自転車グッズいろいろ


たかがチャリ通とはいえ、やはり快適さは重要。
便利さや安全性が付加されれば、乗るのも楽しくなるし、カスタマイズすれば愛着も湧いてくる。
見た目と機能性、実用性を備えたアイテムを探すのも意外と楽しかったりする。

手頃な自転車用のアクセサリーやグッズを販売しているのは、オランダの「BBB」、アメリカっぽい感じを醸し出しながら実は台湾生まれの「TOPEAK」、おフランスのZEFAL、日本のOGKなど、自社で企画製造しているメーカーからOEM元の企業まで様々。
個人的に気に入っているのはアメリカのパーツブランド「SERFAS」。コンセプトが「快適さの追求」らしく、本気系ではなくカジュアル系の自転車には持って来い。



リペア関連

万が一というより、意外と発生するパンクなどのトラブルに備え、取り敢えず揃えておきたいリペアツール。

携帯工具・修理キット

SERFASの携帯工具セットには携帯ポンプ、タイヤレバー、携帯工具、パンク修理キットと、それらを収納するサドルバッグが一式揃っているで、このセットと予備のチューブがあれば、ほぼ完璧。
と、思っていたが、先日パンクした際に修理キットを使用したら、なんと穴を塞ぐパッチの糊が劣化しており、全く粘着力がない。しかも、付属の接着剤も役立たずだったため、修理キットは使い物にならなかった。

その点、PARKTOOLの修理キットは過去に実績があるので安心。
SERFASの修理キット全てが不良というわけではないと思うが、事前にチェックしておいたほうが無難かも。

携帯ポンプ・予備チューブ

SERFASのミニグリフターWゲージは携帯ポンプながら、フットポンプとしても使用できるので、ハンドポンプに比べると圧倒的に空気入れが楽。
とは言え、ハンドタイプのポンプではロードなどで推奨されている空気圧にするのが至難の業なので、TOPEAKのエアーブースターのようなCO2インフレーターの方が効率は良いと思われる。

素人考えでパンク修理キットが十分だと思っていたが、実際にパンクしてみるとチューブ交換が必要な場面があるので、予備のチューブはパンク修理キットと一緒に持っていれば安心。

SERFAS ミニグリフターWゲージの使い方

SERFAS ミニグリフター Wゲージは最大空気圧100psiで、圧力ゲージも付いており、対応するバルブは「米式・仏式」。

goods01

購入時には上図のように、口金の奥に三角の突起が見えている。
以前失敗した携帯ポンプも同様だったが、これは米式の状態。どうやら「米式・仏式」対応の携帯ポンプは、「米式」の状態で出荷されるらしい。
当然、米式なので仏式のバルブには合わないので、この口金を仏式に変更する必要がある。

goods02

口金の先を回すと簡単に外れる。

goods03

中からパーツが2つ出てくる。

goods04

仏式にする場合は突起のあるパーツを逆さまにし、筒状のゴムパーツを突起のパーツに接続する。

図のような感じで本体に収納。

goods06

仏式バルブが挿せるようになった。goods07

先端のレバーを寝かせた状態でバルブを奥まで差し込む。

goods08

レバーを引き上げてバルブと口金を固定。
後は頑張って空気を入れるだけ。

装備アイテム関連

安全や楽しさを向上させる便利なアクセサリー類。

フロントライト

夜間のライト点灯は義務なのでライトは必須。
GENTOS 閃は明るさ100ルーメンなので、街灯が少ない道路を走行する際にオススメ。
ただ、電池の消耗が早いのが難点。
SERFASのライトは明るさは12ルーメンなので閃とは比較にならないが、街灯が多い道路を走行するなら全く問題 なく、コンパクトで軽く電池の持ちも良い。

サイクルコンピュータ

サイクルコンピュータ、略してサイコン。
主に速度・距離・時間を表示するもので、いま時速何キロで走行しているのか、スタートからどれほど走ったのか等の情報を確認できるので、チャリ通継続の励みになるので断然オススメ。

今はCC-COM10Wを使用しているが、基本的に現在の速度と走行距離、平均速度くらいしか見ないので、CC-VT210でも機能は十分。
CC-COM10Wがバックライトも付いているが、裏側にボタンがあるので押しにくく、バックライトを点灯しても見えづらいので、それほど役には立っていない。

スマホホルダー・Bluetooth ヘッドセット

スマホホルダーを使用するとスマホがナビに早変わり。ただし、使用するスマホのサイズに要注意。

PLANTRONICSのVoyager Legendと併用すれば通話も可能。ただ、防水ではないので汗だくになる場合は使用しないほうが無難。

セーフティライト テール用

LEDテールランプは文字通り走行中に明滅するテールランプ。
このPanasonicのテールランプは周りが暗くなり、振動などで本体が刺激されると自動て点灯し始めるお利口さん。
ただ、使い方が悪いのか、他のアイテムと比較しても壊れやすく、3代目も昨日逝ってしまった。また、風の強い日などは一晩中点滅しているので電池の消耗が早いので、その都度取外のが億劫だという面倒くさがり屋には不向きかも。

