOfficeなどと比較すると、操作感の悪さは否めない。また、Google Chromeのみオフラインに対応しているものの、デスクトップ版というわけではなく、単にオフラインでもGoogleドライブ内のファイル操作が可能になる程度。

デスクトップ版のMS Officeを軸にすると、Googleドキュメントは簡易的な閲覧・編集が可能なだけのアプリだが、複数で同一ファイルを操作する共同作業ではクラウドアプリケーションの真価を発揮する。
デスクトップ版のOfficeでは不可能な、複数によるリアルタイム編集が可能で、チャット機能もあるので、コミュニケーションを取りながら作業をすすめることが出来る。



システム要件

Googleドライブと同じ。

OS:WindowsXP 以降
対応ブラウザ:Chrome(24以降)、Firefoxe(24以降)、IE(10以降)

※ブラウザに関しては最新バージョンの使用を推奨。
※CookieとJavaScriptは有効になってることが前提条件。

ソフトの入手先

Googleドライブのデスクトップアプリをインストールすると、同時にGoogle Docs/Sheets/Slidersのショートカットが作成される。
※Google Docs/Sheets/Sliders本体のインストールは無く、WEB版のGoogleドライブのみでも利用は可能なので、インストールしなくてもOK。

Googleドライブ公式デスクトップアプリ ダウンロードページlink

GOOGLEアカウント

GoogleDriveを使用するにはGoogleアカウントが必須なので、アカウントを持っていない場合は、事前にGoogleアカウントを取得しておく。

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

Googleドライブ

デスクトップ版のGoogleドライブをインストールしておくと、Googleドキュメントのショートカットがデスクトップに生成され、ショートカットをクリックすると編集可能状態でブラウザが起動するので、Googleドキュメントの利用頻度が高ければ、デスクトップ版のGoogleドライブをインストールしておくと便利。

Google Driveのインストールと使い方

2012年4月、数年前から幾度と無く話題に登りながら、噂の域を脱していなかったGoogle提供のオンラインストレージ 通 … “Google Driveのインストールと使い方” の続きを読む

使用方法

Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドは、いずれもGoogleドライブに含まれている機能で、ファイルは全てGoogleドライブに保存される。
大雑把に例えると、Googleドライブという別のPCがあり、そのPCを遠隔操作している感じ。
そのためローカルに保存されているOfficeファイルをGoogleドキュメントで開く場合は、Googleドライブにアップロードする必要がある。

Googleドライブからの起動

GoogleドライブからGoogleドキュメントを展開する場合は、ブラウザでウェブ版のGoogleドライブにアクセする必要がある。

google-docs002

新規のGoogleドキュメントファイルを作成する場合は、「新規」ボタン、上部の「マイドライブ」のドロップダウンメニュー、Googleドライブ内の右クリックメニューから、使用するアプリを選択する。

google-docs003

新規ファイルは新規タブで表示され、ファイルは全て自動保存。

google-docs004

ファイル名の変更は「ファイル」→「名前を変更」を選択。
ファイル名を変更せずにタブを閉じると「無題のドキュメント」というファイル名で保存される。

一般的に同名のファイルは「名称未設定」などのファイル名の後に数字が付加されるが、ウェブ版のGoogleドライブ内ではGoogleドキュメントのファイル名に数字が付加されないため、ファイル名は変更しておいたほうが賢明。
ちなみにローカルにインストールされているGoogleドライブフォルダ内では、同名ファイルには数字が付加される。

google-docs008

Googleドライブ内にGoogleドキュメントファイルが保存されている場合は、ファイルをダブルクリックすると別タブでファイルが開く。

デスクトップショートカットからの起動

デスクトップ版のGoogleドライブをインストールすると、デスクトップにGoogleドキュメントのショートカットが生成され、Googleドライブを経由せず、各アプリを独立した状態で利用できる。ただし、これらはローカル環境にアプリケーションがインストールされているわけではないため、作成したファイルはGoogleドライブに保存され、Google Chrome以外のブラウザではオフライン環境で利用できない。