セーフティライト フロント用・テール用

Panasonicのテール用 セーフティライトの3代目が逝ってしまったのを機に、ソーラーパワーで電池いらず、しかも自動点灯のライトに切り替えてみた。
ついでにフロントにも装着。
ちなみにこの商品はセーフティライトで、フロントライトの代わりにはならないので要注意。

ボトルケージ・ウォーターボトル

TOPEAKのボトルゲージはボトルサイズに合わせて調整できるのが便利。

ウォーターボトルは夏場の必需品。
ペットボトルでも代用できるが、CAMELBAKのウォーターボトルはキャップの開閉が必要なく、ロックしてあるレバーを回すだけなのがポイント。
ただ、容器を押して水を出すため、お世辞にも上品な飲み方とは言えないのが難点。





メンテナンスとカスタマイズ

自転車のVブレーキ交換と調整

ブレーキは自転車の各パーツの中でも命に関わる重要な箇所で、ブレーキシューは消耗品のため、効き具合の確認や定期的なブレーキシューの交換が必要になる。 ブレーキの種類 自転車のブレーキで一般的なのが「キャリパーブレーキ」と「 … 続きを読む

自転車のフロントディレイラーとシフターの換装と調整

フロントディレイラーの取り替えには、チェーンやクランクの取り外し・取り付け作業が伴い、リアディレイラーと比べると、取り付け位置などが少々厄介。 フロントディレイラーとリアディレイラーを同時に換装する場合、リアディレイラー … 続きを読む

自転車のカセットスプロケット交換とギア比

スプロケットは「ギア」のことで、単に「スプロケット」という場合は「リアスプロケット」を指し、フロントのクランクに付いているギアは「チェーンリング」と呼ばれている。 スプロケットにはギアを一枚一枚組み合わせていく「ボスフリ … 続きを読む

自転車のチェーン交換

自転車のチェーンは使用していると、ピンとピン穴が摩耗して隙間ができ、隙間の分だけ伸びることで、スプロケットの歯とチェーンが上手く噛み合わなくなって歯飛びするようになり、走行のパワーロスだけでなく、その状態が続くと最悪の場 … 続きを読む

自転車のリアディレイラーとシフターの換装と調整

リアディレイラーは後輪の変速装置で、頻繁に取り替えを行うようなパーツではないが、チェーンやワイヤーの伸びなど消耗や経年劣化が原因でギアチェンジに支障をきたすため、定期的な調整は必要だったりする。 リアディレイラーとシフタ … 続きを読む

自転車のボトムブラケット(BB)とクランク交換

BBと表記されることが多い「ボトムブラケット」は、ペダルを漕いだ際に回転する部分で、クランクはBBに固定することになる。 ボトムブラケット(BB)は複数の種類が存在するが、最も一般的なのがクランクの接合部分が四角い「スク … 続きを読む

自転車のタイヤサイズとタイヤ交換

自転車のタイヤ「3000km」か「1年」が交換時期の目安らしく、意外と早いことに驚いた。 タイヤが摩耗していれば分かりやすいのだが、ゴムは温度と湿度、日光などによって劣化していくため、見た目にキレイな状態でも、1年以上放 … 続きを読む

完全ブルホーン化

なんちゃってブルホーンにしたらブレーキに不安が残ったため、フラット側でもバーエンド側でもブレーキをかけることができる、そんな便利で都合の良いブレーキレバーはないものか、と、 ネットで検索していると、意外と簡単に見つかった … 続きを読む

なんちゃってブルホーン化

フラットハンドルは力が入りやすく、ドロップハンドルやブルホーンはロングライドやスピードの点で優っているらしいので、通勤距離が19kmになるのを機に、フラットハンドルからブルホーンバーにしようと思い立ったのだが、いろいろと … 続きを読む

自転車をカスタマイズ

カスタマイズする際のパーツはピンきり。しかもステムやハンドルにはサイズもあり、通販で適当に買うとリスクが高い。ペダルなど専用工具が必要なパーツもある。 アーレンキー(六角レンチ)で簡単に交換できるのはサドルくらい。グリッ … 続きを読む

自転車のメンテナンス

自転車に限らず、メンテナンスというのは結構クセモノで、どこまでするのか微妙なところもあるが、取り敢えず自分の身を守るためにも、安全に走行するできる最低限度の整備は行うべき。 普段のお手入れ 手入れと言っても大層なものでは … 続きを読む

自転車のメンテナンスツールとグッズいろいろ

自転車 メンテナンスの基本ツール

電車と自転車を併用しているためか、我ながら長続きしているチャリ通。 一般のママチャリについては定かではないが、クロスバイクやマウンテンバイクは予想以上にタイヤの空気が減る。 タイヤの他にも自転車はワイヤーなどむき出しのパ … 続きを読む

自転車グッズいろいろ

たかがチャリ通とはいえ、やはり快適さは重要。 便利さや安全性が付加されれば、乗るのも楽しくなるし、カスタマイズすれば愛着も湧いてくる。 見た目と機能性、実用性を備えたアイテムを探すのも意外と楽しかったりする。 手頃な自転 … 続きを読む