google-docs005

ショートカットをクリック後に起動するブラウザが、Googleアカウントにログインしていない場合は、アカウントへのログインを求められる。

google-docs006

デスクトップ版の場合は、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドの各アプリ専用のウインドウが展開し、Googleドライブ内に保存されているファイルが一覧表示される。

google-docs007

新規ファイルを作成するには右下にある「+」をクリックする。

Googleドライブ内に保存されているファイルを編集する場合は、任意のファイルをクリックする。

ファイルの共有と共同作業

統合Officeソフトとしては微妙なGoogleドキュメントだが、クラウドアプリケーションの強みを活かした共同作業は、デスクトップ版のOfficeにはない機能なので、複数で同時に1つのファイルを編集したい場合は便利。

ファイル共有と共同作業はデスクトップショートカットからの起動でも、ウェブ版のGoogleドキュメントからでも可能。
ファイルの共有のみなら共有相手がGoogleアカウントを取得していなくても、閲覧のみなら可能だが、共同作業をする場合はGoogleアカウントが必須になる。

google-docs010

共同作業をする場合は、はじめにファイルを共有化する必要があるので、右上の「共有」をクリック。

ファイルが「無題」の場合はファイル名を付けるよう促されるが、無題のまま保存することも可能で、「スキップ」をクリックした場合も無題のまま保存される。

google-docs013

ファイルを共有する相手のメールアドレスを入力し、ファイルの権限を指定する。
共同作業を行う場合は「編集者」権限を付与する。

google-docs014

アドレスを入力するとメモ欄が出現するので、任意で相手へのメッセージを入力して「送信」。

※ファイル共有の詳細についてはGoogle Driveのページを参照

google-docs015

送信されたメールは上図のような感じで届くので、「ファイル名のリンク」もしくはスプレッドシートで開く」をクリック。

google-docs016

Googleアカウントを取得している共有相手がファイルを開くと、上部に相手のプロフィール画像が表示され、ファイルが共同作業中になったことが分かる。
また、プロフィールアイコンの横になる吹き出しアイコンをクリックすると右下にチャットウインドウが展開する。

google-docs017

チャットウインドウは右上の矢印をクリックするとポップアウトが可能。
入力欄のスマイルアイコンからは絵文字の選択もできる。

google-docs018

スプレッドシートの場合、相手が選択しているセルは、プロフィール画像の背景色と同じ色でセルが選択され、編集中のセルはセル内がグレーになる。

google-docs019

ドキュメントやスライドの場合は、相手のカーソル位置がプロフィール画像の背景色で表示される。
また、相手のカーソル位置にカーソルを合わせると、共有相手の名前が表示される。

google-docs020

コメントを追加する場合は、コメントを挿入する位置にカーソルを合わせるか、セルを選択し、右上のプロフィール画像の横にある「コメント」ボタンをクリックし、上図赤枠部分の「コメント」をクリック。

google-docs021

コメント入力のウインドウが開くのでコメントを入力して「コメント」をクリック。

google-docs023

 

共有相手がコメントを追加するとメールでコメント追加のお知らせが届き、コメント欄には返信が可能。
また、「解決」をクリックするとコメントが非表示になり、コメント入力者にメールで解決済みになったことが知らされる。

ファイルのリストア

Googleドキュメントは変更履歴が保存されており、バージョン管理によるリストア(復元)が可能になっている。

google-docs024

変更履歴を確認する際は、上部メニューに表示されている「最終編集日時」もしくは「変更内容をすべてドライブに保存しました」をクリックするか、「ファイル」→「変更履歴を表示」、もしくは「Ctrl + Alt + Shift + H」で表示される。

表示された変更履歴から復元したいバージョンの日時をクリックすると、「この版を復元」というリンクが表示されるので、クリックするとファイルがリストアされる。





Google関連サービス

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

Googleドキュメントの設定と使い方

Googleが提供するクラウドアプリケーションで、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが無料で使用できるOfficeソフ … “Googleドキュメントの設定と使い方” の続きを読む

Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、 … “Gmailの設定と使い方(設定編)” の続きを読む

OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装してい … “OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法” の続きを読む

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信 … “Google クラウド プリントの設定と使い方” の続きを読む





Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google Drive、カレンダーなどの各サービスを利用する際に必要で、1つのアカウントで全てのサービスを利用できる。

一時はGoogle+のプロフィールとGoogleアカウントが紐づけされ、Google+を強制的に利用させるような仕様だったが、2015年7月以降にGoogleアカウントとGoogle+のプロフィールが切り離され、現在ではGoogleアカウントのみでGmailほかのサービスを利用することができる。

アカウントのメリットとデメリット

Googleアカウントを取得する最大のメリットは情報の紐付け。
複数のサービスをアカウントで紐付けることによって、情報を各サービスで共有でき、Gmailの添付ファイルをGoogleドライブに保存したり、カレンダーの予定やGmailに届いたフライトの予約確認などの情報がGoogle Nowに表示されたりする。
また、複数のデバイスを使用している場合、Googleアカウントによる同期が可能になっており、PCで編集した内容をスマホで閲覧したり、スマホで表示したいたマップをタブレットで開いたりと、サービスやデバイスを縦断して利用できるので、非常に使い勝手がよくなる。
ただし裏を返せば、利便性を向上させるため個人の情報をGoogleが操作していることになり、Googleアカウントを取得して利用することは、Googleに多くの個人情報を提供することを意味している

Googleのプライバシーポリシーには情報の収集に関して下記のような表記がある。

Google は、どの Google サービスから収集した情報も、そのサービスの提供、維持、保護および改善、新しいサービスの開発ならびに、Google とユーザーの保護のために利用します。Google は、お客様に合わせてカスタマイズしたコンテンツを提供するため(関連性がより高い検索結果や広告を提供するなど)にも当該情報を利用します。

Googleの収益は広告料が基本なので、無料サービスを提供して、その使用料として個人情報を収集し、広告のクライアントにメリットのある広告配信を行う、という非常に合理的な仕組みになっている。
Googleが提供するサービスを利用するユーザーは、無料で利用する代償として個人の趣味や嗜好、位置情報などをGoogleに提供し、Googleはそれらの情報を元に、ユーザーに対して興味があると思われる広告を表示する。
当ページに表示されている広告も、適当に表示されているわけではなく、基本的には当ページの内容とユーザーの行動を分析した結果として、ユーザーが興味を持ちそうな関連性の高い広告が表示されている。

個人情報が広告配信に利用される程度なら良いのだが、プライバシーポリシーではなく、利用規約にはユーザーの所持するコンテンツについての記載がある。

本サービスにユーザーがコンテンツをアップロード、提供、保存、送信、または受信すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。このライセンスでユーザーが付与する権利は、本サービスの運営、プロモーション、改善、および、新しいサービスの開発に目的が限定されます。

Googleが提供する複数のサービスを縦断して情報を扱うため、ユーザーのコンテンツに対しても上記のような利用規約になるのは致し方無い部分もあるが、個人のコンテンツをGoogleが勝手に使用できるといった解釈もできるので、コンテンツの取り扱いには注意が必要。

収集した情報が紐付けされることで、時折ユーザーの意図しない形で情報が公開されることがあり、これが度々プライバシーの侵害としてGoogleが非難されている。
ただ、もともと公開された情報は「本人が公開」していたもので、Googleはそれをまとめて更新したに過ぎない。
Googleの情報収集については様々な見解があるが、重要なのは情報が収集されていることを前提としてサービスを利用することであり、情報収集が前提であれば自ずから利用方法も変わってくる。
フリーソフトや無料コンテンツを使用する際の鉄則は「自己責任」なので、利用する以上はリスクを把握し、疑念が残るようなら利用しないほうが良いと思われる。

アカウントの作成ページ

Googleアカウントの作成ページ



Googleアカウントの作成

アカウント作成はパソコンでもスマホ、タブレットでも可能で、Androidユーザーなら初期設定でアカウントを作っていることが多い。
また、Googleアカウントはマルチアカウントに対応しているので、複数のアカウントを切り替えながら使用することができる。

Androidデバイスでのアカウント作成は下記を参照。

Android版 Googleアカウント取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供している、GmailやGoogleカレンダー、Googleドライブ、Googl … “Android版 Googleアカウント取得と設定” の続きを読む

g-account001

アカウントの作成は基本情報を入力するだけ。

「名前」は基本的に本名を入力すべきところだが、ここで設定した名前はGmailやYouTubeなど、Googleが提供している全てのサービスで共通するので、その点を踏まえて作成する。

「ユーザー名を選択」となっているところは、こ新しいGmailのアドレスを作成するもので、新規作成する場合は希望のアカウントを入力する。
入力したアカウントが使用中の場合は、下記のようなメッセージが表示される。

g-account003

Gmailのアカウントを作成せず、既存のメールアカウントを使用する場合は、「現在のメールアドレスを使用する」をクリックし、使用するメールアドレスを入力する。

パスワードは「8文字以上でアルファベットと数字を組み合わせたもの」という条件になっている。

g-account002

必須項目の「生年月日」は年齢確認に使用され、未成年の場合はアクセス制限や使用制限がかかる。

「性別」も必須項目。

「携帯電話」と「現在のメールアドレス」は任意入力で、「作成しているアカウントの保険」のようなものだが、パスワードを忘れたり、削除したアカウント復旧時に役に立つので入力を推奨。

アカウント作成時に未入力でも後から追加可能。

g-account006

「利用規約とプライバシーポリシーに同意します」にチェックを入れて「次のステップ」をクリック。

g-account018

プライバシーと利用規約が表示されるので、下までスクロールすると「同意する」が選択可能になる。

g-account020

アカウントの確認は携帯用のメールアドレスへのテキストメッセージ送信か、音声通話によるコード確認の二択。
この作業は必須で、確認コードを入力しないとアカウントが作成できない。

g-account021

携帯用のメールは使っていないので、「音声通話」にチェックを入れ、電話番号を入力して「次へ」をクリックすると、1分も待たないうちにアメリカからのコール。
電話にでるとちゃんと日本語の自動音声で確認コードを2回伝えてくれる。

g-account019

同じメールアドレスや携帯電話番号で何度もアカウントを作成すると、無効になってしまう。
ちなみに一度無効になったら、既存アカウントを削除してもすぐには使えないので要注意。

g-account022

取得した確認コードを入力して「次へ」。

g-account004

これでアカウント作成完了。

 

アカウントの設定

GoogleアカウントはGoogleが提供する様々なサービスを結びつけ、利便性が大きく向上する一方で、利用するサービスの多くがクラウドアプリケーションのため、セキュリティーやプライバシー保護の管理は必須になる。

g-account013

Googleアカウントにログインした状態で、Googleの検索ページlinkなどGoogle関連のページを表示すると、右上にアカウントのアイコンが表示される。

g-account015

右上のアイコンから「アカウント」をクリックすると、アカウントのセキュリティやプライバシーに関する設定や確認が行える。

ログインとセキュリティ

Googleアカウントのログイン方法や端末のアクティビティ、接続済みのアプリなどが確認できる。

g-account016

定期的に実施したいのが「セキュリティ診断」。
「アカウントの復旧情報」「接続されている端末の確認」「アカウントの権限確認」の3項目で、アカウントの現状を簡単に把握できる。

「接続されている端末」は不正なアクティビティの確認ができ、「アカウントの権限確認」ではGoogleアカウントに接続されているアプリケーションの情報が表示される。
特にスマホやタブレットなどでアプリを頻繁にインストールしている場合は、接続されているアプリの確認は必須。

アカウント作成時に「現在のメールアドレス」と「携帯電話番号」の入力をスキップした場合は、「アカウント復旧オプション」の箇所で入力しておくと、いざというときに安心。

個人情報とプライバシー設定

アカウント作成時の情報のほか、「アクティビティ管理」「広告設定」「コンテンツの管理」などが行える。

g-account017

「個人情報」の「検索設定」では「不適切な画像」をブロックするセーフサーチ、検索の際に文字入力をすると検索候補が表示される「インスタント検索」、「プライベート検索」などの設定が可能な他、ウェブページを閲覧時に表示される広告の設定や、検索や閲覧の履歴などの管理が行える。

「プライバシー診断」を実施すると、一連の設定を確認しながら再設定が可能なので、前述の「セキュリティ診断」とセットでの実施を推奨。

Googleのロケーション履歴

2018/08/22 定期的に問題が持ち上がるGoogleとAndroidデバイスだが、今回はAP通信が報じた「ロケーシ … “Googleのロケーション履歴” の続きを読む

アカウントの設定

使用する言語やユーザー補助、有償でのストレージの追加のほか、アカウントの削除を行える。

g-account023

アカウントの削除にはGoogleアカウントそのものを削除するものと、各サービスを個別に削除するものがあり、作成したGoogleアカウントを抹消したい時は「Googleアカウントとデータを削除」をクリック。

g-account024

注意事項が表示される。

g-account025

ページの最下部にチェックボックスがあり、チェックを入れて各項目に同意し、「アカウントの削除」をクリック。

g-account026

呆気無くデータは削除される。

アカウントの復元

誤ってアカウントを削除することは手順的にないと思われるが、衝動的にアカウントを削除した場合、削除した直後であれば100%に近い確率でアカウントを復元できる。
復元する可能性は削除してからの期間に比例して低くなるが、藁にもすがる思いで試してみる価値はある。

g-account028

削除したアカウントに再設定用のメールアドレスを登録していれば、削除通知が送信されており、アカウント復旧ページへのリンクが記載してある。

Googleアカウント復旧ページlink

g-account029

復旧したいアカウントのメールアドレスを入力。

g-account030

「アカウントは削除されました。」と表示されるので、「アカウント復旧を試す」をクリック。

g-account031

パスワードを正しく入力すると復旧が完了する。

パスワードを忘れている時は「別の質問に答える」で、登録している電話番号や再設定用アドレスへ確認コードが送信されるのだが、これらはアカウント作成時にスキップしたままだと未登録なので、事前にアカウント復旧オプションで入力しておいた方が無難。

画像の変更

アカウントのアイコンはデフォルトで頭文字になっているが、アイコンは任意の画像に変更可能。

g-account014

右上に表示されているアイコンをクリックし、アイコン画像の「変更」をクリック。

g-account027

画像選択画面が開くので任意の画像を指定して、必要に応じてトリミングすれば完了。





Google関連サービス

Googleアカウントの取得と設定

GoogleアカウントはGoogleが提供しているGmail、YouTube、Google+、Chrome、Google … “Googleアカウントの取得と設定” の続きを読む

Googleドキュメントの設定と使い方

Googleが提供するクラウドアプリケーションで、ワープロ、表計算、プレゼンテーションが無料で使用できるOfficeソフ … “Googleドキュメントの設定と使い方” の続きを読む

Gmailの設定と使い方(設定編)

デフォルトのままでもそれなりに使い勝手の良いGmailだが、「設定」でカスタマイズすることで更に使いやすくなる。 また、 … “Gmailの設定と使い方(設定編)” の続きを読む

OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法

Gmailは他のGmailやPOPメールを最大5アカウントまで受信できるGmail Fetcherという機能を実装してい … “OutlookやYahooメールをGmailに関連付けるGmailfyの設定方法” の続きを読む

Google クラウド プリントの設定と使い方

Googleクラウドプリントは、Googleが提供している印刷サービスで、印刷データをインターネット経由でプリンタに送信 … “Google クラウド プリントの設定と使い方” の続きを読む